JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
McEyeに今すぐ質問する
McEye
McEye, 眼科専門医
カテゴリ: 眼科
満足したユーザー: 709
経験:  眼科開業です
61876492
ここに 眼科 に関する質問を入力してください。
McEyeがオンラインで質問受付中

黄斑変性

解決済みの質問:

43才の女性です。
眼科で黄斑変性と診断され、場所がちょうど真ん中なので、手術は、出来ないと言われました。
進行を止めるために、アバスチンの注射を勧められましたが、他にもルセンティスという薬剤もあるのに、アバスチンの説明しかなく、後から自分で調べて、ルセンティスともう1種類、全部で三種類の薬剤があることを知りました。にもかかわらず、あえて未承認のアバスチンしかないような説明であったことに納得がいきません。もし治験が目的なら、なおのことです。
費用面は別として、この三種類の薬剤の違いを明確に知った上で、選択したいと思います。それぞれに一長一短があるとおもいますが、費用面以外の違いを教えて下さい。よろしくお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 眼科
専門家:  McEye 返答済み 4 年 前.
初めまして。眼科に関するご質問全般にお答えしております。この回答で不十分と思われましたら、追加で質問していただいて構いません。納得のできる回答を出したいと思います。

ルセンティス、アバスチン、アイリーアの三種の薬剤 のことですね。専門的には若干の差があるのですが、作用や効果自体には、大きな差はありません。な
もともと、ルセンティスが正式承認される前には、他に黄斑変性に使用できる薬が無く、新生血管を抑制する効果のあるアバスチンが代用されてきた経緯があります。
アバスチンは健康保険適応ではないので、自由診療になりますので、治療費用を自由に設定できます。ルセンティスよりも安い費用で実施してあげることも、高く請求することも可能です。
アイリーアは、保険適応が最近認められた薬剤ですが、合成された薬なので、ルセンティスよりも若干低い価格になっています。

治療を受ける病院は、どのような施設ですか? 大学病院、公立病院、私立病院、個人のクリニックの何れですか?
質問者: 返答済み 4 年 前.
早速のご回答ありがとうご ざいます。
治療を受ける病院は、市民病院群の450床の医療センターです。
ルセンティスに関する説明はなく、アバスチンを薬剤費用は病院負担で使用するということです。

未承認医薬品を薬剤費用無料でと言われ、実験台にされるような気がしてこのような質問を投稿しました。

ご回答からすると、病院や製薬会社がアバスチンの承認をとるためにやっていることではないということでしょうか?

実際の身体に対する、効果やリスクが同等なら、アバスチンで問題ないと思うのですが、ルセンティスの方が少しでも優れているのであれば、お金がかかっても、そちらの方がいいのかなと思っています。

よろしくお願いします。
専門家:  McEye 返答済み 4 年 前.
私自身は、海嶺黄斑変性症の専門家では ありませんので、両者の効果の差や、同等の効果が期待できるかどうかについては、判断できる立場にはありません。あくまでも一般的な眼科専門医の知るレベルでの回答になることをご了承ください。

さて、市民病院のような公的な施設でアバスチンの承認を取るために...ということであれば、治験には患者さんの同意が必要です。従って、その目的で...ということはあり得ないと考えます。

すでに保険適用が承認されているルセンティスを使用せずに、わざわざアバスチンを使用することのメリットがあるとすれば、患者さんの費用負担の軽減以外に考えにくいと思います。アバスチンアは、本来抗がん剤として使われてきたものを黄斑変性の治療に応用した経緯があります。価格は高いのですが、ルセンティスと異なり、ひと瓶で何人もの患者さんに投与することが可能です。しかも、健康保険で定められた適用以外の使用方法なので、保険請求できません。このため、薬剤費用を無料にするか、自由診療になります。

効果については、アバスチンが視力改善効果ではなく維持効果であるのに対してルセンティスは改善効果が期待できるとの報告もありますが、実際の症例ではどちらが優れているかどうかというよりも、ケースバイケースのようです。ルセンティスが発売される以前には、アバスチンでの治験が行われてきましたが、ルセンティスが正式承認されてからは、日本では黄斑変性に対しては使用されていないと思われます。

疑問を持たれたままで治療を受けるよりも、主治医にきちんとした説明を求められた方がよいと思います。
McEyeをはじめその他名の眼科カテゴリの専門家が質問受付中

眼科 についての関連する質問