JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ganka1に今すぐ質問する
ganka1
ganka1, 眼科専門医
カテゴリ: 眼科
満足したユーザー: 16
経験:  眼科専門医として10年以上勤務。一般眼科の他、眼瞼の形成にも携わっています。
63885951
ここに 眼科 に関する質問を入力してください。
ganka1がオンラインで質問受付中

突然大きな円や四角の飛蚊症がおこり、そのうち充血、左眼球の違和感から眼科受診してまる2週間。硝子体、網膜が炎症と診断

質問者の質問

突然大きな円や四角の飛蚊症がおこり、そのうち充血、左眼球の違和感から眼科受診してまる2週間。硝子体、網膜が炎症と診断され、抗生物質セフゾン内服、抗菌剤とステロイド剤点眼しています。当初あった左目のひどいもやもや感は大分軽減しましたが、左目はまだらに白濁してみえるところがあり(その場所では物の縁が細かくがたがたにみえる)、視力が悪くなっています。内服薬は週4日分であと3日は飲まない日があります。薬を飲まないと症状が悪くなる感じがしていますが、このままの治療で炎症が治まり、よくなるでしょうか。


ひどいもやもやのときは、幾層にもぼけた線や雲のような物が見え、また非常に細かい黒い点が一面にちらばったような面も見えるときがありました。目を閉じたとき、ときたま左目の視野の左下の縁にぼやっとした白黒がみえるときがあります。

投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 眼科
専門家:  ganka1 返答済み 5 年 前.
 質問内容を拝見いたしました。

 「硝子体、網膜の炎症」と一口に言っても、その原因となる疾患は非常にたくさん有ります。実際にかかっている疾患や個々の患者さんの状態によ って、治療方針や、病気が今後どうなるかは非常に個人差があります。
 質問者がしなくてはならないことは、まずは主治医の先生によく説明をしてもらうことです。正式な病名、現在の目の状態、今後の治療方針など、これらのことにきちんと答えられるのは、主治医の先生だけです。
 どうぞお大事になさってください。

 質問内容をもとに文章を作成しました。
 これは診察結果ではありません。あくまで参考意見の一つです。
 最終判断は、かならず眼科専門医の診断のもとで出すよう、くれぐれもお願いいたします。

眼科 についての関連する質問