JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
McEyeに今すぐ質問する
McEye
McEye, 眼科専門医
カテゴリ: 眼科
満足したユーザー: 709
経験:  眼科開業です
61876492
ここに 眼科 に関する質問を入力してください。
McEyeがオンラインで質問受付中

C型肝炎の治療でインターフェロンを行った後、黒目の中心に血液の塊ができ、片方の視界が非常に見えずらい(ほとんど見えな

質問者の質問

C型肝炎の治療でインターフェロンを行った後、黒目の中心に血液の塊ができ、片方の視界が非常に見えずらい(ほとんど見えない)状態でしたが約1年程たった現在もう片方の目も同じ状態になり、ほとんど失明しかかっている状態です。
子供の頃、心臓の治療で飲んでいた薬のせいで聴力もほとんどありません。
年齢66歳女性
どうしても視力を失いたくありません。
今、通院している病院ではこれ以上の治療はできないと言われました。
肝炎の数値は落ち着いています
インターフェロンの治療は1年以上行っていません。通院していた病院の眼科では黒目にガスを入れて、黒目に溜っていた血液を吸収させる治療を最初になった方の目にはしています
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 眼科
専門家:  Ryoko-Mod 返答済み 2 年 前.
こんにちは、こちらご投稿のカテゴリを管理しておりますRyoko.M と申します。
お客様がご投稿になられた質問に回答できる専門家をお捜ししておりますが、回答ができる専門家を見つける
には、残念ながらもう少し時間がかかりそうです。
引き続きお探しいたしますが、もうすでにご投稿の質問への回答を見つけられた場合はご連絡ください
専門家:  McEye 返答済み 2 年 前.
初めまして。眼科に関するご質問全般にお答えしております。
インターフェロンを使った肝炎の治療中に眼底出血が合併する可能性があることは知られており、稀な副作用ではないようです。しかし、多くの場合眼底出血は網膜の出血で、視力低下を伴う場合もありますが、失明につながるようなケースは稀で、経過とともに吸収される傾向があります。
しかし、糖尿病や高血圧を合併しているような場合には、出血が重くなる場合もあります。
ご質問の記述内容には、糖尿病や高血圧などの全身疾患の記述がありませんでしたが、そのようなことはありませんか?もし、そのような合併症に伴う出血であれば、手術を行い血液を除去する手術を受ける必要があるかもしれません。また、年齢からみると加齢黄斑変性の合併という可能性もあるかと思います。その場合も適切な治療で視力を改善できる可能性があります。
いずれにしても、現在の担当医ではお手上げのようですので、眼底の手術の専門家の診察を受け、状況を確認していたいた方が良いと思います。

眼科 についての関連する質問