JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

bengoshimailmeに今すぐ質問する

bengoshimailme
bengoshimailme, 弁護士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 818
経験:  できるだけ分かり易くお答えします。
60911264
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
bengoshimailmeがオンラインで質問受付中

43 (2 )

解決済みの質問:

43才男性です。ダブル不倫(2年くらいつきあっていました)で、最近相手のご主人にみつかってしまいました。自分の妻にはまだしれていませんが、それを防ぐ方法、慰謝料等ご相談したいです。そのうち相手が話をしにくるそうです。早急にご相談したいです。とにかく自分の家庭はこわしたくありませんので、妻に話がいかないようにするにはどうすればよいでしょう?また相手の家庭は離婚にむかっているようですが、親権はどうなるのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  bengoshimailme 返答済み 5 年 前.
こんにちは。

書かれているご事情から 分かる範囲でお答えしますね。

奥さまに知られることを防ぐのが最優先事項ということなのでしょう。
そうだとすれば,相手方から奥さまに話が知られないようにすればよいのではないでしょうか?

1)不倫相手の夫が激昂して,あなたの家に怒鳴り込んで来るのを防ぐためには,不倫の相手方に対する慰謝料相当額を提示して,詫びを入れるという方法が考えられます。
その額ですが,統計上一般的には,100万円〜200万円です。ただ,あなたの年収など諸々の条件を考慮すると,最大500万円程度にはなるかも知れません(参考までに,http://right.boo.jp/form_02.htm など)。

2)不倫相手が夫と離婚するとすれば,その女性が独身になって,生活が苦しくなる可能性がありますね(子供を引き取ればなおさら)。
  離婚に至ったのは二人の責任でしょうけれど,あなたには,奥さまに知られたくないという弱みがあります。場合によっては,今後不倫相手が頼ってくる相手はあなた,ということも考えられます。そのこ とで奥さまに知られてしまうという可能性もあるので,不倫相手に対する金銭的な補償も必要になってくる可能性もあります。
  ただ,これを,毎月いくら,というふうに決めて支払っていると,口座の記録等から奥さまに知られるきっかけを作ることにもなりかねません。ですから,慎重に方法を検討することをお勧めします。
  いずれにしても,相手方夫婦とは,真摯な謝罪も含めて慎重な話し合いをする必要があると思います。

3)相手の子供の親権については,あなたが心配する問題ではないと思いますよ。関係あるとすれば,上記のように,子供の養育費相当額に関する問題だろうと思います。

しかしながら,奥さまにバレてしまうことをぜったいに防ぐ方法というのはありません。喋るのが相手方夫婦に限られるということはないと思いますから。上記1)2)で,お金を払うという提案をしましたが,本当に謝罪の気持ちで支払ったならよいとして,口止めのためだと考えると,それが無駄になってしまう可能性は一生あるわけですから,安易にお金だけで解決しようとは思わないようお勧めします。
  また,大人の社会人としてご自身でやったことなのですから,ある程度は覚悟を決める必要もあると思います。本来は,不倫関係を始める前に覚悟すべき問題だったわけですから。
あまりうろたえずに対処できるよう,お祈りします。
bengoshimailme, 弁護士
満足したユーザー: 818
経験: できるだけ分かり易くお答えします。
bengoshimailmeをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.
詳しくありがとうございました。もう一度お願いします
①今後の対応、慰謝料の話し合い等は弁護士を通して行った方がいいのでしょうか?個人的に行う ものなのでしょうか?慰謝料が100〜500万ということですが、個人的に話をするならば何をもって慰謝料金額を決めればいいのでしょうか?(払いたくないというのではありません)
②不倫相手は私に慰謝料をふくめてなにも要求はしてきません。法律上、相手の親権は相手のご主人になるのでしょうか?(子供は1才3ヶ月です)。不倫相手に親権ができる可能性はないのでしょうか?(今のところ相手のご主人が実家で育てる予定です)。また子供の養育費は月いくらくらいが妥当でしょうか?
質問者: 返答済み 5 年 前.
詳しくありがとうございました。もう一度早急にお願いします
①今後の対応、慰謝料の話し合い等は弁護士を通して行った方がいいのでしょうか?個人的に行うものなのでしょうか?慰謝料が100〜500万ということですが、個人的に話をするならば何をもって慰謝料金額を決めればいいのでしょうか?(払いたくな いというのではありません)
②不倫相手は私に慰謝料をふくめてなにも要求はしてきません。法律上、相手の親権は相手のご主人になるのでしょうか?(子供は1才3ヶ月です)。不倫相手に親権ができる可能性はないのでしょうか?(今のところ相手のご主人が実家で育てる予定です)。また子供の養育費は月いくらくらいが妥当でしょうか?
専門家:  bengoshimailme 返答済み 5 年 前.
おはようございます。
お答えします。

