JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
McEyeに今すぐ質問する
McEye
McEye, 眼科専門医
カテゴリ: 眼科
満足したユーザー: 710
経験:  眼科開業です
61876492
ここに 眼科 に関する質問を入力してください。
McEyeがオンラインで質問受付中

こんにちは、小割といいます。43歳です。伊豆の矢田眼科に観てもらっています。 現在の状況から説明します。 今、左

質問者の質問

こんにちは、小割といいます。43歳です。伊豆の矢田眼科に観てもらっています。
現在の状況から説明します。
今、左目の眼圧が28、点眼はミケランLA,ブロナック、リンデロン、トルソプト、アイファガンアトロピン、5%塩水、とダイアモックス2錠服用して います。2月に眼内レンズの交換をしてまだ炎症があるらしく、タプロスがさせていません。術歴は多く白内障、緑内障(機能していない)、網膜剥離で、名前忘れましたが、バンドで縛る手術をし、失敗して硝子体手術。そのほか虹彩のの穴からレンズの足が出てしまい、レンズを回す手術を3回(2月にレンズを入れ直し)たり10回くらいはメスが入っています。内皮の弱っていて、内皮移植の話もありますが進んでいません。角膜の濁りは塩水により少し改善しています。
視野の欠損は今回眼圧があがる前に中心まで来ました。眼圧は10日前(実際にはわかりません)くらいに上昇しました。今の薬で様子を見る感じらしいのですが、不安でたまりません。
これでだめなら手術しかないですが、内皮が弱っているからねーとも言われ、どうすればいいのかわかりません。
塩水の点眼回数がだんだんと増え、現在は10回です。
タイミング的にも、もしかしたら塩水を差しすぎて、緑内障の点眼の有効成分まで出してしまっているのではと思い、昨日から勝手に5回に減らし、塩水を差してから時間を空けてその他の点眼をしています。???どうでしょう?
いずれにしても、待ったなしの状態なのに解決策が見えません。
先ほど見つけた緑内障のエクササイズも試してみます。
名医といわれる方のセカンドオピニオン(緑内障、角膜、紹介して下さい)も考えていますが、検索していたらこのサイトを見つけました。
矢田先生には、何度も助けられているので悩ましいとこですが。
現在も、視神経を痛めているかと思うと生きた心地がしません。
宜しくお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 眼科
専門家:  McEye 返答済み 4 年 前.
初めまして。眼科に関するご質問全般にお答えしております。この回答で不十分と思われましたら、追加で質問していただいて構いません。

最初にお断りして置きますが、矢田先生は小生の先輩にあたる先生です。しかし、今回の回答にあたっては、同先生とは何ら利害関係は無く、公平な立場で回答させていただきますのでご了承戴ければ幸いです。

ご質問内容から推察すると、残念ながら緑内障の状態はある程度進行してしまったようですね。以下に述べるような対処をしたとしても、有効な改善は得られないかもしれませんが、今後の治療を考えるための手段のひとつとしてご参考にしていただければ幸いです。

さて、ご質問者の1番の問題は角膜の混濁にあると思います。角膜の混濁はご承知のように角膜内皮とい う細胞の障害によって起こります。手術を繰り返して受けることでこの内皮細胞は障害を受けます。内皮細胞は分裂増殖して、障害を受けた部分を修復する機能がありません。したがいまして一度障害を受けた角膜内皮細胞は回復する機能を持っていません。内皮細胞は角膜の水分を調整する機能を持っていますので、この細胞が障害されると角膜がむくみを起こし、曇ってしまいます。

以前は角膜内皮細胞障害の場合に、角膜全部を移植する全層角膜移植が必要でした。近年、角膜の内皮細胞のみを移植して角膜のむくみをとる方法が開発されました。これが角膜内皮細胞移植です。この方法は角膜全層移植よりも簡便で、合併症が起きにくいと看做されています。

もし緑内障による神経障害がひどくない場合には角膜内皮細胞移植によって視力を改善することができるかもしれません。角膜のむくみがとれるということは、食塩食塩水点眼の使用からも解放されますし、診察する医師の立場からも、眼球内の様子が詳しくわかるようになり、眼圧測定の誤差も少なくなります。その意味では角膜内皮細胞移植はできるだけ早めに受けていただいたほうがよろしいのではないかと思います。

矢田眼科さんの方でも、角膜内皮細胞移植が行えるのかもしれませんが、移植する内皮細胞は亡くなった方の眼球からアイバンクを通じて入手しなければいけませんので、角膜移植の定評のある病院に相談されるほうがよろしいかもしれません。
とりあえず角膜内皮細胞移植受けたい、ということで院長あるいは担当の先生にご相談されることをお勧めしたいと思います。
質問者: 返答済み 4 年 前.

返信ありがとうございました。


 


現在の眼圧は心配ですが、まずは、内皮移植の催促を矢田先生にしてみます。


眼圧が上がり始めたタイミングから考えて、塩水を差す回数が増えてからなんですが、塩水を差しすぎて、緑内障の点眼の有効成分まで出てしまっているということはありんませんか?


それが気にかかり、勝手に回数を減らしています。


 

専門家:  McEye 返答済み 4 年 前.
あまり影響はありませんが、念のため緑内障点眼の後は、食塩水点眼の使用までに15分間隔をあけてください。
McEyeをはじめその他名の眼科カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  McEye 返答済み 4 年 前.
ご評価ありがとうございました。
その後何かございましたら追加で質問していただいて構いませんのでよろしくお願いします。

眼科 についての関連する質問