JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
McEyeに今すぐ質問する
McEye
McEye, 眼科専門医
カテゴリ: 眼科
満足したユーザー: 710
経験:  眼科開業です
61876492
ここに 眼科 に関する質問を入力してください。
McEyeがオンラインで質問受付中

家内(65歳)の白内障の術後に関するご相談です。 よろしくお願い致しします。 3月4日に左目の手術を行い、視

質問者の質問

家内(65 歳)の白内障の術後に関するご相談です。
よろしくお願い致しします。

3月4日に左目の手術を行い、視力は1.2まで回復致しました(未手術の右目は0.1)。
術後すぐに、左目で右側を見ると左側に、上側を見ると下側に「影」が生じるとの症状を訴えました。
中央・左側・下側を見る時には、この症状は現れません。
約一か月を経過しますが、症状の改善はありません。

医師の説明は、次の通りです。
①まっすぐ見た時の視力は回復しているので、手術自体は問題ない。
又、他の異常は認められない。
②瞳とレンズ(6㎜φ)の大きさが違う為、レンズのないところで物を見ようとする事により起こる症状である。
時々、レンズの外環が見えると訴えはあるが、更に少ないケースである。
③無理やり右端若しくは下側を見ようとする事で、右側を見た時は鼻で光の侵入が妨げられる、上を見た時は上瞼で光の侵入が妨げられる事により生じる。中央・左側・下側を見た時は光を遮るものがないので、この様な事は発生しない。
④自覚症状で、慣れれば又右目を手術をして左右のバランスが取れれば気にならなくなる。
⑤特に治療法はなく慣れを待つしかないが、慣れるのを助ける為に瞳を小さくする目薬の点眼を行う。(現状本人は、医師の説明に納得していない為に未使用)

ご教示いただきたい点
①医者の説明通り、手術自体、又、他の異常によるものではなく、時間の経過とともに慣れて気にかからなくなるものかという一点です。
②他に、手術した左目の周りが痛い・痙攣する等の訴えがありますが、上述の点についてご教示をお願い致します。

現状左右の視力が違うアンバランス状態で、不自由な生活を余儀なくされています。
又、本人は手術結果に納得していない事から、精神的にも不安定になっています。
現状をどのように理解・判断すれば良いか、ご教示の程お願い申し上げます。

2013年4月8日 神戸市在住 古川清(65歳)
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 眼科
専門家:  McEye 返答済み 4 年 前.
初めまして。眼科に関するご質問全般にお答えしております。この回答で不十分と思われましたら、追加で質問していただいて構いません。納得のできる回答を出したいと思います。


①医者の説明通り、手術自体、又、他の異常によるものではなく、時間の経過とともに慣れて気にかからなくなるものか?

その通りです。手術そのものに全く問題がなくても、眼内レンズの直径は、6mm〜7mmの範囲でしか選択できないために、この現象がおこります。ご高齢の方の瞳孔径は、1.5mmぐらいしかないので、余り問題にされませんが、奥様ぐらいの年齢ですと、通常の瞳孔径で3mm、暗所では、5mm近くまで、拡大します。
このため、斜めから入った光が、眼内レンズの淵に当たって乱反射し、影を作ったり、弧状の光のイメージを作ったりするのです。

②他に、手術した左目の周りが痛い・痙攣する等の訴えがありますが、上述の点についてご教示をお願い致します。

片目しか手術して居ない状態ですので、手術眼に負荷がかかっているのでは、ないでし ょうか?

現状左右の視力が違うアンバランス状態で、不自由な生活を余儀なくされています。
又、本人は手術結果に納得していない事から、精神的にも不安定になっています。

この現象は、かなりの頻度で発生しているはずなのですが、私の経験からは、手術を受けた方全体の数パーセントしか訴えがありません。そして、視力が十分に改善しているにも拘らず、この症状に固執して不快感を訴えるのは、何故か中高年の痩せ気味ね女性の患者さんが殆どです。これは、この現象に関しての不快感を感じるのが、極めて体質的、性格的な要素があるということだと思っています。

私の患者さんで、この訴えがあったときには、次のようにしています。

この現象がどうして起きるのか、図で説明
(手術上の問題や、特異体質ではないことを納得してもらう)

自覚しなくなる場合もあるが、残る場合もあるという事を告知

人間が、実生活で使っている生活の為の視野について説明(中心から30°以内が殆どであり、この現象があるのは、60°よりも外側であることを説明)

実生活に支障がなく、読書やテレビ視聴など、対象に集中していれば、出現しないあるいは、軽減するという事を確認してもらう。

このプロセスで説明すれば、殆どの方が納得されます。
しかし、患者さんと医師の相性の問題がある場合には、他医にセカンドオピニオンを求める事も積極的に考えても宜しいのではないかと思います。

回答に不足があれば、ご指摘ください。

McEyeをはじめその他名の眼科カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  McEye 返答済み 4 年 前.
ご評価戴きありがとうございました。

眼科 についての関連する質問