JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
McEyeに今すぐ質問する
McEye
McEye, 眼科専門医
カテゴリ: 眼科
満足したユーザー: 709
経験:  眼科開業です
61876492
ここに 眼科 に関する質問を入力してください。
McEyeがオンラインで質問受付中

LI術後、グレア(羞明)が強く、後嚢下白内障、前嚢下白内障の両方である場合、LIによる白内障と考えてよろしいでしょうか。

解決済みの質問:

LI術後、グレア(羞明)が強く、後嚢下白内障、前嚢下白内障の両方である場合、LIによる白内障と考えてよろしいでしょうか。

 なお、本件は術後、両眼とも硝子体混濁やフィブリン析出、炭化形成、凝固班があり、眼科診療プラクティス 眼科検査ガイドの6頁には、硝子体混濁がある場合ぶどう膜炎が疑われるとあり、事実虹彩炎が長引いており、眼科診療ガイドの253頁には、ぶどう膜炎が遷延化すると白内障の発生率は高くなるとあります。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 眼科
専門家:  McEye 返答済み 4 年 前.
http://www.justanswer.jp/eye/73i5n-.html
と同一の方ですね。
回答はご覧になりましたか?
私の回答は期限切れになっておりますが、回答に不備がありましたら、お教えください。
McEyeをはじめその他名の眼科カテゴリの専門家が質問受付中

眼科 についての関連する質問