JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 眼科
満足したユーザー: 4033
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 眼科 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

生後11ヶ月の息子の右目が片眼性の白内障と診断されました。物もらいができて眼科に行き濁っていると言われ大学病院を紹介

解決済みの質問:

生後11ヶ月の息子の右目が片眼性の白内障と診断されました。物もらいができて眼科に行き濁っていると言われ大学病院を紹介されました。濁りがいつからあるのかはわからないため先天性か発達性かは不明とのことです。9カ月健診では「斜視の疑い・白色瞳孔」は無しとのことでした。今は濁りは見た目には分かりません。来月手術を予定しています。眼内レンズを入れるかは手術をして目の状態をみないとわからないと主治医に言われましたが、可能であれば眼内レンズを入れてほしいと伝えてあります。眼内レンズは多焦点は乳幼児にはいれないと言われ、入れる場合は単焦点レンズとのことです。主治医も視能訓練士の方にも、片眼性の場合は手術をしても予後はあまり期待できないと言われ、右目の視力はほとんど出ないというようなお話でした。両目視は手術をして眼鏡での矯正やアイパッチでのリハビリをしても難しいのでしょうか。アイパッチのリハビリもやるとのことでしたが、良い方の目が悪くなってはいけないためすぐにはやらないとのことです。弱視は避けられないのでしょうか。一番の願いは弱視にならないことです。できれば眼鏡を使わない方向になればいいとは思いますがリハビリなどで必要であればもちろん構いません。今わからないことが多くとても不安です。よろしくお願いします。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 眼科
専門家:  Dr_GATO 返答済み 1 年 前.
片側性の白内障の場合は弱視になる危険が増加します。閉塞療法の術後スケジュールの遵守が視力を極力落とさないために重要です。単焦点レンズを入れたほとんどの子供は、光学焦点と視覚的なリハビリを最適化するために、手術後に眼鏡を必要とします。残念ながら日常で眼鏡を使用する必要があります。
質問者: 返答済み 1 年 前.
回答ありがとうございます。申し訳ありませんがもう少し詳しく教えて頂けますか? 最初の質問でも書きましたが、弱視は避けられないのでしょうか? 両眼視は絶望的ですか? また単焦点レンズを入れる術後に眼鏡を使用するとしてどれくらいの期間かけるのでしょうか。一生ですか? ある程度成長してからコンタクトを使用すれば不要ですか?コンタクトをした上での眼鏡ということですか? 多焦点レンズであっても眼鏡は必須ですか。乳幼児に多焦点レンズの挿入は無理なのですか? 1歳児の現状での「閉塞療法の術後スケジュールの遵守」とはどういった方法でしょうか。良い方の目の成長も促さなければならないと言われています。
専門家:  Dr_GATO 返答済み 1 年 前.
弱視になる可能性が高いと思います。4歳半で平均正常の8分の一の視力になります。両眼視の可能性はあると思います。ある程度成長してからコンタクトを使用することができると思います。人工レンズは焦点を変えることができませんからその上から必要に応じて眼鏡をかける必要があります。コンタクトを使用しない場合は2つの焦点を持った眼鏡を使用します。子供の網膜は4歳まで成長するので多焦点レンズは普通使用しません。子供は小さいので家族が術後に閉塞療法のスケジュールをしっかり守ることが視力をあまり落とさないために必要と言う意味です。
質問者: 返答済み 1 年 前.
弱視に関してですが、先天性か発達性かによっても変わってくると言われました。産まれてから現在まで見えていなかったのと、ここ二カ月くらいで急に濁りが出てきたのでは違うと。初めに書きましたが乳幼児健診で小児科医には4カ月・9カ月の時点で「斜視の疑い・白色瞳孔」は無しと言われました。小児科医を信じるなら白濁はこの2か月くらいということになります。もしそうであれば9か月間は発達していたので今後の視力も期待できるかと思ったのですがいかがでしょう? 健診をしてもらった小児科医(現在通っている眼科と同じ大学病院)の見解はあまり期待できないのでしょうか? また閉塞療法とはアイパッチという認識でよいでしょうか? 良い目の成長を妨げないためにも術後すぐには開始しないと視能訓練士の方に言われました。良い目を重視するのなら悪い方は弱視になりやすく、悪い方の訓練を重視すれば良い方が悪くなる可能性ありという認識でよろしいのでしょうか?
専門家:  Dr_GATO 返答済み 1 年 前.
白濁のために視野がふさがれていた期間での網膜の発達の障害が問題です。長期間、白濁があることに比べてその弱視の程度は悪くないと思います。アイパッチのことです。良い目を重視するのなら悪い方は弱視になりやすく、悪い方の訓練を重視すれば良い方が悪くなる可能性ありという認識でいいと思います。視能訓練士の指導に従ってください。
質問者: 返答済み 1 年 前.
手術で単焦点の眼内レンズを入れる場合と、入れずに無水晶体にした場合のメリット・デメリットをそれぞれ教えてください。お願いします。
専門家:  Dr_GATO 返答済み 1 年 前.
無水晶体にした場合は網膜に焦点が合わず画像が網膜に形成されません。そのために脳が画像を形成する通り道の発達ができずに単焦点の眼内レンズより弱視になります。
質問者: 返答済み 1 年 前.
先天性白内障での軽度で手術しない場合の判断基準などありますか? 先天性白内障で弱視になる赤ちゃんは日本にどのくらいいるのでしょうか? 片眼性の症例は少ないですか?
専門家:  Dr_GATO 返答済み 1 年 前.
視力が20/50以上、3ミリ未満の白濁、または光軸の外の白濁です。先天性白内障で弱視にならない赤ちゃんの数パーセントです。片眼性は半数の方に起こります。
今まであなたとの応答でかなりの時間を費やしているのでここで一度評価をお願いします。評価後につずけて質問ができます。
Dr_GATOをはじめその他名の眼科カテゴリの専門家が質問受付中

眼科 についての関連する質問