JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
McEyeに今すぐ質問する
McEye
McEye, 眼科専門医
カテゴリ: 眼科
満足したユーザー: 710
経験:  眼科開業です
61876492
ここに 眼科 に関する質問を入力してください。
McEyeがオンラインで質問受付中

この春、就職した息子の目の事でご相談します。 現在22歳。小学生の頃ボクシングを始めましたが、中学1年生の時網膜剥

解決済みの質問:

この春、就職した息子の目の事でご相談します。
現在22歳。小学生の頃ボクシングを始めましたが、中学1年生の時網膜剥離になっていることが判明し、(両目)レーザー治療を施しました。
その後は定期的に眼科を受診し、昨年末に補強のため再びレーザーを施しました。

現在、飛蚊症で大変悩んで苦しんでいます。
視野が遮られてしまうようで、文字を追う事が困難なようです。
病気でないことは理解しており、目に良いとされるサプリメントの服用など、いろいろと調べては行っています。

就職した事もあり、仕事への影響等、大変悩んでいます。
少し精神的にも影響が見受けられるので、心配しています。

藁にもすがる思いでご相談させていただきます。
よろしくお願い致します。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 眼科
専門家:  McEye 返答済み 3 年 前.
初めまして。眼科に関するご質問全般にお答えしております。この回答で不十分と思われましたら、追加で質問していただいて構いません。納得のできる回答を出したいと思います。

網膜剥離を起こすような状況では眼球内部に濁りが生じることがあります。
これが飛蚊症の原因となります。軽度の濁りの場合には、濁りの移動によって視界が邪魔されて邪魔されなかったりしますが。濁りの範囲が広かったり、濁りの場所が固定してるような場合には視力障害の原因になります。

このような場合には、視界が妨げられた時の視力にもよりますが、硝子体混濁という病気で、手術での治療の対象になります。
早めに硝子体手術を行っている病院を受診し、手術の適用があるかどうか相談されるとよいでしょう。

質問者: 返答済み 3 年 前.

回答ありがとうございます。


もう少し質問させていただきます。


眼底検査を定期的に受けていますが、今までは、硝子体混濁の診断はありませんでした。


今後の検査で、硝子混濁と診断された場合、網膜剥離の病歴があっても手術は可能なのでしょうか?

専門家:  McEye 返答済み 3 年 前.
網膜剥離裂孔の病名が主な病名ですので、硝子体混濁が存在していても、これを病名に入れないことがあります。

病的な硝子体混濁がなくても、飛蚊症の自覚があるのであれば実際には軽微な硝子体混濁は存在しています。

なお、レーザー治療しか行わない施設では、飛蚊症の訴えだけではがまんしなさいというだけで、手術治療は勧めません。また、網膜剥離の既往があっても硝子体手術は可能です。

息子さんは、相当悩んで居られるので、手術の適応ありと診断されると良いですね。

McEyeをはじめその他名の眼科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.


ありがとうございました。


 


息子に話して、今後に繋げたいと思います。

眼科 についての関連する質問