JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
potus78に今すぐ質問する
potus78
potus78, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 4
経験:  離婚協議書の作成など離婚や家族親子関係にお悩みの方の相談に
60547021
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
potus78がオンラインで質問受付中

今離婚の調停をしています。夫は婿養子で自分で事業をしていましたが破産しています。夫は以前から金銭感覚がルーズでその後

質問者の質問

今離婚の調停をしています。夫は婿養子で自分で事業をしていましたが破産しています。夫は以前から金銭感覚がルーズでその後始末に私のお金を一千万以上使っています。こ こ数年外国人の女性に夢中でその人の国まで追いかけていくようなこともあったようです。そんなことと私たちの子供が夫を大変嫌っていたこともあり三年くらい前から別居状態でした。今回の離婚の調停は夫からありました。その内容は離婚と二人の共有名義になっている土地等を分筆しろというものでした。
しかしこの土地等は私の亡き父から相続したものでその取得等には夫の貢献度は全くないものです。私としてはこのまま二人の共有にしておき将来子供に相続させたいと考えています。
尚夫はその土地をすぐに売却することを考えているようです。

そこで相談ですがこの夫の分筆の要求は拒否できるものでしょうか教えてください。また併せてその法的根拠等も教えていただければありがたいです。
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  potus78 返答済み 6 年 前.

大変ご苦労なさっていますね。心中お察しいたします。

 

財産分与とは、結婚中に形成した夫婦共同財産を清算して分けることです。夫婦は共同生活をしている間、協力して財産を形成します。その夫婦互いの協力貢献によって形成維持されたものについては、離婚の際に、貢献の割合に応じて清算されるのが一般的です。

財産分与は当事者双方の一切の事情を考慮しますので、婚姻以前から所有する財産、あるいは相続により取得した財産であっても、財産分与をする上で夫の所有する財産は、支払能力ということで影響を与えることも否定できません。

 

さて、 婚姻中の財産としてあげられるものとして

特有財産
結婚前から各自が所有していたもの。結婚中に一方が相続したり贈与をうけたもの。各自の装身具等社会通念上、各自の専用品と見られるもの。

共有財産
夫婦の合意で共有とし、共有名義で取得した財産、共同生活に必要な家財・家具等。

実質的共有財産
結婚中に夫婦が協力して取得した財産で、夫婦の一方の名義になっているもの。

となります。

さて、共有名義の土地の分筆ですが、この土地が上記で説明した特有財産に当たるかどう

かが問題になります。登記上共有名義になっていますから、共有財産とされてしまう可能性が高いと思われます。

ただ、現在調停中ということですので、調停委員の方に土地の取得(相続)時の貢献度合いなどを細かく主張すし、子供の将来のために必要な土地であるということをしっかりと伝えることで、何らかの妥協案を引き出すこともできるかもしれません。

 

 

質問をご投稿いただきありがとうございます。私の回答に関しましてご質問等ございましたらお気軽にご返信ください。回答にご納得いただけた場合には、回答を「承認」いただきますようお願いします。

 

質問者: 返答済み 6 年 前.
分筆の要求を拒否できるかどうか、又その根拠となる法令、判例など教えてもらいたいのですがお願いできますか。

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問