JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
McEyeに今すぐ質問する
McEye
McEye, 眼科専門医
カテゴリ: 眼科
満足したユーザー: 709
経験:  眼科開業です
61876492
ここに 眼科 に関する質問を入力してください。
McEyeがオンラインで質問受付中

3年ほど前だったと思うのですが、当時、神戸クリニックでレーシックの手術を受けました。視力は一旦は恐らく両目とも1.2

解決済みの質問:

3年ほど前だったと思うのですが、当時、神戸クリニックでレーシックの手術を受けました。視力は一旦は恐らく両目とも1.2くらいまでは戻ったと思うのですが、徐々に視力が落ち始めてきております。最近の人間ドックでは、左目が0.8で右が0.4と診断されました。確かに、左が見難く、自然光が多いときは比較的見え易いのですが、夜間や疲れがでると右目の見えに くいのが気になっております。私が受けた手術は、何度でも無料で行ってもらえるということで、結構始めに他よりも高いお金を支払ったのですが、果たして、もう一度手術を受けるべきかどうかに悩んでおります。手術を受けるとしても、同じところで受けるか、それとも別のところで更に新しい機械や方法で手術するとことに変更した方が良いのかも悩むところでございます。ちなみに前に受けた手術は、クラップを作ってレーザを当てる方法のものであります。確かに、この3年、当時が0.1を下回る視力であったので、裸眼の魅力は棄て難く、良いアドバイスをいただけないでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 眼科
専門家:  McEye 返答済み 4 年 前.
初めまして。眼科に関するご質問全般にお答えしております。この回答で不十分と思われましたら 、追加で質問していただいて構いません。納得のできる回答を出したいと思います。

とりあえず、携帯からのアクセスですので、詳しい回答は後ほどさせて頂きたいと存じます。

質問させてください。

まだ、視力の良い左目で見たときに、手元の見え方はいかがでしょうか?
老眼が入っているので、細かい字が裸眼では見づらくないでしょうか?
また、右眼は、近視に戻っているので、細かい字は裸眼でも読めるでしょうか?

質問者: 返答済み 4 年 前.


回答ありがとうございます。手元の見え方は、良くなくなりました。よって、仕事中は老眼鏡をかけております。右目は、以前、0.1以下でしたので極近くしか見えなかったので、それと比較すると近くでも見えにくい感じがします。


右目が見え易い時は、右目も老眼がもっと強い状態にありました。


これで回答になっておりますでしょうか?


このような状況でして、車の運転もするので右目だけ、再度に、同じ病院で、同じクラップを作ってレーザで手術することをリトライするか、


それとも新しい手術手法があるのであれば、新たに料金を支払って行うような方法を取るべきかを悩んでおります。


また、一度、レーシック手術後に視力が落ちるような環境や体質の人は、又、同じように手術をしても同じように落ちる可能性が極めて高いというのが通説なのでしょうか?


さらに、レーシック手術は、角膜を削って調整すると聞いており、この角膜の薄くなるという状態が将来のリスクとして多大なものとなる可能性があるのでしょうか?

専門家:  McEye 返答済み 4 年 前.
また、一度、レーシック手術後に視力が落ちるような環境や体質の人は、又、同じように手術をしても同じよう に落ちる可能性が極めて高いというのが通説なのでしょうか?

レーシック手術後に、矯正効果が減弱し近視に戻ることをリグレッションと言います。これは、最初の手術で矯正効果を得るために角膜を削った厚みと、残った角膜の厚みのアンバランスによって生じます。角膜を削る前の厚みが十分であれば、リグレッションは起こりません。したがって、最初の手術の適応を決める段階で無理があったのではないだろうか?と推察致します。

さらに、レーシック手術は、角膜を削って調整すると聞いており、この角膜の薄くなるという状態が将来のリスクとして多大なものとなる可能性があるのでしょうか?

上述のように、角膜の厚みが薄くてリグレッションが起こった場合にも、更に角膜を削って矯正を追加することはできますが、十分な角膜の厚みがない場合には、またリグレッションが生じてしまうことになります。したがって、どちらのクリニックでも構いませんので、現在の角膜の厚みを計測してもらい、追加切除が可能かどうかを判断して貰う必要があります。
もし、十分な厚みがないままに追加切除を行うと、角膜が大きく変形し、コンタクトや眼鏡を使っても矯正ができなくなるような恐れがあります。
McEyeをはじめその他名の眼科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

ありがとうございました。検査にて削った場合に、更に、リグレッションが発生しても眼鏡等で矯正できる程度の厚みが残るのかどうなのかを相談して決めたいと考えます。

眼科 についての関連する質問