JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
McEyeに今すぐ質問する
McEye
McEye, 眼科専門医
カテゴリ: 眼科
満足したユーザー: 710
経験:  眼科開業です
61876492
ここに 眼科 に関する質問を入力してください。
McEyeがオンラインで質問受付中

続発解放隅角緑内障でインプラント手術をしましたがうまくいかず、さらに何度か被覆術を行いましたが、低眼圧のままで、低眼

解決済みの質問:

続発解放隅角緑内障でインプラント手術をしましたがうまくいかず、さらに何度か被覆術を行いましたが、低眼圧のままで、低眼圧黄斑症が始まっています。このままだとインプラントの入れ替え手術になるそうですが、これまでも繊維柱体切除術を20年間二桁数繰り返しているので、こんなにメスを入れて果たして大丈夫なのか目の組織がもう死んでしまうのではないかと不安です。何か解決法はあるでしょうか。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 眼科
専門家:  McEye 返答済み 3 年 前.
初めまして。眼科に関するご質問全般にお答えしております。この回答で不十分と思われましたら、追加で質問していただいて構いません。

先ず、残された目の手術で何度も手術を受けて居られ、大変な思いをされていると拝察いたします。
回答させて戴く事で少しでもお役に立てればと考えて居りますので、何かご不明の点がありましたら、遠慮なくご指摘戴きたいと思います。

さて、何か解決方法をとの事ですが、緑内障で眼圧が高い場合には、やはり眼圧を下げるしか視神経の機能を保持する方法がないと言うことを再確認して戴きたいと存じます。

そして、眼科医が緑内障手術に踏み切るのは、手術以外に手立てがない場合だけなので、やはり治療法は手術しかないとお考え下さい。
そして、緑内障手術の基本は、眼内で分泌された眼内液を眼球外に導き、逃がしてやる事です。この方法の一つに線維柱帯切除術があります。これは、緑内障手術の基本的な方法の一つですが、この方法の弱点は、眼球の表明を覆う結膜という薄い膜の下に眼内液を貯めなければならないので、結膜が癒着すれば効果が消失してしまうことです。
手術直後には眼圧が下がっても、長期間持続できない場合があり、手術を繰り返す結果になりことも少なくありません。しかも、一度癒着が起こるとその場所では、再手術ができない場合もあります。

この様な状況で行うのが、インプラント手術です。しかし、この方法にも弱点があり、インプラントという異物が眼球表面に露出してしまうことがあります。この場合、表面に何か膜を貼り付けて被覆するのですが、これも上手く眼球に馴染んでくれない事があり、繰り返し手術が必要な事があります。
しかし、インプラントを除去して被覆してしまえば、眼圧は上昇してしまい、神経が損傷を受ける事になります。

従って、被覆が安定するまで、大変ではありますが諦めずに繰り返し手術を受けて戴くことが必要なのです。

では、被覆がどうしても上手く行かない場合に、代替手段がないか?と言うことになりますが、眼内液の生産場所を部分的に破壊して眼圧を下げる方法があります。毛様体と言う組織を凍らせたり、レーザーで凝固して産生を抑える方法です。しかし、この方法は簡単ではなく、最終手段だとお考え下さい。
この処置が過剰に行われた場合には、眼球は萎縮して失明を起こすおそれがあるからです。ですから、眼科医は安易にこの処置を行いません。

この様な方法があることは知らされて居ないと思いますが、適応があるかどうか一度ご相談されてみてはいかがでしょうか。
質問者: 返答済み 3 年 前.

回答ありがとうございます。「繰り返し手術を受け」て身体が大きな負担を受け、血流が悪くなり、かえって目を不可逆なまでに痛めてしまうということはないでしょうか?

専門家:  McEye 返答済み 3 年 前.
確かに眼内の血流の低下は視神経の循環障害に影響しますが、身体への負担とは関係がありません。
手術は眼球表明の循環に影響するかもしれませんが、視神経の循環には影響はありません。
繰り返し手術を受けることへの不安や精神的なストレスは大変なものがあると拝察いたしますが、失明を回避できる可能性が少しでもあるのならば、立ち向かう勇気を持って臨んで下さい。
質問者: 返答済み 3 年 前.

毎回手術は順調だったと言われますが、手術は順調でも、低眼圧が続いてしまいます。それは患者自身の目が悪い(血流)ということになるのでしょうか。このような状況で手術を繰り返す意味はあるのでしょうか。

専門家:  McEye 返答済み 3 年 前.
眼圧が低いのは、二つの可能性があります。
1 眼内液が過剰に漏れてしまっている場合
2 何らかの原因で眼内液の生産能力が低下している場合

1 の場合には、手術で漏れを抑えないと、眼圧が下がったままになります
2 の場合、( 質問者が懸念されている循環障害の可能性もありますが )低下した産生機能を回復する手だてがありません。手術は意味がないと思います。

そして、最近受けられた手術は1に対する手術ですので、漏出を疑っているのだと思われます。
McEyeをはじめその他名の眼科カテゴリの専門家が質問受付中

眼科 についての関連する質問