JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 眼科
満足したユーザー: 4033
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 眼科 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

新生血管の浸潤を伴う加齢黄斑変性にかかった場合、アイリーアかルセンティスが初めから効かないケースは全体のどのくらいあ

解決済みの質問:

新生血管の浸潤を伴う加齢黄斑変性にかかった場合、アイリーアかルセンティスが初めから効かないケースは全体のどのくらいありますか?また、しっかりと定期的に投与を受けている場合で、多少は効いても徐々に病状が進行するケースはどのくらいでしょうか?
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 眼科
専門家:  Dr_GATO 返答済み 1 年 前.
約3分の1の方に効果があまり認められず進行することがあります。
質問者: 返答済み 1 年 前.
ありがとうございます。臨床試験の結果上は、1年後で95%が視力が維持されたことになっていますが、これは現場の肌感覚とは違うということですね?また、ES細胞あるいはiPS細胞からRPE細胞を分化誘導して移植することで視力を維持する治療法が開発中と思いますが、この悪化が食い止められない3分の1の患者さんにとっては、効果があれば、このような細胞移植は有効な治療方法になりえるのでしょうか?
専門家:  Dr_GATO 返答済み 1 年 前.
それは7年間のフォローアップの結果です。可能性はありますと思いますが今のとことはなんとも言えません。
質問者: 返答済み 1 年 前.
7年間というのは抗VEGF薬の臨床試験についてのことでしょうか?しかしながら、実際にお使いの経験からは3分の1くらいは効かないとお感じだという理解で合っていますでしょうか?
専門家:  Dr_GATO 返答済み 1 年 前.
7年間というのは抗VEGF薬の臨床試験についてのことです。
Dr_GATOをはじめその他名の眼科カテゴリの専門家が質問受付中

眼科 についての関連する質問