JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

supertontonに今すぐ質問する

supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 4521
経験:  中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
61894004
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

7月1日に親権を夫にして離婚届を出しましたが、今も元夫と7歳の息子と私の3人で同居しています。離婚の理由は色々有

解決済みの質問:

7月1日に親権を夫にして離婚届を出しましたが、今も元夫と7歳の息子と私の3人で同居しています。離婚の理由は色々有りますが、元夫の意見としては ①私の家の掃除が行き届いていない ②生活費を月に12万円貰っていましたが、その家計簿をつけない(しかし、お金が足りないからと追加金の要求をした事などはありません) ③私が浮気をしている(実際には現実的な浮気はしておらず、携帯サイトで知り合った男性と仲良 くなりバーチャル的な恋愛をしていたのは事実ですが、結婚している間に実際に会った事はありません。) 等です。 元夫とは、何かと意見が合わず、言い争いになった時に、専業主婦であった私を「腰巾着」呼ばわりしたり「8年間タダ飯食ってきたんだろ」等と言われた事もあります。 共に息子の成長を見守りたいと言う理由から、これからも一緒に生活して行こうとゆう話になり今も一緒に暮らしていますが、離婚したのだから、月の生活費用60万円のうち1/3の20万円を出してほしいが無理だろうから、今まで渡していた12万円を自分の稼ぎでまかなってほしいというような事を言われました。しかし、12万円の生活費の他、自分の税金、生保、年金、携帯代、等々考えると、パートの私には、そこまで稼げません。 私の実家がすぐ近くに有るので、そこで暮らせば家賃などかからずに済むし、多少の援助も受けられるので、親権を取戻し、息子と実家に行きたいと考えています。 親権を取り戻せるでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

初めまして、夫婦・男女法務手続き専門の行政書士の中野でございます。

 

かなり複雑なご事情のようですね。離婚後も夫婦が一緒に生活されるケースも意外と

ありますが、お子様のためとは言え一緒に暮らすのは精神的にもお辛いと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

 

基本的には、③のことが裁判上の離婚原因になるのかもしれませんが

ご相談者様が、そのような事実はないとおっしゃるので、それが事実であれば

離婚の理由がなく離婚したことになります。

確かに、メール等のバーチャルな恋愛は不貞行為とは認められません。

 

そうなると、親権をご主人にして離婚してしまったのは少し早計でした。

親権の変更は、家庭裁判所に申し立てますが

まず、変更が認められることはありません。

 

可能性としては、ご主人がお子様にDVをしたとかネグレクト(育児放棄)があった

とかですが、児童相談所にご相談するレベルでないと難しいものがあります。

また、ご一緒に住まわれていますから、ご主人が育児ができないことの証明が

難しくなります。どちらか一方のせいだと言えないからです。

 

考え方として、親権と実際に育てる監護権は異なりますので

別居されるのであれば、お子様も一緒に連れて出られると良いと思います。

お話から、多分、離婚協議書とかを公正証書で作成などされていないのでは

ないでしょうか。

そうなると、監護権(どちらが育てる)とかも決めて無いはずで

お子様を連れてご相談者様が家を出られても不都合はないかもしれません。

 

親権の変更が難しくても監護権を取ることで話し合うことは可能だと思います。

 

家庭裁判所に調停を申し立てるのも手ですね。

離婚条件が納得いかないとやり直すことも良いかもしれません。

調停は弁護士も必要ありませんし、利用料も数千円です。

 

実際に離婚されている訳ですから、ご主人と同居される必要はないですね。

 

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 5 年 前.
再投稿:回答が不完全.
親権者を元夫にしてしまっているのに、私が息子を連れて家を出たら、誘拐扱いになりませんか? 法テラスでも相談しましたが、今一つ納得の行く回答を得られず、『離婚を得意とする弁護士の力技が必要かと思われます・・・』と言う曖昧な返答でした。私が今どう動くべきなのか、もう少し分かりやすく具体的な回答がいただければ・・・と思います。
専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

大変失礼いたしました。再度、アドバイス差し上げたいと思います。

 

基本的に、離婚後の親権変更は家庭裁判所の調停及び審判でないとできません。

ご主人が合意しない限り、ほぼ難しいのが現実です。

 

