JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
McEyeに今すぐ質問する
McEye
McEye, 眼科専門医
カテゴリ: 眼科
満足したユーザー: 710
経験:  眼科開業です
61876492
ここに 眼科 に関する質問を入力してください。
McEyeがオンラインで質問受付中

4月に左目の硝子体手術を実施、その先生は人口レンズをその時は入れず、2か月後にレンズ挿入手術を実施、その数日前まで矯

質問者の質問

4月に左目の硝子体手術を実施、そ の先生は人口レンズをその時は入れず、2か月後にレンズ挿入手術を実施、その数日前まで矯正視力1.0あったののが、レンズ挿入手術後は0.09になり、黄斑浮腫とおいわれ、またアバスチン注射とガス挿入したが、視力は変わらず、その後糖尿病網膜症との診断だけで、なぜ起きたのか原因不明との事。その後黄斑部の薄皮をとる手術を早急にしましょう。と言われたが信用できず。ほかの病院にかかったほうが良いと判断。左目は黄斑変性のような症状で白くかすみがかかり、ぼやけてしか見えないのですが、もう視力は戻らないのでしょうか?また黄斑部の手術とはどのようなものでしょうか?よろしくお願いします。

投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 眼科
専門家:  McEye 返答済み 4 年 前.
初めまして。眼科に関するご質問全般にお答えしております。この回答で不十分と思われましたら、追加で質問していただいて構いません。納得のできる回答を出したいと思います。

1 硝子体手術後に正常な白内障手術が行われても、術後の炎症反応が強い場合があり、その時は黄斑部の浮腫が生じることがあります。白内障手術そのものには問題はありませんでしたか?

2 最初の硝子体手術を受けた際の病名は、(増殖性)糖尿病網膜症あるいは、硝子体出血ですか?

3 糖尿病のコントロールの指標にHbA1cがありますが、最近の数値が分かれば教えてください。

4 黄斑部の薄皮をとる手術 の病名は、黄斑前膜あるいは網膜前膜ではないでしょうか?

以上、より正確で詳しい回答のために、出来るだけで結構ですので情報をご追加いただければ幸いです。



質問者: 返答済み 4 年 前.

1.硝子体手術後の矯正視力は1.0ありましたのでそれはないと思います。


2.硝子体出血です。


3.HbA17.2でした。7/6検査その1月前7.9でした。


4.病名は伝えられておりません。


4の手術は本当に必要なのでしょうか?たしか硝子体手術した際に取ったか自然にはがれていたかも知れない。との事でした。


また、その手術が必要だとすれば緊急性はどのくらいのものでしょうか?

専門家:  McEye 返答済み 4 年 前.
4の手術は本当に必要なのでしょうか?たしか硝子体手術した際に取ったか自然にはがれていたかも知れない。との事でした。

硝子体出血の際の硝子体手術は、混濁した硝子体を除去する作業が中心になりますので、硝子体膜の除去が十分に行えない可能性があります。この場合術後に黄斑前膜が収縮を来たして視力が低下し、手術が必要になります。
手術の必要性については、現在の視力が低いので、手術が必要だと思います。しかし、この手術に緊急性はありませんので、担当医と手術の必要性や手術後の回復の見込みなどについて良くご相談してください。
McEyeをはじめその他名の眼科カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  McEye 返答済み 4 年 前.
回答内容が不足でしたら、ご指摘戴ければ追加させて頂きます。
質問者: 返答済み 4 年 前.

お世話になります。病院を変わり再診断して頂いたところ、術後黄斑浮腫と診断されました。網膜が炎症を起こしている為だそうです。前の病院でアバスチン・ガス挿入を実施して大きな腫れはOCTで確認したところ取れてましたが、全体的に炎症がまだあるため、アバスチンが良い血管にも効いた可能性があるかもしれないということで、左目眼球内に直接ステロイド注射を先日7/19日に実施しましたが、数日たっても変化ありません。対策としては、このステロイド注射にたより、自然治癒を目指すしか無いのでしょうか?

専門家:  McEye 返答済み 4 年 前.
現状では、白内障手術の合併症としての黄斑浮腫に対する治療としては、アバスチンの注射よりもステロイド治療の方が効果が期待できます。なお、この注射の効果は、長引いている炎症の程度によりますが、速効性ではなく、効果発現まで2週間から1ヶ月ぐらいかかる可能性があります。

また、術後の炎症の原因が取り除かれていない場合には、更に炎症が長引き、注射の効果がでにくい場合もあります。このような場合には、硝子体切除が良い結果を招く場合もあります。

経過をみて、現在の主治医とご相談なさってみてください。

眼科 についての関連する質問