JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
McEyeに今すぐ質問する
McEye
McEye, 眼科専門医
カテゴリ: 眼科
満足したユーザー: 709
経験:  眼科開業です
61876492
ここに 眼科 に関する質問を入力してください。
McEyeがオンラインで質問受付中

緑内障の方の住宅の照明について質問です。 住宅の場合蛍光灯や最近ではLED照明を多く用いますが、目に障害がある方に

解決済みの質問:

緑内障の方の住宅の照明について質問です。
住宅の場合蛍光灯や最近ではLED照明を多く用いますが、目に障害がある方に対して気をつけることをご教授ください。
電球色の照明を使いたいと思いますが昼白色とは目に対して違いはあるのでしょうか?
明るさはどのくらいにしたら目に優しいのでしょうか?
やはり光源が見えるような眩しいものは避けた方がいいのでしょうか?
よろしくお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 眼科
専門家:  McEye 返答済み 5 年 前.
初めまして。眼科に関するご質問全般にお答えしております。この回答で不十分と思われましたら、追加で質問していただいて構いません。納得のできる回答を出したいと思います。

「緑内障の方の住宅」ということですが、どの程度の障害のある方を想定して居られますか?

おそらく、 視野狭窄が進行して居り、日常生活に支障があるようなケースを想定して居られるのだと思いますが、緑内障でも生活上は健常者となんら変わらない生活を送られているかたもありますし、その程度によります。
もし解りましたら、その方の障害の程度をお知らせください。

1 その方の視力 2 その方の視野の角度 3眩しさの自覚の有無
質問者: 返答済み 5 年 前.

ありがとうございます。

視力等はわかりませんが普通の生活をされています。

これから高齢者が中心の住宅が多くなってきます。

照明を決める場合注意することがあったら教えてほしいのです。

 

専門家:  McEye 返答済み 5 年 前.
一般的な注意点で宜しいようですね。
建築関係の専門家ではありませんので、視覚にハンデのある高齢者を想定して解答させていただきます。

緑内障の方を含めて、視力に問題のあるかたは、事故にきをつける必要があります。
物が良く見えないと一言で表現しますが、視力の低下による問題の他にも、コントラストの低 下、眩しさ、霞み等色々な要素があります。
ですから、視覚に問題がある方が安全に暮らすためには、こういった点に配慮が必要となります。
幾つか挙げてみます。
床の段差はわかりにくいので、なるべく段差のないほうが望ましく、段差があるばしょでは、床の色を変えるなどの配慮が必要だと思います。壁や天井も明るく、間接照明を利用して、眩しさを防ぐとともに、照明の死角が発生しないようにする配慮が必要だと思います。
また、スイッチの場所なども、暗い部分を歩かずに手が届く方が望ましいと思います。理想を言えば人感センサーなどか利用できると良いです。
一般的には照明は明るい方が良いのですが、強すぎれば、逆に見にくくなったり、眩しさを感じますので、個人の快適さに合わせられるように、調光できることが理想です。
この点、調整のできないLED照明を使用する場合には、複数の系統に分けて組み合わせで変えられるほうが望ましいと思います。また、ダウンライトなどは、光源が直接目に入らないようにする配慮も必要だと思います。

思いつくまま羅列しましたが、何か他にも気になる事があれば、追加してください。
McEyeをはじめその他名の眼科カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  McEye 返答済み 5 年 前.
一般的な注意点で宜しいようですね。
建築関係の専門家ではありませんので、視覚にハンデのある高齢者を想定して解答させていただきます。

緑内障の方を含めて、視力に問題のあるかたは、事故にきをつける必要があります。
物が良く見えないと一言で表現しますが、視力の低下による問題の他にも、コントラストの低下、眩しさ、霞み等色々な要素があります。
ですから、視覚に問題がある方が安全に暮らすためには、こういった点に配慮が必要となります。
幾つか挙げてみます。
床の段差はわかりにくいので、なるべく段差のないほうが望ましく、段差があるばしょでは、床の色を変えるなどの配慮が必要だと思います。壁 や天井も明るく、間接照明を利用して、眩しさを防ぐとともに、照明の死角が発生しないようにする配慮が必要だと思います。
また、スイッチの場所なども、暗い部分を歩かずに手が届く方が望ましいと思います。理想を言えば人感センサーなどか利用できると良いです。
一般的には照明は明るい方が良いのですが、強すぎれば、逆に見にくくなったり、眩しさを感じますので、個人の快適さに合わせられるように、調光できることが理想です。
この点、調整のできないLED照明を使用する場合には、複数の系統に分けて組み合わせで変えられるほうが望ましいと思います。また、ダウンライトなどは、光源が直接目に入らないようにする配慮も必要だと思います。

思いつくまま羅列しましたが、何か他にも気になる事があれば、追加してください。
専門家:  McEye 返答済み 5 年 前.
一般的な注意点で宜しいようですね。
建築関係の専門家ではありませんので、視覚にハンデのある高齢者を想定して解答させていただきます。

緑内障の方を含めて、視力に問題のあるかたは、事故にきをつける必要があります。
物が良く見えないと一言で表現しますが、視力の低下による問題の他にも、コントラストの低下、眩しさ、霞み等色々な要素があります。
ですから、視覚に問題がある方が安全に暮らすためには、こういった点に配慮が必要となります。
幾つか挙げてみます。
床の段差はわかりにくいので、なるべく段差のないほうが望ましく、段差があるばしょでは、床の色を変えるなどの配慮が必要だと思います。壁や天井も明るく、間接照明を利用して、眩しさを防ぐとともに、照明の死角が発生しないようにする配慮が必要だと思います。
また、スイッチの場所なども、暗い部分を歩かずに手が届く方が望ましいと思います。理想を言えば人感センサーなどか利用できると良いです。
一般的には照明は明るい方が良いのですが、強すぎれば、逆に見にくくなったり、眩しさを感じますので、個人の快適さに合わせられるように、調光できることが理想です。
この点、調整のできないLED照明を使用する場合には、複数の系統に分けて組み合わせで変えられるほうが望ましいと思います。また、ダウンライトなどは、光源が直接目に入らないようにする配慮も必要だと思います。

思いつくまま羅列しましたが、何か他にも気になる事があれば、追加してください。
専門家:  McEye 返答済み 5 年 前.
同じ文を複数送信してしまいました。失礼しました。

眼科 についての関連する質問