JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
bengoshimailmeに今すぐ質問する
bengoshimailme
bengoshimailme, 弁護士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 818
経験:  できるだけ分かり易くお答えします。
60911264
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
bengoshimailmeがオンラインで質問受付中

国際離婚相談

解決済みの質問:

オーストリアのウイーンで、相談に乗ってくれる所、弁護士等人を教えて下さい。


夫の人格無視の激しい言葉の暴力に耐えられなくなりました、気力も萎えます、養育費もくれません。


夫は外に対してはとても気を使って好印象を与えますが、二人になると彼の気に入らないことがあると烈火のごとく怒り人権無視の文句を徹底的に言い続けます、1週間位続きます。


何が気に入らないのかその時の気分で勝手な注文を付けて来るし、変わるので注意していてもいつ地雷を踏むのかわかりません。


夫を「客のように扱い、彼につくせ、常に彼を幸せにすることを考えろ」と言います、かつ私は彼の所有物だと言うようになりました。


結婚当初はこうではありませんでした。


私は外国国籍の妻で夫はオーストリア人、4歳の子供がいます。オーストリアで結婚し居住しています。


夫は子供を溺愛していますが、怠惰な生活態度、ニコチン中毒、育児に不参加です。


私はオーストリア企業で働き、家事、育児問題なくやっています。


相手が離婚を望まないためこちらから離婚を切り出した場合に、今は家族ビザがありますが、ハーグ条約もあり離婚となった場合私がどのような結果になるか知りたいです。


 


 


 

投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  bengoshimailme 返答済み 6 年 前.
日本の弁護士です。
こんにちは。

さぞお辛いことと思いますし,異国で孤独感もお感じのことでしょう。

たいへん残念なのですが,サイトの趣旨により,特定の者を紹介するということがここではできません。(また,実際のところ,私個人的に,ウィーンで活動する日本人,オーストリア人を問わず,弁護士を知りません。)

重大な問題ですから,私にとって回答可能なご提案をします。

・そちらでお仕事をなさっているということですので言葉の問題はないのでしょうから,ウィーンの弁護士事務所に相談に行く。弁護士には厳しい倫理規範がありますので,どこの弁護士であっても,依頼者のために働く はずです。政治家やお金の力で,対立当事者側になびくということもありません。ヨーロッパの先進国で,法律問題を政治家やお金で左右できるなどというところはないと思います。

・日本に帰国して弁護士に相談する。
 可能であれば,単身ででもいったん日本に帰国されて,日本で弁護士に依頼し離婚訴訟・子の引渡の請求をするのも手であろうと思います。国際私法にいう国際準拠法と国際裁判籍の問題がありますが,あなたが日本人ですので,ホームである日本で訴訟をする方が有利な場合があります。このあたりのことを判断するにも,まずは今いらっしゃるオーストリアで弁護士に相談されるのが良いのではないかと思います。

・オーストリアにあるであろう,女性の人権に関する相談所や活動団体に相談するというのも,お金を掛けずに,親身になってくれる味方をひとまず得る方法ではないかと思います。こういうところが弁護士を紹介してくれたりすることもあるでしょう。日本では,弁護士会の市民相談や,市区町村役場の相談所など,公的機関が多くの相談所を設けています。ヨーロッパこそ,福祉サービスが充実しているでしょうから,ネットや電話帳等でお探しになれば必ず見つかると思います。


 
質問者: 返答済み 6 年 前.

有難うございました。

まずは現在地の弁護士に相談します、日本でも離婚訴訟は可能なのですね。

子供とひとまずこちらに来た場合にこちらで相談できるということでしょうか。

その場合は後から誘拐罪とかになった過去の例もありますね。

 

とにかく弁護士と相談してみます、心配なのは夫の外面のいいこと、弁の立つことです。

体への暴力でないのでどのようにわかってもらえるのかが気になるところです。証拠となる文面はいくつかとってあります。

 

専門家:  bengoshimailme 返答済み 6 年 前.
先ほど書きました,日本で裁判ができるかどうかについては表現が微妙でし た。
日本でも可能な場合がある,という程度に捉えて下さい。
いくつか考慮すべき事情があるので。
それを判断したり条件をみたすようにするためにも,弁護士に相談なさるべきだろうと考えています。

また,仰るように,お子さんの親権,養育権の問題もあり,弁護士への相談前に自分で動いてしまうのは危険です。
帰国の際に勝手に子を連れ帰ることも,ご指摘のとおり子の連れ去りとして問題になり得ますので,何よりもまずは専門家に直接ご相談なさって下さい。

具体的に参考になるようなアドバイスができずすみません。
bengoshimailmeをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問