JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
McEyeに今すぐ質問する
McEye
McEye, 眼科専門医
カテゴリ: 眼科
満足したユーザー: 709
経験:  眼科開業です
61876492
ここに 眼科 に関する質問を入力してください。
McEyeがオンラインで質問受付中

昨年12月9日に右目、16日に左目の両眼とも白内障の手術をしました。右目は手術した翌日から 嘘のように何の違和感も

質問者の質問

昨年12月9日に右目、16日に左目の両眼とも白内障の手術をしました。右目は手術した翌日から
嘘のように何の違和感もなく順調でしたが、左目に関しては手術中に妙な痛みがあり、不安を感じたのですが、その不安が的中し、術後眼帯を取った瞬間、縫ったところが引きつるような感覚がありました。
日帰り手術なので術後4日間通院し診ていただいたのですが、左目に関して引きつることに関しては
「わざと起こしたけがです」と説明され、また3週間後の検診でも、まだ引きつっていたので言ったところ、「切っているのだから、それ以外に原因はありません」という先生の意見でした。
あまりにもひきつりが治まらないので、1月30日に診察していただきました。
その時は少し痛みもあり、不安でいっぱいでしたが、見ていただくと、「糸が残ってますね、抜糸しましょう」と言われ、すぐに抜糸しました。
今日で4日目ですが引きつりはかなりましになりましたが、相変わらず完全になくなりません。
ちゃんと融合しているのか、ちゃんと治るのかとても不安です。
角膜に何か異常があったのか心配です。左目はいつも涙がたまったみたいな感じです。
鈍痛があり精神的につらいです。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 眼科
専門家:  McEye 返答済み 3 年 前.
初めまして。眼科に関するご質問全般にお答えしております。

術後2ヶ月近く経過されているのにひきつれるような違和感が残ってしまい、ご不安なお気持ちはよくわかります。
不安が解消できるように的確に説明させて戴きたいと思います。

情報の追加をお願いしたいのですが、下記にお答えください。

1 術後の視力に関するコメントがありませんが、見え方の左右差はありませんか?
視力が分かれば、一番最近の視力の数値を教えて下さい。

2 念のため確認しますが、両眼とも傷の縫合はされたのですか?

3 左右の手術時間に極端な差はありませんでしたか?

4 左右で、術中の痛みに差はありませんでしたか?

5 抜糸の際に痛みを感じましたか?

6 手術を受ける前の状態では、どちらの視力が良かったのですか?
左眼のほうが乱視が強かったような事はありませんか?

7 現在使用している点眼の名前を教えてください。
質問者: 返答済み 3 年 前.

術後の視力は右が1.2、左1.0です。見え方の左右差は有り、右のほうが


左に比べて明るく感じ色も鮮やかです。


左に関しては緑内障があり、先生が神経が痩せていないので、今後経過検診していきましょうとおっしゃっています。


乱視も左には元々あります。


 


傷の縫合については、右目はあったのかどうかわかりません。


左は縫ったことははっきりわかりました。


左目手術中、先生が「かたいな、」と言いながら糸を切るのが聞こえ、うっすらとみえました。


 


手術時間に極端な差はありませんが、右目よりも多少長かったです。


 


術中の痛みには差があり、みぎの時には感じなかった痛みがあり、左目に関しては術中強く押さえられたときがあり、


思わず恐怖で声をあげました。


 


抜糸の時は特に痛みはありませんでしたが、目自体がもう痛かったので


抜糸の痛みは感じませんでした。


目の痛みは主に鼻よりの所と瞼の裏です。


 


手術を受ける前は右目のほうが視力はよかったです。


白内障は右のほうがひどく、当初右だけ手術をと思いましたが、


両眼したほうがいいということで、手術しました。


左のほうが乱視は強いです。


 


点眼液はガチフロ0.3%、一日4回、フルメトロン0.1%一日4回、


ジクロード0.1%一日2回(朝晩)、ミドリンP一回(寝る前)です。


 


 


 

質問者: 返答済み 3 年 前.

