JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
McEyeに今すぐ質問する
McEye
McEye, 眼科専門医
カテゴリ: 眼科
満足したユーザー: 710
経験:  眼科開業です
61876492
ここに 眼科 に関する質問を入力してください。
McEyeがオンラインで質問受付中

眼科でぶどう膜炎といわれました。網膜がほとんど浮いている状態で、強く硝子体手術を勧められています。 でも、眼底検査

質問者の質問

眼科でぶどう膜炎といわれました。網膜がほとんど浮いている状態で、強く硝子体手術を勧められています。
でも、眼底検査、細隙灯検査で網膜に穴は見つけられないとのことで、手術をうけることについて、迷っています。左目だけに症状があり、全身のステロイド投与は適当でないといわれたのですが、薬で治す方法はないのでしょうか。現在、薬は処方されていません。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 眼科
専門家:  McEye 返答済み 5 年 前.
初めまして。 眼科に関するご質問全般にお答えしております。この回答で不十分と思われましたら、追加で質問していただいて構いません。納得のできる回答を出したいと思います。

回答が遅れ、申し訳ありません。

ご質問は、手術によらずに薬剤で治療ができないかと言うことで宜しいでしょうか?

網膜の剥離が網膜の穴が原因ではないと言うことを前提に回答させて戴きます。
網膜の穴が原因ではないと言うことは、漿液性剥離と言って、ブドウ膜炎が原因で、網膜下にリンパ液のような液体が貯留した状況が推定されます。
この場合には、炎症がかなり強い状況であることが伺われます。
このような状態だとすれば、点眼で完治させることは難しく、ステロイドの内服か、テノン嚢下注射といって眼球の後ろの部位に注射する方法があります。


眼科 についての関連する質問