JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
McEyeに今すぐ質問する
McEye
McEye, 眼科専門医
カテゴリ: 眼科
満足したユーザー: 710
経験:  眼科開業です
61876492
ここに 眼科 に関する質問を入力してください。
McEyeがオンラインで質問受付中

初めて相談させていただきます。 61歳男性です。 2000年11月に左眼のみ老人性白内障手術を行い 以後、遠近・中近・近々の多焦点メガネを使い分けてきました。 昨年秋口

解決済みの質問:

初めて相談させていただきます。
61歳男性です。

2000年11月に左眼のみ老人性白内障手術を行い
以後、遠近・中近・近々の多焦点メガネを使い分けてきました。
昨 年秋口ごろから遠くが2重に見え、PCや新聞などもちらつくなどして来た為
度数が合わなくなったと思い、12月に遠近を1月初旬に近々メガネを作り直しました。
しかしながら、見えづらさが一旦解消したものの1週間ほどで再び見づらくなり
特に近くを見る時やPC操作時がひどく、仕事柄PC操作が必須でとても困っています。
又、眼の奥のほうに痛みを感じることが日に数度あります。

メガネ店に相談したところ、
「左右の裸眼視力に差があるのである程度は我慢してもらうしかない」
と言われました。と同時に
「裸眼視力が前回測定値と今回測定値で差がある」
とのことです。検査機器(NIDEK AR-360A?)のデータは
  2013.1.8測 定  2013.1.8測定
左  -4.5    -4.5
右  -6.75   -7.25
とのことです。

前置が長くなりましたが、質問です。

その1:
裸眼視力が短期間に急速に進む原因として何がありますでしょうか?
また、進行を止める策はないのでしょうか?

その2:
不等同視対策として、かかりつけの眼科医から
「まだ白内障ではないが右目も白内障手術」
を提案されていますが、何か他の対策は考えられませんでしょうか?
ちなみに小生コンタクトレンズ使用経験はなく、
10代後半よりずっとメガネ使用のみです。
なお、右目で矯正視力1.0まで出せておりかすみなどの症状もありません。

その3:
白内障手術後視力安定してから5年から10年レンジで考えた場合に
近視度数(裸眼視力)が進行(変化)することはありますか?
ちなみに小生の場合、左の眼内レンズ度数は不明です。
白内障手術の際、医師から特段通知は無く、当方から確認もしませんでした。

その4:
4年ほど前に両眼に異常(痛み他)を感じ、
眼科医にて「ぶどう膜炎の疑いあり」と診断され、
症状が落ち着いた以後は、毎日眼圧低下剤(キサラタン)を点眼しています。
このことが今回の件に影響していることは考えられますでしょうか?

ご教示のほどよろしくお願いします。

(以上)
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 眼科
専門家:  McEye 返答済み 4 年 前.
初めまして。眼科に関するご質問全般にお答えしております。この回答で不十分と思われましたら、追加で質問していただいて構いません。納得のできる回答を出したいと思います。


その1:
裸眼視力が短期間に急速に進む原因として何がありますでしょうか?
また、進行を止める策はないのでしょうか?

眼精疲労の場合には、急激に変化する場合があります。
角膜の障害や不安定な状態は、急激な視力低下を引き起こすことがあります。
進行を止める方法というよりも、原因に対する対策が必要です。



その2:
不等同視対策として、かかりつけの眼科医から
「まだ白内障ではないが右目も白内障手術」
を提案されていますが、何か他の対策は考えられませんでしょうか?
ちなみに小生コンタクトレンズ使用経験はなく、
10代後半よりずっとメガネ使用のみです。
なお、右目で矯正視力1.0まで出せておりかすみなどの症状もありません。

手術した右目が-4.5なのに対し左の-7.25は、かなり左右差があり、明らかに不同視の状態です。
一般に不同視の矯正としては、次の選択肢があります。
1)不同視は解消せずに、近視眼鏡の度数を、左右とも−4.5に合わせてしまう。
2)コンタクトレンズを用いて、不同視を解消する。
3)レーシックなどの屈折矯正手術を受け、不同視を解消する。
4)他眼に白内障手術を行い、−4.5に合わせる。

1)は視力の左右差が残るので、うっとうしく見えますが、目の疲れは解消できます。
2)コンタクトレンズの装用は、一度は 試してみる価値があります。快適に使用できれば、白内障手術の時期を遅らせることができます。3)これは費用もかかり、いずれ白内障が進行すれば無意味になってしまいますので、お勧めではありませんが、両眼とも受けることで、両眼とも遠方が快適に見えるようになります。4)現在の白内障の程度がわかりませんが、健康保険を使ってできる治療ですので、左眼の結果に満足されて居られるのならお勧めです。


その3:
白内障手術後視力安定してから5年から10年レンジで考えた場合に
近視度数(裸眼視力)が進行(変化)することはありますか?
ちなみに小生の場合、左の眼内レンズ度数は不明です。
白内障手術の際、医師から特段通知は無く、当方から確認もしませんでした。

あります。手術を受けていない目でも、年齢とともに角膜が変化し、乱視の度数が変化することがあります。
また、手術に伴って発生する乱視があり、これは1年以内に変動します。その他に、一般的ではありませんが、眼内レンズの固定状況が変化して眼内でレンズが微妙に移動し度数が変化することがあります。

その4:
4年ほど前に両眼に異常(痛み他)を感じ、
眼科医にて「ぶどう膜炎の疑いあり」と診断され、
症状が落ち着いた以後は、毎日眼圧低下剤(キサラタン)を点眼しています。
このことが今回の件に影響していることは考えられますでしょうか?

併発緑内障あるいは続発性緑内障ですね。緑内障点眼薬の中には、角膜の上皮(表皮)に障害を引き起こす事があり、これが視力に影響を及ぼす事があります。殆どの場合、角膜障害が治癒すれば、視機能は戻ります。
専門家:  McEye 返答済み 4 年 前.
以上の他にお聞きになりたいこと、また、回答が不足でしたらご指摘戴ければ幸いです。
McEyeをはじめその他名の眼科カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  McEye 返答済み 4 年 前.
回答に何か不足がございましたら、ご指摘戴ければ幸いです。

眼科 についての関連する質問