JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
McEyeに今すぐ質問する
McEye
McEye, 眼科専門医
カテゴリ: 眼科
満足したユーザー: 710
経験:  眼科開業です
61876492
ここに 眼科 に関する質問を入力してください。
McEyeがオンラインで質問受付中

会社の健康診断で網脈絡膜萎縮で経過観察となりました。 右目が飛蚊症になったので、ついでに左目も眼科で眼底をみてもら

質問者の質問

会社の健康診断で網脈絡膜萎縮で経過観察となりました。
右目が飛蚊症になったので、ついでに左目も眼科で眼底をみてもらったのですが。
「近視だからね」ということでした。
定期的に視てもらったほうがいいのかどうか
聞いたのですが「特にこなくてもよい」とのこと。視力は1.5で眼圧も正常でした。
そんなに心配することは無いのでしょうか。
網脈絡幕萎縮症で失明することは無いのでしょうか。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 眼科
専門家:  McEye 返答済み 2 年 前.
初めまして。眼科に関するご質問全般にお答えしております。
回答が遅くなりました。
先ず最初に、近視性の網膜脈絡膜萎縮は珍しい異常ではありません。近視がある程度強ければ、視神経の周囲に近視性コーヌスと言う一種の網膜脈絡膜萎縮の変化が生じます。これは異常な変化と言うよりも、近視の眼底の特徴のひとつです。そして近視が更に強くなると、この変化が拡大してゆきます。
この変化が、眼底の中心である黄斑部まで広がると視機能に影響が出るようになります。
ご質問者の近視の度数がどの程度なのか分かりませんが、矯正した視力が1.5との事ですから、大した近視ではなさそうだと推測します。この様な程度の変化であれば、定期的な診察は必要ないかも知れません。
但し、近視の方の飛蚊症の中には、網膜の傷である網膜裂孔などを合併している場合もあるので、飛蚊症の症状が悪化したり、視力に変化が起きた時には、眼底の精密検査を受けることをお勧めいたします。
McEyeをはじめその他名の眼科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.

ありがとうございます。

これ以上近視を進めないことが肝心なのですね。

インターネットでは怖いことしか書いてないので。夜も眠れませんでした。

ちなみにD-6.25はかなり強い近視なのでしょうか。この近視は目を休める等でなおるのでしょうか。

専門家:  McEye 返答済み 2 年 前.
近視の進行は、20台半ばまでと思われます。
現在の近視の度数が6D程度であれば、これ以上の脈絡膜萎縮の進行を心配する必要はなさそうです。
むしろ、網膜の傷(網膜裂孔 )を伴う飛蚊症に気をつけてください。
以上で回答を終わります。
McEyeをはじめその他名の眼科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.

以前脈絡膜萎縮について質問したものです。


近視の度合いですが、間違えていて-7.5と-7.75でした。


6D程度なら進行を心配する必要はないということですが。


D7.75でも大丈夫でしょうか。


 


よろしくお願い致します。


 

眼科 についての関連する質問