>①今後の対応、慰謝料の話し合い等は弁護士を通して行った方がいいのでしょうか?個人的に行うものなのでしょうか?慰謝料が100〜500万ということですが、個人的に話をするならば何をもって慰謝料金額を決めればいいのでしょうか?(払いたくな いというのではありません)

先に私がした提案は,あくまでもお詫びということで(形式的には。つまり本心は「慰謝料請求すれば認められるくらいのお金は払うから妻には伝えてくれるな」ということですが,それは言わずにという意味です)考えていましたので,弁護士などを通さず,ご自身で,個人でお願いするのが良いのではないかと思います。弁護士を使うと,相手が構えてしまいますし,内密にしたいというあなたの意図も薄れて受け取られる可能性があると思います(弁護士という第三者に自分が話したわけですから)。
相手の夫にとにかく会ってもらって,土下座してお詫びする,という感じがよいのではないでしょうか?
その際,200万円程度の現金を持参して,「調べたところ,不倫の相手方の慰謝料は100万円〜200万円との判例が多いそうなので,200万円ここに持って参りました。私はどうなってもいいのですが,妻には知られたくないので,訴訟など,妻に知られることだけは避けたいのです。どうかお納め下さい」というような感じで差し出せば,口止めの意図も伝わると思います。
「そんなもので足りるか」と言われたら,「今すぐに用意できる額がこれで精一杯でした。もうあと同じ額くらいでしたら後日なんとかしますので 」と言って,MAXで400万円くらいに抑えれば良いと思います(このあたりの額は,もっと少ない額から探りを入れるなどアレンジなさって下さい。相手がそれほど切れているとは限りませんし)。
お書きになっているように,「決してお支払いしたくないというわけではなく,どれくらいならお許しいただけるか検討がつかなかったために,裁判での慰謝料を参考に,今日用意できる最大限を持参したまでです」などと言うのも,好印象のような気がします。

>②不倫相手は私に慰謝料をふくめてなにも要求はしてきません。法律上、相手の親権は相手のご主人になるのでしょうか?(子供は1才3ヶ月です)。不倫相手に親権ができる可能性はないのでしょうか?(今のところ相手のご主人が実家で育てる予定です)。また子供の養育費は月いくらくらいが妥当でしょうか?

