JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
McEyeに今すぐ質問する
McEye
McEye, 眼科専門医
カテゴリ: 眼科
満足したユーザー: 709
経験:  眼科開業です
61876492
ここに 眼科 に関する質問を入力してください。
McEyeがオンラインで質問受付中

左右の瞳孔の大きさが違うと脳外科医に指摘されて眼科に行ってきました。目事態に異常はないとの事でしたが、右の瞳孔が開い

解決済みの質問:

左右の瞳孔の大きさが違うと脳外科医に指摘されて眼科に 行ってきました。目事態に異常はないとの事でしたが、右の瞳孔が開いたままで光をあてても収縮しないそうです。眼圧も正常で角膜にも傷はないとのこと。15年ほど前までは年間3回くらい角膜糜爛を発症していました。ドライアイとアレルギーが重なるとそうなるらしく、特に右目の糜爛がひどくこのままでは何れ失明してしまうといわれて注意しています。2種類の市販の目薬を使い分けしてここ10年はひどい糜爛は起きていません。右の瞳孔が開いたままなのはそれが関係しているのか、治せるのか、どこの何科が良いのかご指導くださるとありがたいです。
53歳 女性 高血圧症があるが降圧剤でコントロールできています。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 眼科
専門家:  McEye 返答済み 4 年 前.
初めまして。眼科に関するご質問全般にお答えしております。この回答で不十分と思われましたら、追加で質問していただいて構いません。納得ので きる回答を出したいと思います。

使用されている点眼の内容が確認できませんが、これとは関係のない右の瞳孔の麻痺だと思われます。
一種の神経障害ですので、脳外科で責任病巣(原因となる異常な場所)が見つからないのであれば、神経内科にご相談されるのが宜しいかと存じます。

瞳孔の麻痺の治療は困難で、治癒は難しいのですが、脳外科医にたまたま指摘されるまで気が付かなかったということは、あまり強い散瞳ではないのかもしれませんね。

個別の医療機関はご紹介できませんが、とりあえず現在おかかりの眼科で大学病院の眼科か神経内科を紹介していただいてはいかがでしょうか?
McEyeをはじめその他名の眼科カテゴリの専門家が質問受付中

眼科 についての関連する質問