JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
McEyeに今すぐ質問する
McEye
McEye, 眼科専門医
カテゴリ: 眼科
満足したユーザー: 710
経験:  眼科開業です
61876492
ここに 眼科 に関する質問を入力してください。
McEyeがオンラインで質問受付中

顆粒状角膜変性と診断され、角膜をレーザーで削る手術をしたのですが、その後、物が多重に見えるようになり、人の顔がぐちゃ

質問者の質問

顆粒状角膜変性と診断され、角膜をレーザーで削る手術をしたのですが、その後、物が多重に見えるようになり、人の顔がぐちゃぐたに見えてしまいます。医師は仕方がないとおっしゃりますが、どうしようもないのでしょうか。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 眼科
専門家:  McEye 返答済み 5 年 前.
初めまして。眼科に関するご質問全般にお答えしております。この回答で不十分と思われましたら、追加で質問していただいて構いません。納得のできる回答を出したいと思います。

角膜の専門家ではございませんので、ご了承下さい。

さて、顆粒状角膜変性は、角膜の表層に混濁ができる異常ですが、表層の角膜切除を行うと除去でき るとされています。しかし、角膜切除の深さには限界があり、また、正常部分と混濁部分では削れ方に微妙な差が生ずるので、混濁が残留したり、角膜表面に凹凸が残ってしまう場合があります。その場合、角膜不正乱視のために光が散乱したり、光路が分裂したりするので、ぶれて見えてしまいます。

対策としては、下記が考えられます。

1)更に深くまで追加の角膜除去を行う:これは、屈折度数に影響が出るのと、角膜が薄くなりすぎると角膜の形状が変化するので、視力や屈折度数が安定しないことがあります。ご相談されてみてください。

2)深層角膜部分移植:(deep lamelar keratoplasty)これは、角膜をもっと深くまで取り除いてしまいます。そして、同じ厚みに調整した角膜移植片と交換する方法です。この手術にはそれなりの副作用がありますので、よくご相談下さい。

3)コンタクトレンズ装用:混濁がなく、不正乱視のみでしたら、コンタクトレンズの装用が有効です。でこぼこの角膜表面にコンタクトをのせる事で、不正乱視が解消されます。

とりあえず、執刀医にご相談され、必要があれば紹介を受けると良いと思います。

眼科 についての関連する質問