JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

bengoshimailmeに今すぐ質問する

bengoshimailme
bengoshimailme, 弁護士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 818
経験:  できるだけ分かり易くお答えします。
60911264
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
bengoshimailmeがオンラインで質問受付中

はじめまして。両親が離婚をすることになり、私を含む子供3人は母の側についています。父は外で6歳の子供を認知しており、

質問者の質問

はじめまして。両親が離婚をすることになり、私を含む子供3人は母の側についています。父は外で6歳の子供を認知しており、子供と新しい奥さんを連れてハワイへ移住を考えているようです。離婚調停や離婚裁判中に海外移住した場合、海外に移動した財産については分与の対象外となるのでしょうか?また、渡航を防ぐ方法は何かあるのでしょうか?よろしくお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  bengoshimailme 返答済み 5 年 前.
弁護士です。はじめまして。
ご質問にお答えします。

 ご質問の一つは,離婚調停中であること,あるいは,離婚に伴う各種支払債務の履行が未了であることなどから,お父様が海外に渡航することを止めて,きちんとお母様に支払をさせたい,ということだろうと思います。
 残念ながら,法律上,他人の渡航を止める方法はありません。
 
 ※(渡航しようとしている人が日本の出入国管理法に違反していて,それが日本出国前に発覚する場合(パスポートの改ざんの形跡が見つかって,出国手続に引っかかるような場合でしょう)か,
その人がアメリカ合衆国から入国を拒否されるような事情がある場合(過激派だとかテロ分子だという,ある程度信憑性の高い情報が大使館に通報されているような場合です)であれば,本件の場合のお父様がハワイに行ってしまうことを防ぐことができる でしょうけれど,あまり現実的ではありませんね。)
 
 ただ,お父様が海外に行ってしまわれたとしても,最終的な結論の善し悪しには実はそれほど影響ないのではないかと思います。というのは,お父様が渡航したまま出席しなくなってしまった場合,調停は,「不成立」ということでそのまま離婚訴訟(離婚裁判)に移行し,この訴訟においても当事者であるお父様側が出席せず,書面も提出しないで無視すれば,お父様は敗訴するからです。そして,お母様や,お母様側のお子様方としての最終目標は,十分な金銭的補償を受けること,現実的に「いくら取れるか」ということでしょうから,問題はお父様が日本にいるか否かではなく,移転してしまっているであろう財産を最終的に取得できるか,ということだろうと思います。

 ご相談の文面から,お父様は,既に,予め離婚に備えて財産を移動するなどして,分与したり請求されたりする財産がない状態にしているように拝察されます。調停が成立した段階で,あるいは,後の離婚裁判が終結した段階では,財産が国内には存在しておらず,お母様がお父様から分与や支払を受けることは,個人の力では極めて難しいと思います。
 そこで,お父様からお母様への支払を確保するため,今からでも,「ダメ元」で,仮差押をすることが必要だろうと思います。そして,この仮差押のためには,差押の対象となる財産がどこにどのような形であるかということを特定しておく必要があります。国内にある財産であれば,仮処分が認められる可能性が高いですが,財産が現金化されていて海外の口座に入っているような場合や,財産が海外の不動産に形を変えているような場合であっても,国際的な民事保全が認められるようなケースであれば,仮差押によって支払の確保を図ることが可能かもしれません(これが可能であれば,財産が海外に移転していてもさほど問題はないわけです)。ただし,これらはお分かりのように非常に専門的知識やノウハウが必要ですので,弁護士に,現在進行中の調停の手続も含めて依頼なさることをお勧めします。
 さらに,少しでも取れる可能性や額を上げるため,お父様の新しいお相手の方に対して慰謝料請求訴訟を提起することも考えられます(もちろん弁護士に依頼なさるべきでしょう。ただ,判決で認容される額は100〜200万円でしょうから,あまり実効的ではないと思いますが)。

