JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
norie01に今すぐ質問する
norie01
norie01, 2級ファイナンシャル・プランナー
カテゴリ: 家計・ライフプラン
満足したユーザー: 0
経験:  2011年合同会社を設立。訪問理美容事業を展開し、介護に関する個人相談にも対応するべくFP(ファイナンシャルプランナー)・AFP資格を取得し、福祉系FPの年金アドバイザーとして、老後の資産設計や介護に関する相談に応じる。
73390698
ここに 家計・ライフプラン に関する質問を入力してください。
norie01がオンラインで質問受付中

初めまして。我が家は主人の収入が減りどうしても毎月赤字が出ます。その赤字を埋めるためにカードのキャッシングをして

質問者の質問

初めまして。 我が家は主人の収入が減りどうしても毎月赤字が出ます。その赤字を埋めるためにカードのキャッシングをしてしまい、結局支払いが上乗せになるのでマイナスになってしまいます。 どうしたら、マイナスを解消を出来るでしょうか?

投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 家計・ライフプラン
専門家:  AE 返答済み 3 年 前.
ご主人の収入が減少するなか、家計をやりくりする奥様のご苦労、お察しいたします。

ご理解されているとおり、生活費の借り入れは一時的な収入の減少への対応には有用なものですが、長期的には利息という支出を新たに増やすだけですので、収入の増加などにより早期に返済をしなれば赤字をより増加させるだけになってしまいます。
とくにカードによるキャッシングは手軽である反面、高い利率が加算されるものが多いため、注意が必要です。

率直に申し上げますと、家計の赤字に対する対応はたった2つしかありません。
収入を増やすか、支出を減らすかのいずれかであり、他の手段はないのです。

収入を増やすためには、ご主人に仕事とは別にアルバイトをしていただいたり、奥様やご家族が仕事をして家計を助けることが必要ですし、支出を減らすためには保険などの固定費の見直し、生活費の節約など地道な努力が大切です。ご家族全員の家計のことですから、お1人で悩まずに、必ずご家族に赤字であることを話して協力してもらってください。

あとは、もしご親族の助けが得られるのであれば、いまある借り入れをご親族に立て替えてもらうことで利息分の支出を抑えることができますので、生活の立て直しがより行い易くなります。
専門家:  norie01 返答済み 3 年 前.

同じようにお悩みの方は多いと思います。

20年前、私も借金で悩んだことはあり「借金苦」の経験があり、心情をお察します。


早速ですが、1日も早く解決に向けて動かれたほうがいいでしよう。


4月以降、景気回復で所得が増えたとしても、物価高に加えて増税による負担が避けられないので、現状維持の状態ですと「借金だけが膨らみ」数年後には、返済不能状態になってしまいます。



あなたは、特別な贅沢をしたのではないでしよう。

「生活を守るための緊急処置として、仕方がなく借金をした。」

実は、人に迷惑をかけたくない『真面目な人ほど』キャッシングをしてしまうものです。

銀行やコンビニのATMで借りられるのは、罪悪感も少なく利用しやすいのですが、生活費の借金は【“破産へ入り口”に進んでしまう】ので早めに対策を講じましよう。


私は2つのアドバイスをご提案します。



■今すぐ 借金体質を浄化しましょう。

まずは、収支計画の見直し、改善策を見つけることです。

借金のスリム化や法的処置を考える人がいますが、生活の根本を見直さなければ、家計を不安は無くなりません。

贅沢はしていないでも、知らず知らずに『家計はメタボリック』になっている夫婦世帯が増加しています。

節約を考えると飲食費等を切り詰めようとしますが、それはNGです。

無理な節約は、生活リズムを崩す恐れがあり無駄な出費が増えてしまいます。

意識しないで節約しやすいのは固定費の見直しです。

毎月支払う固定費「保険料・通信費・新聞図書費・水道光熱費・家賃等」をガッチリ見直して、返済金額に充当できるように見積もります。

食費などの日常生活の消費は、1日使える金額を決めて、特に冷蔵庫に無駄な食材「食材は全部使い切る」よう心がけていると、特売セールの無駄買いを防ぐことができます。

私これだけでも『1万円』は節約できました。

トータルの見直しで3万円ぐらいはできるでしょう。

但し、家計のチェックは、自分でやると「どうしても甘くなる」ので、他人に仕訳してもらうと良いでしよう。




■家計チェックで借金返済に回す。

返済可能額が把握して 借金返済プランを考えます。

借金は金利の支払が発生します。

限度額いっぱいの借金している人は、利息だけ払って借金は「どーんと残っています。」

一番いい方法は、「怒られても 親や親戚に頭を下げて返済をお願いしてみる」

返済プランを携えて話せば、協力していただける可能性が大きいものです。

借金を整理すると信用にキズつくと恐れる人もおりますが、仕事や生活を守られるなら、「一時の恥」だけです。 これからの人生を大切にしましょう。





福祉系FPの年金アドバイザーとして、老後の資産設計や介護に関する悩みをお持ちの方のご相談のサポートしております。メール無料相談も実施中しておりますので困ったことがありましたらお気軽にお尋ねください。

家計・ライフプラン についての関連する質問