JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
McEyeに今すぐ質問する
McEye
McEye, 眼科専門医
カテゴリ: 眼科
満足したユーザー: 709
経験:  眼科開業です
61876492
ここに 眼科 に関する質問を入力してください。
McEyeがオンラインで質問受付中

昨年10月に両眼の白内障手術を受けた妻(70歳)の状況についてうかがいます。 思いもしなかったことで困っています。

質問者の質問

昨年10月に両眼の白内障手術を受けた妻(70歳)の状況についてうかがいます。
思いもしなかったことで困っています。よろしくお願いいたします。

①光源からの光線や反射が大変眩しいようです。グレア―というのでしょうか?光の脚?が手術前と比べて比較 にならないほど長く延びているといいます。夜間の外出を嫌がるようになっています。
先生は、初めは『時間の経過とともに慣れる。』とのことでしたが、その後、サングラスの使用を勧めます。通常のレンズが変わったことによる眩しさとは異なるように思いますし、夜間の外出にサングラスを必要とするような状況は通常ではないように思います。

②鼻側をのぞく視野(視界?)の上下左右の端に黒い枠のようなものが現われて、動いています。先生は、『気になる人とならない人がある。」とのことですが、手術前にはなかったので気になり、憂鬱だそうです。

③手術後の検眼では乱視だといわれています。手術前は、メガネ店で「矯正の必要がない程度の乱視」と言われたことがある程度でした。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 眼科
専門家:  McEye 返答済み 4 年 前.
初めまして。眼科に関するご質問全般にお答えしております。この回答で不十分と思われましたら、追加で質問していただいて構いません。納得のできる回答を出したいと思います。

「光源からの光線や反射が大変眩しいようです。グレア―というのでしょうか?光の脚?が手術前と比べて比較 にならないほど長く延びているといいます。夜間の外出を嫌がるようになっています。」という症状(訴え)ですが、医師が手術前の説明で触れていないと、よく訴えられる症状で手術結果への不満や医師への不信感のもとになることが多いです。
原因としては、手術後残存する乱視によるものや水晶体の袋の皺に起因するもの、角膜の傷跡に起因するものなどがあります。対策としては、乱視が原因の場合には、乱視を補正する眼鏡を使用していただくことです。その他の原因では、偏向フィルターを装用していただくことです。

ご質問の記述からは、手術に起因する術後乱視が原因であると考えられますので、適切な眼鏡を処方していただき、まずは夜間に眼鏡を装用して外出していただくことをお勧めします。眼鏡をどうしても装用したくないということであれば、術後乱視の手術による補正 が必要になります。これは、角膜に手を加える方法で、角膜に切開を加えたり、レーシック手術を施す方法ですが、乱視がよほど強い場合でなければ、眼鏡の装用だけで解決する問題ですのであまりお勧めいたしません。

なお、術後の乱視発生については、白内障手術につきものの一般的な問題ですが、術前に主治医から説明が十分でなかった場合には、医師不信の原因に陥りやすいものです。必ずしも手術の失敗ということではありませんので、ご安心ください。

視野の端に影が見える症状も、手術に伴う一般的な症状で、これは眼内レンズの縁で散乱を起こした光が原因です。
どうしても気になる場合には、私は瞳孔を小さくする点眼薬(緑内障治療に使用するものですが)を処方して様子を見るようにしています。通常は、数ヶ月で気にならなくなることが多いのですが、神経質な方はずっと気にして訴え続けることが多いです。眼内レンズを取り出して、大きなものに変更することで解消できる可能性もありますが、レンズの摘出再移植に伴うリスクが大きすぎるので、お勧めしません。

どちらの症状も、術後の日数が経過すれば、軽減してくるのですが、気にしているといつまでも気になってしまいます。眼内レンズを挿入された患者さんにはつきものの一般的な症状です(全員が訴える訳ではありませんが)ので、主治医の言われる通りに、「人工のレンズに変えたのだからこんなものなのだ」とご納得いただくのが一番の解決の早道です。

専門家:  McEye 返答済み 4 年 前.
回答にご不満があれば、取り消していただいて結構です。
質問者: 返答済み 4 年 前.

早速、ご回答頂きましてありがとうございます。

お手数をおかけして恐縮ですが、一つ追加質問をお許しください。

妻の症状と眼内レンズの選択とは関係がないのでしょうか?ご回答の中の「大きなもの(注:眼内レンズ)に変更…。」とあるのに関連してうかがう次第です。

妻の症状につきましては、一般的によくある症状で、乱視補正眼鏡または偏光グラスの装用、ならびに瞳孔を小さくする点眼薬のほかにはお勧めいただける手立てはないとのこと承りました。

ただ、白内障の手術を受けた多くの人たちが、近、遠、乱の補正だけ?で不自由なくステキな日々を過ごしておられるようですし、その反面、妻と同様に、決して少なくないと思われる人が、手術後の不具合に悩んでいるようなことも耳にします。だれの?なにが?どう?違うのか、割り切れない思いが残っています。

当方としましては、不自由な老境の日々を過ごさなくてもいいように、ご回答を参考に、主治医、病院眼科に症状軽減のための処置、処方をお願いするようにしたいと考えています。

専門家:  McEye 返答済み 4 年 前.
直径が大きいレンズは、挿入口が大きくなるため、乱視が強くなります。
このため、私は網膜に疾患がある場合などに限定して選択しております。
専門家:  McEye 返答済み 4 年 前.
追加します。

リング状の影や光が見える症状は、個人差はあるもののかなり多くの方が自覚されているものだという印象があります。
医師から説明がなくても、「眼内レンズを入れたのだからこういうものなのだ」と納得して気にしない方と、医師が説明をしていても、「これは異常だ」と悩む方の差は、性格的なものだと把握しております。つまり、楽天的な性格の方は、「こんなものだ」と受け入れてしまうのに対し、「他の人の話では、もっときれいに見えるはずだ。自分はおかしい」と分析されてしまうのだと思います。
患者さんの中には、視力が0.2から0.4に改善しただけで「大変明るくなった」大喜びされる方もいらっしゃれば、0.6から0.9まで改善しても、「1.0出ないのはおかしい」と不満をもたれるかたもいらっしゃいます。要は、その方の性格なのだとおもいます。
奥様の病状をご心配されるお気持ちはよくわかりますが、ご主人が冷静な立場で奥様に接し、ご一緒に悩むのではなく、奥様のお気持ちを和らげていく方向でじっくりとお話されることが必要ではないでしょうか?
本来は、これも医師の役目なのですが、多忙な外来の中でそのような対応をしていくのは、現実には難しいということをご了解戴ければ幸いです。
McEyeをはじめその他名の眼科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

ご回答を頂きましてありがとうございました。3月24日20:25までのご回答に評価させていただいたのですが、同日20:44の追加のご回答と入れ違いになってしまったようです。不慣れでご迷惑をおかけし申し訳ありません。


その後、後発白内障の治療を受けるなどして、一進一退の様子ですが、年内をめどに乱視調節を試みていただくことになっています。ありがとうございました。

専門家:  McEye 返答済み 4 年 前.
症状の軽減が得られると良いですね。
質問者: 返答済み 4 年 前.

ありがとうございました。

専門家:  McEye 返答済み 4 年 前.
ご評価いただきましてありがとうございました。

眼科 についての関連する質問