JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 眼科
満足したユーザー: 14381
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 眼科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

レーシックと抗コリン作用について。自分は17歳の男で5月の末に誕生日を迎え直ぐにレーシック手術をしたいと思ってい

解決済みの質問:

レーシックと抗コリン作用について。
自分は17歳の男で5月の末に誕生日を迎え直ぐにレーシック手術をしたいと思っています。

そこで質問なのですが、今は花粉症の薬とか痔の薬を飲んでいるのですが、昔から他人の目が気になってしまうので心療内科の方で抗不安剤とかを飲んでいます。

そして、レーシックの適正検査を受けようと思い品川近視クリニックの最高級アマリスZレーシックの予約をしました。
そうしたら「今飲んでいる薬はありますか?」と聞かれ正直に花粉症のとか抗不安剤の名前を言いいました。
しばらくして受付の方が「精神薬を3種類以上飲んでいる方は半年間手術ができません。」と言われました。ですが、免許を取ったりと、どうしても早くレーシックしたいので「前に通ってた時の薬のことで今は飲んでいません」と嘘を言ってしまいました。
確認したらレーシック協会の方で3種類以上飲んでいる人は受けられないみたいですね。

ちなみに飲んでいる薬は、
ソラナックス0.4mgx3○
サイレース2mgx 1○
メデタックス1mgx1○
パーキネス2mgx1○
ロナセン4mgx1
メイントーワ2.5mgx1
イリボー5ugx1
です。

花粉症等のお薬は問題ないと言われました。
自分で調べた結果、上の4つ〇が付いている薬に抗コリン作用があるみたいです。
ですが、レーシックまでは抗コリン作用のない薬にしてしまえば眼圧が通常の値になるので手術に問題ないのではと思っています。

以上ですが聞きたいのは、
1,飲んでいる薬の抗コリン作用がどこまでレーシックに関わってくるのか。
2,抗コリン作用だけでなくほかの精神薬で眼圧が上がったりレーシックに関わるようなことはあるか。
3,抗コリン作用のある薬を止めたとして直ぐには眼圧は元に戻らないか。(特にメデタックスは半減期が60~300時間あるようです。)
4,レーシックが成功したとして、また抗コリン作用のある薬をのんでも大丈夫か。

の4点です。
いつも行ってる心療内科の先生(結構な経歴で知識は非常にある方です)は飲んだとしても問題ないと言っていますが、友達の薬剤師は慎重に調べてからの方がいいと言ってました。

一生ものの目なのでたくさんの方の助言いただけると嬉しいです。
長文失礼しました。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 眼科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.

こんばんは。猫山と申します。精神科医です。

この場合、向精神薬を処方する側ということになります。

 

他の相談サイトに投稿された相談者様の同じご質問への回答も拝見しました。

http://www.mag2qa.com/qa7371214.html

 

向精神薬を服用されている患者様にレーシック手術が勧められない理由は抗コリン作用だけではありません。

 

1つの理由は、ご懸念のように、向精神薬がもつ抗コリン作用が視力の調節機能に影響を与えるため、正確な手術矯正量が得られず術後の目的度数に誤差が生じやすいためです。

 

さらには、向精神薬の中には「光過敏症」を呈するものがあり、レーザー照射によって角膜に混濁をきたすことがあります(相談者様が服用されているお薬の中に光過敏症を呈するものがあるかどうかは確認できませんでした)。これも向精神薬を服用されている患者様にレーシック手術を行うことのリスクです。

http://www.sam.hi-ho.ne.jp/tootake/1994.8.1.htm

 

最後の理由は、他サイトでも指摘されていましたが、向精神薬を多剤服用しなければならない状態にある患者様は、そもそもレーシック手術を受けられる精神状態にはないのではないかと(非精神科医には特に)見做されることです。

向精神薬を多剤併用するような患者様は、レーシック手術後から視力が安定するまでの数ヶ月間に頻繁に起こるドライアイや視力の変動といった要因によって精神的に不安定になるのではないか、そもそもそういったリスクを理解する能力が十分ではないのではないかということを、眼科医が危惧するわけです。

 

私としては、相談者様が服用されているお薬の中に抗精神病薬であるロナセンが含まれていること、そもそもそれを飲むに至った理由が「他人の目が気になってしまう」ことであること、そして向精神薬を多剤服用されていることから、「一生ものの目」に大きく影響を及ぼすレーシック手術を受けるにあたっては慎重な上にも慎重な判断が必要になるのではないかと考えます。

 

以上、ご参考になれば幸いです。

猫山司をはじめその他名の眼科カテゴリの専門家が質問受付中

眼科 についての関連する質問