JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
McEyeに今すぐ質問する
McEye
McEye, 眼科専門医
カテゴリ: 眼科
満足したユーザー: 709
経験:  眼科開業です
61876492
ここに 眼科 に関する質問を入力してください。
McEyeがオンラインで質問受付中

目の病気で相談します。真剣に悩んでいたのですが、前回ここで相談したら精神科のDrの相談に行ってしまい。心気症じゃないです

質問者の質問

目の病気で相談します。真剣に悩んでいたのですが、前回ここで相談したら精神科のDrの相談に行ってしまい。心気症じゃないですか?といわれ、思っていた回答でなくがっかりしました。確かに内容は心配で、そのように受けられたかもしれません。実際現在パニック症状みたいになっています。
安心できる材料がほしく、再度ここで相談させていただきます。
今年の7月過ぎだったと思いますが、右目の視野に異常が出て(正面を見たときに下の部分がにじんでいるような見方)いつも鼻詰まりの時だったので、耳鼻科で相談したら緑内障と言われていなかったら、副鼻腔編の疑いがあるといわれ副鼻腔炎の病院で検査し、副鼻腔炎はあるがそれと別と言われ、様子を見ていて9月に近くの眼科で検査を受けたら大学病院で検査してもらうようにと言われました。とてもびっくりして、先生大変な病気か失明するのかと聞いたら「今すぐにどうこうないけど、10年20年先にそうならないために行くんです。あなたの目は無茶苦茶良いとも言えないし、無茶苦茶悪いとも言えない」と言われました。それから、失明が怖くて仕方がありません。
その時も両眼とも1.5で目は心配なかったのですが・・大学病院に行き検査の結果「網膜静脈閉塞症」と言われました。それも両目でした。場所は上のほうなので通常の見方に影響ありませんでした。
写真を見せられて、浮腫と新生血管の説明を受けました。いつ爆発して出血するかもしれないから、レーザーでつぶしてもらうことになり次の日に両目にレーザーで処置していただきました。そして帰り際心配だったので、失明しますかと尋ねたところ「その心配はない。失明しないといわれました」しかし、病気の説明書を見たときに合併症で失明することもあると書いてありまた不安になりました。前回のレーザーのあと1週間後に残りの部分にレーザーを当ててもらいましたが、帰りに10年後20年後に見えてますか?ときいたら大丈夫と聞いて、ここで安心しなければならないのでしょうが・・・それから、ネットで検索して不安が大きくなりパニック症状になり心療内科で安定剤もらいましたがいまだ不安で質問しました。確かに合併症は誰にもわからないと思いますが、それをおこさないためにできることはやろうと・・必死になって、血圧の調整をDrにお願いし眼底検査で動脈硬化の疑いを言われて、体重を落とすために極端に食事を減らして9月5日に慎重169㎝で90㌔近くあったものを現在83キロまで落としました。
パニックにって勝手に苦しんでいるんだと思いますが、年齢も58歳このままこれまでの目の状態だとは思っていませんが、年齢的に衰えてくるとは思いますが失明だけは避けたいのです。アドバイスください・・大学病院のDrはたくさん患者さんを抱えて事務的なのは仕方ないです・・でも安心できる材料をいただけなかったので余計不安です。
長文になりましたが、気持ちを立て直すため回答をお願いします。
投稿: 9 ヶ月 前.
カテゴリ: 眼科
専門家:  McEye 返答済み 9 ヶ月 前.

初めまして。眼科専門医で、開業しております。

網膜静脈閉塞症との診断を受けたそうですね。この病気は、初期に視野が欠け、進行すると障害が中心部に及び、失明はないものの重篤な障害を起こすものです。しかしながら、ご質問者の場合は早期に発見され、合併症を防止するためのレーザー治療も終えていますので、まず合併症で失明はあり得ないので良かったと思っております。

初期治療が拙ければ、ご心配されているような合併症の心配もあったのですが、経過を拝読する限り、この病気の合併症は全くご心配ありません。

問題は、お身体の状態です。ご自身でも書いておられますが、太り過ぎですね。この様な状態が続きますと、動脈硬化や高血圧、糖尿病など所謂、生活習慣病と呼ばれる病気が健康状態を大きく損ないかねません。せっかく目の病気の早期発見、早期治療で視力を保つことができたのですから、眼のことよりもお身体のことを考えていただければいいなと思っております。

なお、網膜静脈閉塞症の方が、完全失明に至る可能性があるとすれば、網膜の病気を放置した場合に起こる可能性がある「新生血管緑内障」が合併した場合のみです。これはレーザー治療で防止できていますので、目については眼科主治医の指定どおりの検診時期を守っていただければ大丈夫ですよ。それよりも、内科の先生の指導を受けながら体調を整えて下さいね。

以上で回答を締めさせていただきますので、ご評価をいただければ幸いです。なお、他にご質問がありましたら、追加ではなく新しく指名でご質問して頂けるようにお願い申し上げます。

McEyeをはじめその他名の眼科カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  McEye 返答済み 9 ヶ月 前.

