JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
McEyeに今すぐ質問する
McEye
McEye, 眼科専門医
カテゴリ: 眼科
満足したユーザー: 710
経験:  眼科開業です
61876492
ここに 眼科 に関する質問を入力してください。
McEyeがオンラインで質問受付中

6ケ月前くらいから複視(両眼でみると物が二重に見える)の症状が出始め、一日に2回くらい 症状がでるようになりました

質問者の質問

6ケ月前くらいから複視(両眼でみると物が二重に見える)の症状が出始め、一日に2回くらい
症状がでるようになりました。時間は長くて3分前後です。発症しているときは、手足のしびれ
などはありません。8ケ月前に左小脳梗塞で入院したことがあるのですが、その時も複視の症状があり、担当医師から即入院という指示がありました。が、手足のまひなどもなく現在に至っています。検査を受けようと思うのですが、どのような検査が適切ですか?またどこの窓口にいけばいいのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 眼科
専門家:  McEye 返答済み 5 年 前.
初めまして。眼科に関するご質問全般にお答えしております。この回答で不十分と思われましたら、追加で質問していただいて構いません。納得のできる回答を出したいと思います。

複視の原因は、小脳硬塞と関係がありそうですね。
脳外科での再検査と、眼科の受診をお勧めします。
脳外科では、CTやMRIなどの画像診断。
眼科では、眼球の動きに関する検査が中心になります。
ただ、脳外科での検査では、原因となる病変部分を特定できない場合も少なくありません。

質問者: 返答済み 5 年 前.
再投稿:回答が不完全.
専門家:  McEye 返答済み 5 年 前.
簡潔過ぎましたでしょうか?iPhoneから取りあえず回答しましたので、短くなりましたが、回答の主旨お伝えしたつもりでしたが...。

さて、可能性のある疾患としては、間歇性斜視と眼筋麻痺の両方の可能性があります。小脳梗塞の既往があるということですので、脳幹付近にある動眼神経核付近の微細脳梗塞の可能性も否定できません。また、 短時間で回復しているようですので、間歇性斜視の可能性もあります。文章だけでは、どちらの可能性もあると思います。

<検査を受けようと思うのですが、どのような検査が適切ですか?>
脳外科での再検査と、眼科の両方の受診をお勧めします。
脳外科では、CTやMRIなどの画像診断で、特に小脳、脳幹付近の病変の有無の検索が必要です。
眼科では、眼球の動きに関する検査が中心になります。
眼筋機能検査:目の動きの制限を確認します。
両眼視機能検査:両眼で物をみたときのズレを調べます。

<またどこの窓口にいけばいいのでしょうか?>
できれば、眼科、脳外科両方の診療科のあるような病院で検査を受けていただくのが宜しいかと存じます。

なお、追加ですが、手足の痺れや麻痺がないということを協調されておりますが、ご承知かと思いますが、脳の眼球運動障害を起こす場所と手足の痺れや麻痺を起こす場所は異なりますので、「痺れや麻痺が無いから梗塞の可能性が低い」とは言い切れません。

また、軽微な障害のうちは責任病巣がみつからない場合も多いので注意が必要です。
上記以上のご回答をお求めでしたら、他に何をお知りになりたいのか、質問項目をご追加ください。
専門家:  McEye 返答済み 5 年 前.
情報リクエストに対するご追加が無いようですので、上記の文章を回答とさせていただきます。
専門家:  McEye 返答済み 5 年 前.
回答させていただきましたが、不十分でしたでしょうか?
何か他にご質問があれば、ご追加ください。

眼科 についての関連する質問