JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
McEyeに今すぐ質問する
McEye
McEye, 眼科専門医
カテゴリ: 眼科
満足したユーザー: 710
経験:  眼科開業です
61876492
ここに 眼科 に関する質問を入力してください。
McEyeがオンラインで質問受付中

87歳の母のことでご相談します。 加齢黄班変性で (浸出型) 先月から月に3回予定で 注射治療が始まりました。ふ

解決済みの質問:

87歳の母のことでご相談します。
加齢黄班変性で (浸出型) 先月から月に3回予定で
注射治療が始まりました。ふだんは、元気にひとり暮らしです。
1回目終了後の母の様子を見ていると、目の調子はかえって悪く?(ゆがみがひどく)なっているかのようなのと、ストレス?からかかなり精神的にも緊張高まり、以前みられなかった,
物忘れや無力感 など生じています。 今は少し落ち着きましたが、10間後2回目の注射予定です。
主治医には、このまま治療を続けること進められています。
高齢でもあり、目と脳の関係で、認知症のきっかけにもなりうるのも心配です。
ご助言下さるとありがたいです。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 眼科
専門家:  McEye 返答済み 2 年 前.
McEye : 初めまして。眼科に関するご質問全般にお答えしております。この回答で不十分と思われましたら、追加で質問していただいて構いません。納得のできる回答を出したいと思います。
McEye : チャット形式で宜しいですか?
McEye : ご高齢の方の視力障害ですので、ご心配の事と拝察いたします。
McEye : 待機しながら、幾つか確認の質問をさせていただきます。
McEye : 1 視力は左右それぞれ幾つぐらいか分かりますか? できれば、裸眼視力と矯正視力を知りたいのですが。もし分からなければ、新聞の字が読めるかどうか、あるいはおひとりで歩くのに支障がないかどうかわかりますか?
McEye : 2 2回目の注射のまでの間隔が10日という事ですが、両眼を治療しているのでしょうか?(通常は、最初の治療は3カ月かけて3回の注射を行います )
McEye : 3 OCTと言う眼底の断層画像を撮影する検査を行っているはずですが、注射の後はまだ行っていませんか?
McEye : 4 どの様な病院で治療を受けて居られますか? 大学病院、一般病院、開業医
McEye : チャットが難しいようですので、Q&Aに
McEye : 切り替えさせていただきます。質問への回答を戴いてからまとめて回答させていただきます。
専門家:  McEye 返答済み 2 年 前.
チャットでのやり取りは終了しましたが、疑問点がある場合や補足の説明が必要であれば、引き続きお答えします。このページにお戻りいただければ、チャットでやりとりした内容の確認および疑問点をお問い合わせいただけます。

次のステップ

回答の評価はお済みですか?まだであれば今すぐ回答を評価してください。もし評価の前にまだ疑問点があれば、下記のテキストボックスから返信してください。
専門家:  McEye 返答済み 2 年 前.
滲出性加齢黄斑変性(以下WAMDとさせていただきます )は、眼底の中心部である黄斑部に異常な血管が発生し、浮腫みを起こし、物が歪んで見えたり視力が低下したり中心部に黒い影がでる病気です。
なかなか治療の難しい病気ではありますが、近年普及した眼球注射の治療が有効です。軽症であれば、視力回復も可能です。
しかし、視力の回復は重症の場合には難しく、現状維持に終わる場合もあります。
質問者: 返答済み 2 年 前.

治療は片目です。

視力はわかりませんが、ひとりで電車にのることも可能です。

新聞はかなり読みにくいようです。

注射は、1度目は20日前です。

年末に注射後 初めて画像みていただいた所、

出血もとまっていると、次回の治療もすすめられました。

病院は眼科専門で入院施設もあるところです。

専門家:  McEye 返答済み 2 年 前.
WAMDな対する眼球注射は、ルセンティスかアイリーアと言う薬を眼内に注入します。
これは、約1か月間目の中で効果を発揮し、3回注射を継続して様子を見ます。
この間に効果があれば、出血が吸収されたり浮腫が取れてきて作用が安定します。それ以降は、毎月定期的に注射を継続するか、間隔を伸ばしてゆくかを判断します。
WAMDの場合には、注射を完全に中止してしまうと、再発したり進行する場合が多いので、ずっと継続する事になります。
さて、お母様の場合ですが、一番望ましいのは、諦めずに治療を継続する事だと思います。しかし、現状は健康な方の眼で生活に支障がない様ですから、定期的な通院や注射が大変なようであれば、3回の治療が終わった時点で主治医と相談の上で治療を中断すると言う選択肢もあると思います。
ただ、この場合も健康な方の眼にWAMDが発生する可能性がない訳ではありませんので、医師に勧められた定期健診を受けるようにお話してあげてください。
以上で回答を閉じさせていただきますが、他に質問したい事がありましたら、追加サービスをご利用ください。
McEyeをはじめその他名の眼科カテゴリの専門家が質問受付中

眼科 についての関連する質問