JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
McEyeに今すぐ質問する
McEye
McEye, 眼科専門医
カテゴリ: 眼科
満足したユーザー: 709
経験:  眼科開業です
61876492
ここに 眼科 に関する質問を入力してください。
McEyeがオンラインで質問受付中

93才の父親の緑内障による視力低下についての質問です

解決済みの質問:

最近、93歳になる父親の視力が急激に衰えてきて心配しています。 70才台で左右とも白内障の手術をしています。最近3年間ほどの状態としては左の目の緑内障がひどく視界が非常に狭くなっています。右目に頼って新聞やテレビを見てきました。しかし右目にも緑内障が見られていると聞いています。以前眼圧が20前後のときがあり、眼圧を下げるために下記通り点眼液を使用してます。最近の眼圧は10台で推移しています。しかし視力が急激に落ちてきており新聞の題字がやっと見える程度です。特に朝起床後2時間ほどは極端に見えません。2年ほど前は なんとか文庫本が読めました。  行きつけの眼科医の診断により、点眼液をより効果が大きいと期待される新しいものに変更してきています。5月に変えたアイファガンがここへきての急激な視力低下に関係していないかという疑問に対する主治医の説明は緑内障は蓄積されてある時点から症状が急激に現われることもある。新薬で視力が低下することはない、「残念ながら今は緑内障の症状が現われ進んでいる状態でいずれ失明と予想する」とのことでした。  質問は以下の点です。 ①眼圧が低く維持されていても緑内障が進行することはあるのか ②新薬の副作用として視力が低下することはないのか、あるいは人によって合わないことはないのか ③今の時点で失明を前提にした生活を準備すべきなのか  以上よろしくお願いいたします。


 


A:コンソプト配合点眼液


B:タブロス点眼液0.0015%


C:アイケア点眼液


D:ルミガン点眼液0.03%


E:アイファガン点眼液0.1%  


 


H24年3月継続  ABC   眼圧 10/10 視力 0.3/0.1


H25年1月から  ABD   眼圧 13/17 視力 0.5/0.3


H25年5月から  ADE   眼圧 10/9 視力 0.1/0.08

投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 眼科
専門家:  McEye 返答済み 4 年 前.
初めまして。眼科に関するご質問全般にお答えしております。この回答で不十分と思われましたら、追加で質問していただいて構いません。納得のできる回答を出したいと思います。

①眼圧が低く維持されていても緑内障が進行することはあるのか

あります。視野の変化は、眼圧が安定しても遅れて出現するからです。
十分に眼圧が下降しても、神経は回復することができないので 、眼圧の変動幅が大きい場合には、じわじわと障害
が進むことがあります。


②新薬の副作用として視力が低下することはないのか、あるいは人によって合わないことはないのか

アイファガンの副作用ではなく、点眼薬全般に言えることですが、複数の点眼を併用すると、防腐剤の作用で、角膜の上皮障害が起こることがあります。もし、追加した点眼の副作用が心配でしたら、2週間程度、追加になった点眼薬のみを一時的に中断してみるてはいかがでしょうか?

③今の時点で失明を前提にした生活を準備すべきなのか  

ご本人の年齢を考えると、失明を前提とした生活を準備していただくというのは、難しいものがありますね。むしろ、周囲の介護者に対応をお願いすることが必要になります。

以上、不足がありましたら、ご指摘いただければ幸いです。
McEyeをはじめその他名の眼科カテゴリの専門家が質問受付中

眼科 についての関連する質問