JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
McEyeに今すぐ質問する
McEye
McEye, 眼科専門医
カテゴリ: 眼科
満足したユーザー: 710
経験:  眼科開業です
61876492
ここに 眼科 に関する質問を入力してください。
McEyeがオンラインで質問受付中

三歳の男児です。  赤ちゃんのころから光をまぶしがります。 天気の良い日は、外に出ると必ずまぶしくて下を向いて歩き

解決済みの質問:

三歳の男児です。  赤ちゃんのころから光をまぶしがります。
天気の良い日は、外に出ると必ずまぶしくて下を向いて歩きます。
涙も出ることがありますし、充血することもあります。
雪遊びなどは、特にまぶしくてにがてです。

まだ眼科には行っていませんが、こういう場合、どのような病気が
考えられるでしょうか。
また、どのような治療方があるでしょうか。
宜しくお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 眼科
専門家:  McEye 返答済み 5 年 前.
初めまして。眼科に関するご質問全般にお答えしております。この回答で不十分と思われましたら、追加で質問していただいて構いません。納得のできる回答を出したいと思います。

幼児の羞明の原因は、頻度の高いものから挙げると、逆睫毛などが原因で発生する角膜の障害、ぶどう膜炎など眼内の炎症、先天性白内障 などが考えられます。
涙目や充血を伴っていることから、角膜の傷にともなう症状があると考えるのが自然ですね。
逆睫毛や角膜炎などの可能性が高いと思われます。

治療は、逆睫毛なら抜毛や手術、角膜炎では点眼治療などか行われます。
なお、幼児期の角膜障害は、視力の発達が阻害されて弱視となる事がありますので、早めに専門医を受診されるようにお勧めします。
McEyeをはじめその他名の眼科カテゴリの専門家が質問受付中

眼科 についての関連する質問