JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
McEyeに今すぐ質問する
McEye
McEye, 眼科専門医
カテゴリ: 眼科
満足したユーザー: 710
経験:  眼科開業です
61876492
ここに 眼科 に関する質問を入力してください。
McEyeがオンラインで質問受付中

息子が小さいころ左上瞼が数回腫れ、その後上瞼がたるみ元に戻らなくなり、一回目はたるんだ瞼を切除、その後又腫れてたるみ

質問者の質問

息子が小さいころ左上瞼が数回腫れ、その後上瞼がたるみ元に戻らなくなり、一回目はたるんだ瞼を切除、その後又腫れてたるみ、二回目は足の筋肉を移植してたるんだ瞼を切除しました。現在は上瞼は逆まつげ状態になり、今度は下瞼が外に裏返り、病院に行っても原因が分かりません。ほんとうにかわいそうで仕方ありません。どうかよいアドバイスをお願いします。 瞼の腫れは当時わからず、後でアレルギーだろうと言われました。現在は息子は高校1年です。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 眼科
専門家:  McEye 返答済み 5 年 前.
初めまして。眼科に関するご質問全般にお答えしております。この回答で不十分と思われましたら、追加で質問していただいて構いません。納得のできる回答を出 したいと思います。

瞼が外に垂れてしまう病状を、眼瞼外反症といいます。
「息子が小さいころ左上瞼が数回腫れ、その後上瞼がたるみ元に戻らなくなり」という記述から瞼の筋肉のたるみが生じていることが推測されます。
手術の結果「上瞼は逆まつげ状態になり、今度は下瞼が外に裏返り」ということから、下眼瞼の弛緩症とそれに伴う上眼瞼の内反症が起こっているようです。

前回の手術は何科で行われたのでしょうか?また、その手術の名前がわかりましたらお教えください。
ご回答いただければ、更に詳細な情報をお伝えしたいと思います。
質問者: 返答済み 5 年 前.

早々のお答えありがとうございます。手術は久留米医大の形成外科で眼瞼下垂症だったと思います。今年になって病院で検査しましたが、原因がわからないので、しばらく様子を見ようということでした。私が一番心配なのは、このままの状態で様子を見ていて大丈夫なのか、また直る方法はあるのか心配です。もし直る方法があるのなら、どのような方法があるのか、またその治療費はどれくらいかかるのか心配です。お忙しい中、本当にありがとうございます。

専門家:  McEye 返答済み 5 年 前.
眼瞼の外反症があれば、形成外科だけでなく眼科を受診して、眼球表面に異常がないか調べてもらってください。
表面の乾燥が、角膜などに悪影響を及ぼす可能性があるからです。
その結果問題がなければ、主治医の言う通りに経過をみても大丈夫だと思います。
なお、費用などは、健康保健を使うか自費でおこなうのかで、かなり異なります。
この回答で不十分であれば、質問をご追加してください。
質問者: 返答済み 5 年 前.

先生のアドバイスで少し不安が取り除かれました。ありがとうございます。最後に外反症は手術で直るものなのでしょうか。よろしくお願いします。

専門家:  McEye 返答済み 5 年 前.
眼瞼外反症は麻痺が強くなければ(麻痺性の眼瞼外反症の場合も手術対象にはなりますが、完全に治すのが難しい場合もあります)手術で治せる病気です。眼科を受診された際に、その点もよくご相談されたら良いと思います。
もし、宜しければ、眼科受診のあとに眼科主治医の意見をご記入いただければ、ご質問にお答えいたしますので、承認は保留のままにしておいてください。
専門家:  McEye 返答済み 5 年 前.
申し訳ありませんが、急いで回答したために私が病状を誤って認識していたかもしれま せん。
整理してみたいと思います。
1)「息子が小さいころ左上瞼が数回腫れ、その後上瞼がたるみ元に戻らなくなり、」というのは、瞼の炎症に伴う眼瞼下垂だと推測いたします。
2)「たるんだ瞼を切除、その後又腫れてたるみ、二回目は足の筋肉を移植してたるんだ瞼を切除しました。」というのは、弛んだ眼瞼挙筋(瞼を吊上げる筋肉)のたるみを切除して治療したということだと思います。
3)「現在は上瞼は逆まつげ状態になり」というのは、眼瞼内反症ですね。瞼が眼球側にまくれ込み、逆まつげになります。
4)「今度は下瞼が外に裏返り」というのは、下眼瞼の眼瞼外反症です。

外反症に対し、どのような手術が...というのは、文章のみでは説明が大変困難ですので、直接医師の説明を受けていただく方が良いと思いますが、大きく弛んだ組織を切除して縮める方法、筋肉を移植して再生する方法、弛んだ皮膚を切除して縮める方法などがあります。
上眼瞼の内反症については、眼瞼の皮膚や眼瞼の芯になっている瞼板という組織を修正する方法が考えられます。

費用等については、手術方法や入院の有無などで大きく異なりますので、直接医療機関でお尋ねください。

最後に、形成外科の技術は進歩しており、相当に重症な例(例えば、火傷による瞼の欠損など)でも、審美的にも大きな問題が残らないほどに修復できるようですので、しっかりとご相談なさるのが宜しいかと存じます。

十分な回復をお祈りしております。
質問者: 返答済み 5 年 前.

先生の暖かいアドバイス本当にありがとうございます。お言葉に甘えてもう少しだけ、このまま保留にさせてください。よろしくお願いします。

専門家:  McEye 返答済み 5 年 前.
了解いたしました。
主治医の診察後にまた、ご連絡ください。

眼科 についての関連する質問