早速のご評価をいただきまして、ありがとうございます。

専門家:  McEye 返答済み 9 ヶ月 前.

追加のご質問がありましたら、あと1時間くらいは待機しておりますのでどうぞご追加下さい。

質問者: 返答済み 9 ヶ月 前.
26089;速お忙しいところ回答ありがとうございました。
心配でインターネットなどで調べると、大変な情報ばっかりで本当に苦しんでいました。
大学病院の先生がこのように丁寧に早期発見でよかったといってもらったら・・・と無理なことでしょうが
ここでこのように話していただきありがたかったです。ありがとうございます。
眼科の先生も一言、「眼科的治療は終わったから、お近くの内科の先生と相談してください」と言われたことがもう一度理解できました。
今後内科の先生に相談してみたいと思います。
ただ自分には、血圧の自覚症状も無く健康診断で注意を受けたことがなく・・動脈硬化は町の眼科の先生が眼底検査で注意していただいた
のでわかりました。ただ、5年前仕事のストレスから血圧が200近くになり家族に病院に連れて行ってもらい、病院の検査室に行くと通常の120代にもどり、Drからストレス等の一過性と言われましたが、今から考えれば最初の眼底出血時期とタイミングがあいます。ストレスと眼底出血とは影響がありますか?いかに眼底出血を抑えていくかアドバイスおねがいします。
専門家:  McEye 返答済み 9 ヶ月 前.

回答が遅くなりました。通知メールに今気づいたので、回答を残しておきます。

内科的な治療に目を向けるお気持ちになられたようで一安心いたしました。

さて、ご追加の質問は、ストレスと眼底の出血が関連するのか?という事と理解いたしました。

先ず結論から申し上げますと大いに関連かあります。

できるだけ分かり易く説明したいと思います。ご承知かと思いますが、我々の身体にはアドレナリンと言うホルモンがあり、危険や恐怖を感じたり、ストレスを感じるとそれに反応してアドレナリンの量が増える仕組みになっています。アドレナリンは、身を守る為に分泌されるホルモンで、心臓の拍動を強めたり増やしたり、血管を縮めたりして血圧を上げ外的なストレスに備える役目を持っています。このため、ストレスを感じると血圧は上がります。

普段正常な血圧を保ち、血管にゆとりのある場合には有用な作用を持つアドレナリンですが、動脈硬化があったり普段から血圧が高めの場合には血管が破綻して問題を起こす可能性があります。

詳しいことは省略いたしますが、脳出血や心筋梗塞などがこれにあたります。

そして眼の場合、眼底の出血が起こることがあります。また、眼底では動脈と静脈が交差して重なる場所があるために、緊張して細く固くなった動脈が交差部で静脈を圧迫して、静脈の血流を止めてしまうことがあります。これがご質問者が発症した、「網膜静脈閉塞症」になります。静脈が詰まって行き場の無くなった血液は、静脈の弱い部分から血管の外に流れ出るので、眼底の出血を引き起こすのです。

動脈硬化もリスクの一つですが、この状態に血圧上昇が加われば、リスクは高くなります。

以上でお分かりのように、動脈硬化プラスストレスによって引き起こされる高血圧は眼底の出血に大きな影響を与えます。ストレスによる血圧の変動は避けられないものですので、眼底の出血を防止するためには、動脈硬化の治療と普段からの血圧の管理が大切だと言う事をご理解いただけましたら幸いです。

専門家:  McEye 返答済み 9 ヶ月 前.

起きてしまった眼底の出血の治療は眼科専門医の役目ですが、その背景や原因になった身体の不調は、内科の先生の力をお借りしなければなりません。ご質問者は、眼科も内科も良い先生に巡り会えたようですので、いたずらに心配を重ねるのではなく( 心配事もストレスになります)身体の管理に努めていただければ、眼の病気の予防になるのだと言う事を強調させていただき、本件に関する回答を閉じさせていただきます。

長い説明になりましたが、お役に立てれば幸いです。

眼科 についての関連する質問