創傷治癒遅延とはどういう場合におこりますか?

質問者: 返答済み 3 年 前.

創傷治癒遅延とはどういう場合におこりますか?

質問者: 返答済み 3 年 前.

創傷治癒遅延とはどういう場合におこりますか?

質問者: 返答済み 3 年 前.

返事をいただきたいです。

専門家:  McEye 返答済み 3 年 前.
情報のご追加有難うございました。

先ず、創傷治癒遅延のご質問に関して、回答いたします。

先ず、一般的な説明から。創傷治癒とは、簡単に言えば、【傷が治ること】です。
これが、正常な期間よりも長引いたり、治りきらない状態が、【創傷治癒遅延】です。

おそらく白内障手術の傷の事を尋ねて居られるのだと思いますので、白内障手術創の創傷治癒遅延の原因について説明します。

白内障手術の傷は、一般には眼科用のメスで作ります。この傷口を合わせて置けば、傷口の断面どうしがフィブリンと言う物資を介して癒着し、最終的には傷どうしが線維を繋ぎあって癒着して傷が治ります。

以上のようなメカニズムで、傷の治癒が起こりますので、それを阻害するような状況があれば、創傷治癒が遅れます。

原因として考えられるのは次のような状況です

1 傷の内面どうしが合わない状態
2 傷の治りが遅くなるような薬が投与されている場合
3 傷に感染が起こり治癒が阻害されている状態

具体的には、
1は、傷口のひきつれや歪み
2 は、ステロイドホルモン剤の投与
3 は、細菌などの感染がある場合です

時間がありませんでしたので、とりあえずここまで回答しておき、後ほど追加で回答いたします。
McEyeをはじめその他名の眼科カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  McEye 返答済み 3 年 前.
ご承認有難うこざいます。

回答は創傷治癒遅延に関することだけでよろしかったでしょうか?

ご質問があれば、箇条書きにしていただければ、回答を追加いたします。
質問者: 返答済み 3 年 前.

今現在点眼している、フルメトロンは


ステロイドホルモン剤にあたりますか?


 


白内障手術において傷口を縫合する場合とはどういう場合ですか?


なにか危険因子が術中あったのでしょうか?


 


目のひきつりはなおるのでしょうか?

質問者: 返答済み 3 年 前.

今現在点眼している、フルメトロンは


ステロイドホルモン剤にあたりますか?


 


白内障手術において傷口を縫合する場合とはどういう場合ですか?


なにか危険因子が術中あったのでしょうか?


 


目のひきつりはなおるのでしょうか?

専門家:  McEye 返答済み 3 年 前.
Q 今現在点眼している、フルメトロンはステロイドホルモン剤にあたりますか?
A その通りです。弱めのステロイド点眼です。しかし、傷口に感染症を起こしていなければ、心配ありません。白内障の手術では、術後の炎症反応を和らげるために、普通に使われてかあます。


Q 白内障手術において傷口を縫合する場合とはどういう場合ですか?
なにか危険因子が術中あったのでしょうか?

A 現在行われている、小切開白内障手術では、傷を縫合せずに眼内圧を上げて、内圧を利用して傷を合わせて縫合糸を使わないで終了することが一般的に行われてきています。しかし、傷が万一閉鎖しないと、傷口からの眼内液の漏れが起こり、傷が閉じなくなってしまったり、感染の危険性が高くなる場合があります。このため、傷の閉鎖に問題がない場合にも、念のために傷の縫合を行う術者も少なくありません。

傷が閉じにくくなる原因としては、切開幅が大き過ぎた場合や、途中で拡張した場合、手術中の操作によって傷が変形してしまった場合などがあります。


目のひきつりはなおるのでしょうか?

これについては、後で追加します。
質問者: 返答済み 3 年 前.