 とにかく,財産が海外に移転してしまってどうしようもなくなる前に確保できるように,早めに弁護士に相談すべきでしょう。相談した際に,上記,海外資産への追及について具体的な手段を知らないと思われる弁護士だったら,すぐに別の弁護士のところに相談に行って下さい。弁護士は気分を害するでしょうけれど,そういう人に依頼しても目的を達成できないので,割り切りましょう(ご自分で別の弁護士を探すのはたいへんでしょうから,最初に相談した弁護士に,得意な人を紹介して下さいと頼むのもひとつの方法です)。

JustAnswer メディア掲載:

 
 
 
Ask-a-doc ウェブサイト:簡単な質問がある場合は、さまざまな分野の専門家が回答してくれるサイトに投稿してみてはいかがだろうか。Justanswer.jp は特にお薦めだ。
10 月以来、JustAnswer.jp では一時解雇や失業、契約解除に関する法的な質問が急増している。
justanswer.jp/legal といったウェブサイトでは、
法律に関する確実な回答が得られる。
過去 30 日で JustAnswer のトラフィックは 14 パーセント上昇し、ページ閲覧回数は 40 万に近付いている...ストレスや高血圧、飲酒、心臓の痛みに関する質問にいたっては 33 パーセントという増加率を記録した。
グッド モーニング アメリカに出演しているキャリア専門家の Tory Johnson は、注目の在宅ビジネスとして、さまざまな分野の専門家がユーザーの質問に答える JustAnswer などを紹介。
専門家として登録するには、かなり厳しい審査をパスしなければなりません。
 
 
 

ユーザーの声:

 
 
 
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
< 前へ | 次へ >
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
  • 自分の意向に添う回答がいただけたので、、安心して自分で答弁書を作成し、知人に紹介された司法書士に相談したところ、十分訴状に対抗できるとの判断をされました。それを参考に、細部を詰める点も有り、答弁書を確実なものとする為、最終的に司法書士に依頼しましたが、安価に受けてもらえることとなりました。 東京都 梅村
  • 法律などの専門家や弁護士が身近に居なかったわけではありませんが、事案発生が連休中や土休日、深夜早朝にかかるなど、次の行動に移る前に冷静な判断が必要な場合があり、また個人的なことでありますが、深刻化、長期化し、また経済的に家族にも迷惑をかけることで、結果として自身の公務に影響が及ぼすことを大変危惧いたしました。結果、このたびの利用となりまして、貴社より、迅速な回答をいただくことができました。事案発生後一両日のうちに、先方と連絡をとり、適宜支払い手続きへと話をすすめております。またこの経験を同業の者とも共有し、今後ネットを通じた活動へ生かせるように務めます。 山形県 青木
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • supertonton

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    811
    中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SU/supertonton/2011-9-7_64453_nakano.64x64.jpg supertonton さんのアバター

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    811
    中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DA/dai60962000/2012-1-15_244_FH000002.64x64.JPG dai60962000 さんのアバター

    dai60962000

    行政書士

    満足した利用者:

    303
    市立都留文科大学卒業、企業に就職して経験を積む。平成22年に行政書士事務所を開業、26年FP2級資格取得
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/houmujp/2014-1-5_72819_00.64x64.jpg houmu さんのアバター

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    38
    行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SH/shihoushoshikun/2013-7-1_22326_TshirtMale.64x64.jpg shihoushoshikun さんのアバター

    shihoushoshikun

    司法書士

    満足した利用者:

    206
    東京司法書士会所属
  • /img/opt/shirt.png jo-ban さんのアバター

    jo-ban

    弁護士

    満足した利用者:

    248
    慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
  • /img/opt/shirt.png AE さんのアバター

    AE

    行政書士

    満足した利用者:

    40
    民事法務専門
  • /img/opt/shirt.png gyoenlegal さんのアバター

    gyoenlegal

    司法書士

    満足した利用者:

    39
    中央大学法学部卒業 渉外法律事務所・司法書士事務所を経て新宿にて司法書士事務所を開業
 
 
 

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問