JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 4628
経験:  中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
61894004
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

61 37 6

解決済みの質問:

現在離婚 について協議中の61歳の主婦です。
結婚37年目です。夫が退職後の、今年の6月に家を出て母親と暮らし始めました。
結婚後、土地(90坪)は、義父からの相続ででもらい、58年に、建坪45坪の家を建設しました。義父の死後、
土地の名義は、私と、長男、次男の3人名義で、家は、夫名義です。夫は家をあげるといいってますが、
名義を変更した場合、相続扱いで税金がくるのかになるのか、または、慰謝料の一環としてもらった場合、
やはり税金の対象になるのかご教授お願いします。 
年金に関しては、現在2分割の情報提供を申請中です。
これからの、マイホームの維持等考えると不安になります。
子供たちは、それぞれ独立して県外に住んでおります、
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

初めまして、東京の夫婦・男女問題法務手続き専門の行政書士の中野でございます。

 

勝手なご主人の申し出で、さぞお困りのことと思います。ご心痛お察し申し上げます。

 

まず、離婚届を勝手にご主人に提出されると、その後の話し合いができなくなりますから

すぐにでも市役所に行かれて「離婚届の不受理の届」を提出して下さい。

 

基本的に、不動産の相続税などをご心配のようですが

相続税は、現時点では基礎控除5千万円と相続人の人数×1千万円がありますので

よほどの高額な不動産でないと考えなくても良いかもしれません。

また、節税と言うことは、税務署は脱税と判断しますので、税理士などをいれて

上手にしなければなりません。

 

それと、離婚時の財産分与の場合は、最初から二人の財産を半分に分けるだけですから

贈与税も何もかかりません。ただ億単位の場合は査察が入ることはあります。

ですから普通はありません。慰謝料も然りです。

とは言え、名義変更の時には所有権移転登記にかかる登録免許税はございます。

 

いずれにせよ、離婚するおつもりでしたら、きちんと離婚条件を公正証書で

離婚協議書にすべきです。そうすれば離婚後のトラブルは避けられます。

 

現在、ご主人と別居中ということであれば、まずは内容証明で離婚の要請と

離婚条件を提示すべきです。

それで応じれば、離婚協議書の作成で、応じなければ家庭裁判所に

離婚調停を申し立てます。

 

内容証明の作成や、離婚協議書の作成は当事務所でも可能です。

supertontonをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問