それくらい小さい子供の場合,親権(ないし実際に引き取って同居生活をする場合の監護権)は母親にすると定められる場合が,裁判上では多いです。母親の方が,実際の日常生活の監護に関しては適任だからです。
しかしこれはあくまで,裁判で,両親のいずれにするかを定める場合であり,協議離婚では話し合いでどちらに決めても良いものだろうと思われます。したがって,不倫相手である女性側が子供を養育する可能性もあります。
今のところ夫の実家で,という話になっているのであれば,そうなる可能性も高いでしょう。当事者次第ですので。
*親権には,監護権(一緒に暮らして養育する権利)と財産管理権とがありますが,東京家裁では,これを分ける扱いをしないようです。http://www.asahi-net.or.jp/~zi3h-kwrz/law2risinke.html 参照。このリンク先ご覧下さい。
子供の養育費については,協議離婚の場合は,当事者次第だろうと思いますので,妥当な金額を述べられません。
http://www.rikon-navi.jp/shiryou/santeihyou/youikuhi/index.html
のような算定表がありますので,ご参考になさってはいかがでしょうか?
ただ,もしも,あなたが相手女性に対して養育費分の補償をするのであれば,常識的に必要だろうと思われる額で良いのではないかと思います。私の提案は,相手女性が子供と同居して育てることになった場合に,その経済的負担から,将来,あなたの元へ女性が頼って現れることによる,奥さまへの露見の危険の回避のためです。ですから,表現は最悪ですが,口止め料とか手切れ金のようなものなので,実際の養育費というより,相手が納得してくれそうな金額(一時金として)を渡すことを想定していました。
*あくまで,ご相談の趣旨を「奥さまに話が行かないようにするには」ということに絞った回答です。本当は,関係者全員が納得できるだけの誠意を見せるということに尽きるのではないでしょうか。

後々まで関わりすぎるのは,相手にも,相手の夫にも,子供にも良くないですし,ご自身の家庭の危険も大きくなると思います。また,そうだからといって,お金だけで解決しようとしていると受け取られるのも逆効果ですよね。
守りたいものがおありなのだとすれば,それ以外は全て捨てるくらいのつもりで,必死で謝り倒すというのが良いのではないかなと思います(が,どういう相手なのか分かりませんし,まさにケースバイケースでしょうから,ベストな回答を示すことができません。すみません)。
bengoshimailme, 弁護士
満足したユーザー: 818
経験: できるだけ分かり易くお答えします。
bengoshimailmeをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
< 前へ | 次へ >
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
  • 自分の意向に添う回答がいただけたので、、安心して自分で答弁書を作成し、知人に紹介された司法書士に相談したところ、十分訴状に対抗できるとの判断をされました。それを参考に、細部を詰める点も有り、答弁書を確実なものとする為、最終的に司法書士に依頼しましたが、安価に受けてもらえることとなりました。 東京都 梅村
  • 法律などの専門家や弁護士が身近に居なかったわけではありませんが、事案発生が連休中や土休日、深夜早朝にかかるなど、次の行動に移る前に冷静な判断が必要な場合があり、また個人的なことでありますが、深刻化、長期化し、また経済的に家族にも迷惑をかけることで、結果として自身の公務に影響が及ぼすことを大変危惧いたしました。結果、このたびの利用となりまして、貴社より、迅速な回答をいただくことができました。事案発生後一両日のうちに、先方と連絡をとり、適宜支払い手続きへと話をすすめております。またこの経験を同業の者とも共有し、今後ネットを通じた活動へ生かせるように務めます。 山形県 青木
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • supertonton

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    829
    中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SU/supertonton/2011-9-7_64453_nakano.64x64.jpg supertonton さんのアバター

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    829
    中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DA/dai60962000/2012-1-15_244_FH000002.64x64.JPG dai60962000 さんのアバター

    dai60962000

    行政書士

    満足した利用者:

    305
    市立都留文科大学卒業、企業に就職して経験を積む。平成22年に行政書士事務所を開業、26年FP2級資格取得
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/houmujp/2014-1-5_72819_00.64x64.jpg houmu さんのアバター

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    38
    行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SH/shihoushoshikun/2013-7-1_22326_TshirtMale.64x64.jpg shihoushoshikun さんのアバター

    shihoushoshikun

    司法書士

    満足した利用者:

    208
    東京司法書士会所属
  • /img/opt/shirt.png jo-ban さんのアバター

    jo-ban

    弁護士

    満足した利用者:

    248
    慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
  • /img/opt/shirt.png AE さんのアバター

    AE

    行政書士

    満足した利用者:

    40
    民事法務専門
  • /img/opt/shirt.png gyoenlegal さんのアバター

    gyoenlegal

    司法書士

    満足した利用者:

    39
    中央大学法学部卒業 渉外法律事務所・司法書士事務所を経て新宿にて司法書士事務所を開業
 
 
 

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問