JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
McEyeに今すぐ質問する
McEye
McEye, 眼科専門医
カテゴリ: 眼科
満足したユーザー: 710
経験:  眼科開業です
61876492
ここに 眼科 に関する質問を入力してください。
McEyeがオンラインで質問受付中

レーシック受けたいです。近視乱視老眼の3重苦で近いも遠いも見えずらいです。片眼0.1以下の強度の近視です。近医に相談

解決済みの質問:

レーシック受けたいです。近視乱視老眼の3重苦で近いも遠いも見えずらいです。片眼0.1以下の強度の近視です。近医に相談しても角膜の正常数の下限値に近いからといわれました。やっぱり無理でしょうか。受けるとしたら最高級アマリスZレーシックとできたら老眼対策のカメラとやらもいれてみたいです。無理でしょうか。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 眼科
専門家:  McEye 返答済み 5 年 前.
初めまして。眼科に関するご質問全般にお答えしております。この回答で不十分と思われましたら、追加で質問していただいて構いません。納得のできる回答を出したいと思います。

「近視乱視老眼の3重苦で」というのは本当に大変ですね。もし、レーシッ クを受けられる状況であれば、高度の近視は補正され、老眼鏡のみ使用すれば済むようになります。(老眼鏡は接待に必要です)しかし、適応がないとすれば、ICL移植が適応となります。ICLは眼内に移植する屈折矯正を目的とした眼内レンズです。ICLであれば、角膜の厚みを変える必要はありません。どのような高度な近視でも補正の対称となります。

しかし、現在、老眼がしっかり入っている年齢でしたら、ICLを挿入しても、老眼の影響は残ってしまいます。遠くはよく見えるようになっても、手元は老眼鏡がなければ殆ど見えません。
従って、高度の近視も治して、老眼も矯正するとなれば、他の方法が必要です。この場合、屈折矯正目的で水晶体除去を受け(白内障手術と同じです)、多焦点眼内レンズを移植して貰うのが一番だと思います。というのは、すでに老眼が入っている年齢では、今後、調節力の低下や、白内障が進むのは目に見えているからです。
質問者: 返答済み 5 年 前.

返答ありがとうございます。追加でお聞かせください。


多焦点眼内レンズ移植この年齢でやってるかたいるんでしょうか。でもこれをいれれば今後の白内障手術は回避できるということでいいのでしょうか。某クリニックでやっているカメラインは芸能人の評価はあるようですが他はあまりききません。レーシック適応外となったらやはり人工レンズを考えたほうが安全ということですよね。人工レンズの手術となると一般の眼科のある病院のほうが安全でしょうか。

専門家:  McEye 返答済み 5 年 前.
年齢を伺って居りませんでした。

白内障は、水晶体を眼内レンズに置換すれば、進行しません。
また、水晶体に調節力が残っているのであれば、眼内コンタクトレンズと呼ばれる、ICLがお勧めです。
専門家:  McEye 返答済み 5 年 前.
人工レンズの手術に関しては、一般眼科をお勧めします。
McEyeをはじめその他名の眼科カテゴリの専門家が質問受付中

眼科 についての関連する質問