JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
McEyeに今すぐ質問する
McEye
McEye, 眼科専門医
カテゴリ: 眼科
満足したユーザー: 710
経験:  眼科開業です
61876492
ここに 眼科 に関する質問を入力してください。
McEyeがオンラインで質問受付中

70歳の母の事です。先日、眼科で眼底検査をしたところ、右目の中のすみの部分が少しでこぼこしているが、視力が1、0ある

解決済みの質問:

70歳の母の事です。先日、眼科で眼底検査をしたところ、右目の中のすみの部分が少しでこぼこしているが、視力が1、0あるし、黒目までまだまだなので、経過観察で半年後との診断でした。二年前 に他の眼科医で、白内障の手術をしましたが経過が悪く、菌が入ってしまい、大学病院で手術をしました。二週間程で退院し、菌は完全にはとれてないが、弱毒性だったので良かった事と、再発もと言われましたが、大学病院は良くなってきたので個人の眼科医へといわれ、今はたまにうっすら程で気にしないとわかない様子で落ちついてきたところへ、上記の診断があり、一度怖い経験をしたため、神経質になっています。どんな病気で今後どうしたら良いですか?白内障の件とは別だとの診断ですが?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 眼科
専門家:  McEye 返答済み 4 年 前.
初めまして。眼科に関するご質問全般にお答えしております。この回答で不十分と思われましたら、追加で質問していただいて構いません。納得のできる回答を出したいと思います。

一番可能性が高いのは、網膜前膜 もうまくぜんまく だと思います。
この疾患は、一種の老化現象ですが、固定して進行がない場合と、徐々に進行して物が歪んで見えたり、視力が低下する場合があります。進行の予防方法はありませんので、経過観察を定期的に受け、悪化してきたら、早めに膜を取り除くための硝子体手術を受けていただく必要があります。手術は、感染症の時に受けた二 度目の手術と同じです。
なお、以上は、推測に基づいたコメントですので、この内容を主治医にご確認してみてください。

なお、白内障とは全く別の病気ですが、老化が原因の場合もありますし、前回受けた硝子体手術後の合併症の可能性もありますが、質問の内容からは判断がつきません。

回答内容に不足がありましたら、遠慮なくご追加ください。
質問者: 返答済み 4 年 前.

ありがとうござました。網膜ぜんもうで調べ本人に聞いたところ先生の診断に間違いないと思います。眼科医との見解と一致していますので、様子をみて行きたいです。後本人の不安なてんは、二回目の手術のように、菌が再初しないか?十年前に反対側の目も白内障の手術をしていますが、こちらには、転移したいか?軽い感じで白内障の手術をし、まさか細菌が入るなんて思いもなく、真っ黒い菌で覆われた思いが、とても怖い思いをしているので。
専門家:  McEye 返答済み 4 年 前.
反対側への転移はありませんので、ご心配ありません。

菌の再発( 感染症の再発)の可能性はゼロではありませんが、可能性は極めて低いです。

白内障手術の感染症の発生率より、硝子体手術の感染率は低いとされています。

また、硝子体手術が決まった訳ではありませんので、現時点では、取り越し苦労ではないでしょうか
?あまり、悩まれない方が良いと思います。
McEyeをはじめその他名の眼科カテゴリの専門家が質問受付中

眼科 についての関連する質問