JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 眼科
満足したユーザー: 4078
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 眼科 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

私は71歳の外科医(男)。1か月くらい前から水平線を見ると真中がくぼんで見えるのに気付き、本日眼科を受診しました。視

質問者の質問

私は71歳の外科医(男)。1か月くらい前から水平線を見ると真中がくぼんで見えるのに気付き、本日眼科を受診しました。視力、眼圧、眼底検査などの結果、加齢黄斑変性症ではなく、加齢による硝子体の萎縮から生じた黄斑前膜の変形だと言われました。診断名は黄斑前膜/上膜

現在視力は1.0と比較的良いので、敢えて直ちに手術を考慮する必要はないのではないかというご意見でした。それに手術をしたからと言って視力がより良くなることもないとの説明でした。 確かに今は水平線の真中がくぼんで見えるものの、それほど日常生活に支障をきたしていません。このまま経過観察すればよいでしょうか?

眼底検査の画像をいただきましたが、右目(病変側)の黄斑にくぼみがなく、平坦になっています。あまり盛り上がってはいません。

投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 眼科
専門家:  Dr_GATO 返答済み 1 年 前.
視力の低下や歪みがひどくならなければ現在のところ経過観察でいいと思います。
質問者: 返答済み 1 年 前.

ご返事ありがとうございました。

実は私はこの疾患名を初めて知ったので、次のようなことを知りたかったのです。

①この疾患は硝子体の萎縮が引き起こすと聞きましたが、硝子体は加齢によりなぜ萎縮するのか、硝子体を構成する栄養素を積極的にとることにより予防とか進行を遅らせることが可能なのか?活性酸素が関与しているのでしょうか?

②手術をしないで経過を見たら、一般的に(個人差があるので難しいかもしれませんが)どのような経過を取るのか?

③手術が必要になると専門家が判断する指標は?

以上のようなことでしたが、多少の情報を頂けたら望外の喜びです。

専門家:  Dr_GATO 返答済み 1 年 前.
①膨大な量なので次の論文を読んでください。http://www.nature.com/eye/journal/v1/n2/pdf/eye198745a.pdf
硝子体を構成する栄養素を積極的にとることにより予防とか進行を遅らせることはできないと思いますが将来その方法が開発されるかもしれません。活性酸素の関与もあるようです。
②大部分の方は視力は安定でだんだんと低下することはありません。
③日常生活に支障をきたすようなら手術をします。黄斑前膜/上膜のために視力が悪い場合は手術で視力が回復します。
Dr_GATOをはじめその他名の眼科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.

Dr. Gato,

Thank you very much for the detailed answers this time. In particular, the article, "Ageing of the Vitreous," was so informative that I was very satisfied with those study results.

お手数おかけしました。大変ありがとうございました。

T.T.

専門家:  Dr_GATO 返答済み 1 年 前.
どういたしまして。
ではお大事に。

眼科 についての関連する質問