JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
McEyeに今すぐ質問する
McEye
McEye, 眼科専門医
カテゴリ: 眼科
満足したユーザー: 709
経験:  眼科開業です
61876492
ここに 眼科 に関する質問を入力してください。
McEyeがオンラインで質問受付中

病気や視力の問題とは少し違いますが、ゴルフのパッティングの時に正対したときと 半身に構え前傾した時に、カップの位置

質問者の質問

病気や視力の問題とは少し違いますが、ゴルフのパッティングの時に正対したときと
半身に構え前傾した時に、カップの位置が実際の場所より半身の自分に対して前方向、正対した時の右方向に見えてしまいます。仲間には乱視だと言われるのですがそうなのですか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 眼科
専門家:  McEye 返答済み 3 年 前.
初めまして。眼科に関するご質問全般にお答えしております。この回答で不十分と思われましたら、追加で質問していただいて構いません。納得のできる回答を出したいと思います。

乱視のせいではありません。

体位や姿勢でボール の位置か変化して見えるのは、眼位の変化か利き目の変化だと思われます。

右利きの場合、ボールに対してスタンスをとり、前傾した姿勢でカップをみる時には、首を左にひねり、左眼で確認している筈です。これで確認したカップの位置は、正対して両目で見る場合とは、眼球の視線が違いますね。横目で見るのと、正面で見るのとでは、方向が違ってしまうのは当然な事なのです。

だから、いきなり構えて横目で方向を定めて打つのではなく、きちんとカップの方向をチェックし、フェイスの方向を固定してから構えないといけないのだと思われます。
専門家:  McEye 返答済み 3 年 前.
文章だけではわかりにくいかもしれませんね。
図解できると良いのですが、適当な図を探す事が出来ませんでした。
要は、顔を上げてカップに対して正面で方向を確認する場合には、ボールとカップを結んだ方向が正しい方向なのですが、構えて真下にボールを見ながら顔を向けて方向を見ても、誤差が生じると言う事ですね。
この誤差が大きい場合には、斜視や斜位といった眼球の視線のズレがあるのかもしれません。
日常で、物が二つにずれて見えたりすることはありませんか?
専門家:  McEye 返答済み 3 年 前.
説明が不十分だったでしょうか?

眼科 についての関連する質問