JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
McEyeに今すぐ質問する
McEye
McEye, 眼科専門医
カテゴリ: 眼科
満足したユーザー: 709
経験:  眼科開業です
61876492
ここに 眼科 に関する質問を入力してください。
McEyeがオンラインで質問受付中

私は現在、71歳になる男性です。緑内障と診断されて7~8年になります。左目がおかしいと気付いた時はかなり進行した状態

質問者の質問

私は現在、71歳になる男性です。緑内障と診断されて7~8年になります 。左目がおかしいと気付いた時はかなり進行した状態でした。右目もありますが、初期の段階だそうです。      
左目の視野は30㎝離して上下7~8㎝で右方向は正面ぎりぎりで左方向は薄く何とか見える状態です。治療はずっと続けていますが、眼圧が左16ぐらい右11前後です。しかし年に1~2回、左目の眼圧が19~20ぐらいに上がります。その関係か左の視野がこの1~2年で少しずつ狭くなってきています。それでこの先じょじよにわるくなって、失明
に到るのか、又ほかに良い治療方法があるのか、教えてください。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 眼科
専門家:  McEye 返答済み 5 年 前.
初めまして。眼科に関するご質問全般にお答えして おります。この回答で不十分と思われましたら、追加で質問していただいて構いません。納得のできる回答を出したいと思います。

緑内障の治療の基本は、点眼薬によって眼圧を下げ続けることにあります。
近年、点眼薬治療が進歩して、手術を必要とするような症例は激減しましたが、それでもコントロール不良の症例があり、薬物療法以外の治療が必要なかたもいらっしゃいます。

レーザーで凝固して眼内液の排出を促す方法も試されたとのことですのですが、眼圧が10前後まで下げられていないのであれば、手術療法も考慮されてはいかがでしょうか?なお、レーザーの治療方法で、SLTという方法を試みられたのであれば、この治療はくり返し行うことができますので、主治医にご相談なさってみてください。
質問者: 返答済み 5 年 前.

レーザー治療の相談をと言う事ですが、その前に左目がなぜ常時、眼圧が高いかと言う事とは、ほかに何か原因はと考えるんですが、また今の時点でその施術をした場合のリスクはどうですか。それと、緑内障の進行の原因が眼圧だけに起因するんでしょうか。     

年齢からして普通、進行の度合いはどんなんですか。じわじわ進行するのか、それとも、ある時、急に悪くなるのかが気になって心配です。施術するのであれば早いほうがいいんでしょうか。     

専門家:  McEye 返答済み 5 年 前.
1 左眼の眼圧が高い原因は、眼内液の流出路のフィルターの目詰まりによるものと思われます。その他の原因も可能性がない訳ではありませんが、診察をしている訳ではありませんので、一般的なお答えになります。

2 手術のリスク(手術によって視力などの視機能が低下するリスク)は、視野の進行度によって異なりますので、一概には言えません。

3 眼圧の下降のみが、緑内障の進行を抑える唯一の治療です。薬物療法で十分に抑えきれない場合には、手術を考慮します。緑内障の進行(すなわり視野の悪化)は、不十分な眼圧コントロールが主な原因です。

4 末期の緑内障では、進行の最終段階で、急激に進行する場合がありますが、通常はゆっくりとしか変化しません。そのため、視野検査は通常3ヶ月〜半年の間隔でしか検査を行いません。

5 手術は、必要だと判断されたら、早めの方が無難です。しかし、同時に、手術の適応は慎重に決められるべきだと思います。
専門家:  McEye 返答済み 5 年 前.
上記の回答で不十分でしたら、遠慮なくご追加の質問を戴ければ幸いです。

眼科 についての関連する質問