ありがとうございました。

目の引きつりの件のお返事、お待ちしています。

 

専門家:  McEye 返答済み 3 年 前.
目のひきつり感が、術後かなりの期間を経ても残って居るのは困った事ですが、原因が特定できない事には回答もできません。
可能性を推測することはできますが、正しいアドバイスを導くことができませんので、やはり、原因を特定することが重要です。
通常、手術の傷口のひきつれを訴えるのは、約2週間ですが、特に異常がなくても神経質なタイプの患者さんは、1か月以上訴えが続くことがあります。これも、他に原因がなければ、自然におさまってきます。

問題は、手術の傷口に異常がなく、角膜の表面に異常がある場合です。ドライアイや、結膜表面の凸凹、点眼薬による角膜障害などが原因な場合には、手術創の異常がなくてもずっと違和感が続くことがあります。これは、傷が微細なものでも存在し続ける限り違和感は消えません。

お勧めしたいのは、もう一度診察を受けて、ひきつり感の原因となる傷の有無をしっかり確認してもらう事ですが、それでも原因不明ということであれば、他の医者の診察を受けて戴くことです。
質問者: 返答済み 3 年 前.

ありがとうございました。


原因を特定するために診察を受けます。


 

専門家:  McEye 返答済み 3 年 前.
お役に立てれば幸いです
質問者: 返答済み 3 年 前.

診察を受けたところ、目の引きつりは白内障の手術とは無関係といわれました。2か月近くになって目の引きつりがあるなど、白内障手術後有りえないとまで言われ、愕然としました。


最初手術から3週間経った頃に、目の引きつりについて尋ねた時には、


手術をしたからです、人口に起こしたけがと同じですよとおっしゃったはずなのに。


別の眼科で受診しようと考えています。


 

専門家:  McEye 返答済み 3 年 前.
目のひきつり感は、明らかに手術後に出現したのでしたね?
だから、一時的なもので、時間が経てば治ると説明したわけですから、医師の言っていることは矛盾しています。
私の経験でも、手術の傷口には問題がなくても、その付近の結膜に異常があって何時迄も違和感が残ったケースがありました。自覚症状があれば、何か原因があるはずだと思いながら診察するのと、自分の手術には問題がないはずだと先入観をもって診察するのでは、所見の見落としが違います。
やはり、他の医師を受診して、客観的に判断してもらうことが解決の早道だと思います。
質問者: 返答済み 3 年 前.

2月12日、他の眼科を受診し、診ていただきました。


左目の手術の傷口は問題はなく、ドライアイがあることと、


左目の角膜下側が、持ち上げる力が弱い…なんという病名か眼瞼下垂と


相反する内容のことでしたが、点眼液を処方されました。


角結膜炎症を抑えるティアバランス点眼液0.3%です。


現在点眼しているガチフロとミドリンPは点眼しないように言われ、


フルメトロンは一日3回とジクロードは一日2回、現在のものがあと2週間ほどでなくなり次第終了ということでした。


引きつりはやはり今も続いています。


上目使いをしたときに強く感じます。


 


 


 

専門家:  McEye 返答済み 3 年 前.
やはり、ドライアイがありましたか…。

下まぶたの緊張が弱いと、下瞼が下がり気味になり、眼を十分に潤わせることが出来なくなります。
このため、角膜の下の方が乾燥して障害を受けやすくなります。

できるだけ点眼薬を使用して保存的に治療を続けることが望ましいのですが、あまり十分な効果がでなければ、した瞼に手術を加え、瞼の皮膚や筋肉の緊張を回復して瞬きの状態を改善する方法があります。
質問者: 返答済み 3 年 前.

どうして下まぶたの緊張が弱くなるのですか?


引きつりを感じるのは、手術した部分だと感じます。


その部分は縫合され、傷口は塞がっているのに、


ドライアイのせいなんですね。


 


しばらく点眼を続けて、経過をみます。


手術となるとまた不安です。


どのような手術なんでしょうか。


 

眼科 についての関連する質問