とは言え、正攻法な方法としてはそれしかありませんので

まずは、調停の申し立てをしてみることです。

その場合、弁護士の先生とタッグを組んですべきでしょうね。

 

後は、これは決してお勧めできませんが、こう言うケースもあったと

言う話だけにして下さい。

 

一つは、親権者の断りなくお子様たちを連れて逃げた母親がいて

一旦、母親のもとで少し暮らして、もうそれが常態となると

家庭裁判所で、調停を起こすとそれが通常の状況として認められて

親権が変更される場合もありました。

その時、誘拐と言うお話になるかもしれませんが、誘拐の定義として

実の母親が子供を連れていくことが誘拐になるかの問題が残ります。

日本では実子誘拐罪と言うのはないので微妙なところです。

 

ちょっと前までは人身保護法の適用もありましたが

最近では、ほとんどなく、警察がお子様を取り返しにくるような

ことは無いようです。

 

また、母親のご両親が突然訪問して

強引にお子様を連れ去ったと言うのもあります。

それも、相手が放置しておけば育児実績となってしまうのです。

 

それと、現時点での同居ですが、離婚前と何ら変わらない状況であれば

単に同居する意味がないので、戸籍上の復縁をすると言うことも

方法論として考えられます。

 

そうなれば、お子様たちを連れ出してもご相談者様の連れ去りの

ご心配は無くなるでしょうが、再度離婚の手続きが面倒ではあります。

相手が離婚に応じなければ籍を入れたままの長期別居でも良いかもしれませんね。

 

とにかく、まずは家庭裁判所に最初に申し立ててみて下さい。

それでどう言う判断がでるか確かめて行動すると言うのもありだと思います。

supertonton, 行政書士
満足したユーザー: 4521
経験: 中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
supertontonをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
< 前へ | 次へ >
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
  • 自分の意向に添う回答がいただけたので、、安心して自分で答弁書を作成し、知人に紹介された司法書士に相談したところ、十分訴状に対抗できるとの判断をされました。それを参考に、細部を詰める点も有り、答弁書を確実なものとする為、最終的に司法書士に依頼しましたが、安価に受けてもらえることとなりました。 東京都 梅村
  • 法律などの専門家や弁護士が身近に居なかったわけではありませんが、事案発生が連休中や土休日、深夜早朝にかかるなど、次の行動に移る前に冷静な判断が必要な場合があり、また個人的なことでありますが、深刻化、長期化し、また経済的に家族にも迷惑をかけることで、結果として自身の公務に影響が及ぼすことを大変危惧いたしました。結果、このたびの利用となりまして、貴社より、迅速な回答をいただくことができました。事案発生後一両日のうちに、先方と連絡をとり、適宜支払い手続きへと話をすすめております。またこの経験を同業の者とも共有し、今後ネットを通じた活動へ生かせるように務めます。 山形県 青木
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • supertonton

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    838
    中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/SU/supertonton/2011-9-7_64453_nakano.64x64.jpg supertonton さんのアバター

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    838
    中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/DA/dai60962000/2012-1-15_244_FH000002.64x64.JPG dai60962000 さんのアバター

    dai60962000

    行政書士

    満足した利用者:

    310
    市立都留文科大学卒業、企業に就職して経験を積む。平成22年に行政書士事務所を開業、26年FP2級資格取得
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/HO/houmujp/2014-1-5_72819_00.64x64.jpg houmu さんのアバター

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    38
    行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/SH/shihoushoshikun/2013-7-1_22326_TshirtMale.64x64.jpg shihoushoshikun さんのアバター

    shihoushoshikun

    司法書士

    満足した利用者:

    210
    東京司法書士会所属
  • /img/opt/shirt.png jo-ban さんのアバター

    jo-ban

    弁護士

    満足した利用者:

    248
    慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
  • /img/opt/shirt.png AE さんのアバター

    AE

    行政書士

    満足した利用者:

    40
    民事法務専門
  • /img/opt/shirt.png gyoenlegal さんのアバター

    gyoenlegal

    司法書士

    満足した利用者:

    39
    中央大学法学部卒業 渉外法律事務所・司法書士事務所を経て新宿にて司法書士事務所を開業
 
 
 

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問