JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 眼科
満足したユーザー: 4078
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 眼科 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

石川県金沢市の北川と申します。 加齢性黄班変性症です。 現在薬(カルナクリン錠50)を飲んでいますが回復しません

解決済みの質問:

石川県金沢市の北川と申します。
加齢性黄班変性症です。
現在薬(カルナクリン錠50)を飲んでいますが回復しません。
「光線力学的療法」という治療方法があるそうですが、どこで治療すればよろしいですか?
お教えください。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 眼科
専門家:  Dr_GATO 返答済み 1 年 前.
金沢大学医学部付属病院の眼科(メディカルレチナ外来)で行われていると思います。電話で確認後に担当医に紹介状を書いてもらってください。
https://web.hosp.kanazawa-u.ac.jp/patients/info/ka13.html
質問者: 返答済み 1 年 前.

現在かかっているクリニックでは“注射”をすすめられています。

紹介状はもらえますか?

また、治療方法も何が最良なのかわかりません。

専門家:  Dr_GATO 返答済み 1 年 前.
まずはVEGF抑制薬の注射を受けてみてください。それでも効果が認められない場合は光線力学的療法を受けるといいと思います。紹介状はもらえると思います。
質問者: 返答済み 1 年 前.

ありがとうございます。

ただ“注射”の治療は、私の親戚も受けていますが、

毎月必ず打たなければならず(くせになってしまう?)、

また良くはならず維持するのがやっととのこと。

非常に心配ですが、大丈夫でしょうか。

注射で改善に向かうことができますか。

専門家:  Dr_GATO 返答済み 1 年 前.
治療の開始が遅れると視力の回復は難しいかもしれません。光線力学的療法も18ヶ月ごとに再度治療を受ける必要があります。療法を併用すると光線力学的療法単独よりも効果があったという報告もあります。注射と光線力学的療法を大学病院で併用してはどうかと思います。
質問者: 返答済み 1 年 前.

ありがとうございます。

最後に一つ・・・

どちらにしても現在治療を受けているクリニックで注射治療を受けるよりも

“光線力学的療法”もある大学病院で受ける方が良いですか?

また“加齢性黄班変性症”に対する先進医療はありますか?

以上、よろしくお願いします。

専門家:  Dr_GATO 返答済み 1 年 前.
大学病院で受ける方が良いと思います。
「滲出型加齢黄斑変性」の患者さん本人の皮膚の細胞からiPS細胞(人工多能性幹細胞)を作り、それを網膜色素上皮細胞(RPE細胞)に変えて、RPEシートを作り、網膜の真ん中(おうはん)に移植する臨床研究があります。大学病院では先進医療に対する情報が入りやすいと思います。
http://www.riken-ibri.jp/AMD/research/index.html
質問者: 返答済み 1 年 前.

申し訳ありません、もうひとつだけお願いします。

“光線力学的療法”はレザー光線を目に照射すると聞いています。

正常細胞も傷つける等、その他リスクがあるのでしょうか?

追加質問で申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

専門家:  Dr_GATO 返答済み 1 年 前.
そのレーザーは低エネルギーで正常の網膜への障害を最小限に抑えるレーザーです。安心してください。
Dr_GATOをはじめその他名の眼科カテゴリの専門家が質問受付中

眼科 についての関連する質問