JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
McEyeに今すぐ質問する
McEye
McEye, 眼科専門医
カテゴリ: 眼科
満足したユーザー: 709
経験:  眼科開業です
61876492
ここに 眼科 に関する質問を入力してください。
McEyeがオンラインで質問受付中

初めて投稿します。よろしくお願いいたします。 5才の女の子の斜視についてご相談です。 両目の外斜視と片方の目の弱

質問者の質問

初めて投稿します。よろしくお願いいたします。
5才の女の子の斜視についてご相談です。
両目の外斜視と片方の目の弱視と2年前に診断され、弱視の方の目の視力を上げて両目の視力を近くしてから手術する。と言われ昨年からアイパッチを使っています。その結果、弱視の方が0.9まで上がり、もう一方(1.0)と差がなくなったので手術をしましょう。と言われました。
娘のケースは、10人同じ症状の子がいれば、10人に手術を勧めるし、両眼視が不得意なの を就学前に治さないと、間に合わなくなる。とも言われています。かなり大きな病院での診察なのですが、全身麻酔を使う心配もあり、セカンドオピニオンとして、有名な病院へ診察を受けに行ったところ、診察結果が全く違い戸惑っています。
こちらでは、両眼視の不得意は治らないし、アイパッチは害にしからないから絶対に使ってはいけない。弱視の方の目はメガネを掛ければ殆ど目立たないから、手術の必要はない。と言うのです。
いったいどちらを信じればよいのか迷っています。
なにか、良いアドバイスがあれば是非お願い致します。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 眼科
専門家:  McEye 返答済み 5 年 前.
初めまして。眼科に関するご質問全般にお答えしております。この回答で不十分と思われましたら、追加で質問していただいて構いません。納得のできる回答を出したいと思います。

外斜視の程度(ずれの大きさ)がご質問内容ではわかりませんでしたので、どちらのドクターの意見が良いのか私にも判別しかねます。 そこで、お勧めしたいのは、セカンドオピニオンの医師の説明結果を主治医の先生に質問されてみてはいかがでしょうか?
アイパッチが害になると言われたようですが、現実には0.9まで視力が改善してきていますよね?
もし、主治医の先生の反論が理路整然として納得できるならば、その先生にお任せして良いのではないかと思います。
なお、両眼視の機能を改善させるために手術を勧めるのであるとすれば、5歳という年齢はちょうど良い時期だと思われます。
McEyeをはじめその他名の眼科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

ご回答ありがとうございます。

判断しかねる質問の仕方で申し訳ございません。具体的な数値について、医師の説明を記憶していないのでこの様な形になってしまいました。恐縮ですが、もう少しお話をさせて下さい。

 

主治医にセカンドオピニオンの見解を話すのは、主治医の治療法で視力が上がった事とその医師の性格を考え併せると、とても躊躇ってしまいます。

今は、サードオピニオンを探すことを考えていますが、どのように病院や医師を捜せばよいのかアドバイスをお願いします。地域は東京周辺です。

因みに、セカンドオピニオンは、ネット検索をして登場回数が多く評判の良さそうな個人病院を選びました。主治医は、近所の眼科で紹介された国立病院です。

 

弱視・斜視について自分なりに調べたのですが、解らない事があり質問します。

もともとは弱視があり、そこから斜視になり両眼視の不得意が起こる事がある。という文を読みました。娘がこのパターンなのかは不明ですが、医師によると、両目の斜視の度合いは強く、片目が弱視で診察当初は視力が0.1もなかったそうです。最近の診断では、近くの両眼視はできてきているが、遠くは不得意で直ぐに疲れてしまうでしょう。とのこと。

斜視の手術は簡単で、15分もあれば終わりますが、結果が必ず保障されてはいないようです。

 

弱視は、0.9まで視力が上がりましたが、これは手術をしなくても安定しし続けるものなのでしょうか?今後もパッチやメガネは必要なものでしょうか?

 

斜視は、場合によっては術後また戻ってしまい複数回の手術が必要な場合もあるが、外見的なものは年齢が上がっても治せる。と見聞きしました。これは信用できますか?

 

一番解らないのは両眼視です。

脳の機能の関係で、就学前年齢が手術で結果を期待できる限界(主治医はこちらの見解です)。とある記述が多いようですが、一方で10才位までは大丈夫。とする記述も見受けます。どちらも、その年齢以降は改善の期待はできない。とあります。

手術が有効な年齢は、本当は何歳なのでしょうか?

 

「両眼視が不得意」とは、例えば3D映画が3Dとして観えない。距離感をつかむ事が苦手。といった事だとききました。将来、運転免許証を取得できなかったり友人と3D映画を観に行けなかったりするような事になるのでしたら、必ず治してあげたいのです。

どうか、良いアドバイスをお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

専門家:  McEye 返答済み 5 年 前.
先ず、両眼視機能の件から。
個人差はありますが、この機能は、かなり高度な機能で、小学校に上がる前くらいまでが一番発達します。
従って、両眼視機能の確保を目標にするのであれば、小学校入学前の時期に手術が必要なのではないかと考えます。
言い方を変えれば、もし、両眼視機能の回復の望みがないのであれば、手術は急ぐ必要がなく、コスメティックな補 正を望むのであれは、もっと成長してからの手術の方が良いのではないかと思います。
セカンドオピニオンの先生は、こちらの立場だと思います。
なお、手術は、確かに一度では終わらない可能性があるのですが、完全でなかったとしても両方の目の視線が重なりやすくなるので、やはり、可能であれば、手術をしてあげるのが良いのではないですか?
お子さんの将来を考えると、最終的な効果がどの様な予測でも、一度はトライしてあげて欲しいと思います。

他の項目については、時間の関係で明日以になります。
専門家:  McEye 返答済み 5 年 前.
「両眼視が不得意」とは、例えば3D映画が3Dとして観えない。距離感をつかむ事が苦手。といった事だとききました。

A その通りです。

将来、運転免許証を取得できなかったり友人と3D映画を観に行けなかったりするような事になるのでしたら、必ず治してあげたいのです。

A 致命的なハンデではなく、大型や特殊免許でなければ、自動車免許の取得には問題ありません。
しかし、直せなければ、一生続くものですので、可能性に掛けてあげたらいかがでしょう。

サードオピニオンを求めてみるのも、ひとつの手段ではありますが、私はあまりお勧めしません。
複数の意見 を求めるのは、主治医の意見でよいかどうか、納得するためであり、多数決をとるためではありません。
検査を受けるお子さんの負担も、考慮すべきですし。
むしろ、主治医とよく話し合って、納得できるようにするべきです。

セカンドオピニオン医師の意見も踏まえながら、話し合いをされてはいかがでしょうか?
その際、論点を整理したメモをご用意されると良いでしょう。

眼科 についての関連する質問