JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
McEyeに今すぐ質問する
McEye
McEye, 眼科専門医
カテゴリ: 眼科
満足したユーザー: 709
経験:  眼科開業です
61876492
ここに 眼科 に関する質問を入力してください。
McEyeがオンラインで質問受付中

年齢72歳、2年前左眼が突然真ん中に黒い影があらわれ眼科医院に駆け付けた黄斑処変性と診断されました。東京の大学病院で

解決済みの質問:

年齢72歳、2年前左眼が突然真ん中に黒い影があらわれ眼科医院に駆け付けた黄斑処変性と診断されました。東京の大学病院での手術を勧められましたが、たまたま従兄弟が眼科の開業医でしたので相談したところ止めたほうがよいと助言され現在に至っています。視野狭窄は進んではいませんが
、持病の糖尿病の診療のため、東京の開業医の自由診療を4月から受けたところ、優秀な眼科医を紹介するので診断を受け手術も検討するほうがよいと言われ来月見てもらうことになりました。
この病気の、手術による治療法にはどの程度の信頼性、可能性があるのでしょうか。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 眼科
専門家:  McEye 返答済み 2 年 前.
初めまして。眼科に関するご質問全般にお答えしております。この回答で不十分と思われましたら、追加で質問していただいて構いません。納得のできる回答を出したいと思います。
加齢黄斑変性で硝子体手術が必要なレベルの重症度となると、かなり眼底の状態は悪いと推察されます。
ただ、硝子体膜の関与があって手術を勧められたのであれば、手術を受けた方が良いと思います。
要は、現在どのくらいの視力なのかで、お勧めできるかどうか( 改善が期待できるか)が決まります。
もう少し詳しい情報を頂けると幸いです。
McEyeをはじめその他名の眼科カテゴリの専門家が質問受付中

眼科 についての関連する質問