JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 眼科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 眼科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

2週間前に父が白内障の手術をしました。しかし視力はあまり回復しませんでした。 再検査をしたら黄斑前膜といわれました

解決済みの質問:

2週間前に父が白内障の手術をしました。しかし視力はあまり回復しませんでした。
再検査をしたら黄斑前膜といわれました。白内障の手術後は経過は良好でいまのところなんの問題もありません。
日本で黄斑前膜の手術を受けようと思いますが
白内障手術後何ヶ月あるいは何週間たったら再手術が可能でしょうか?
分かる範囲で結構なので、アドバイス下さい。
よろしくお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 眼科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんにちは。猫山と申します。

黄斑前膜の手術は白内障の手術後すぐにでも可能ですよ。

黄斑前膜の治療法は硝子体手術になります。
局所麻酔下で目に3か所穴をあけ、カッターで硝子体(眼球内に詰まったセリー状の物質)を取り除き、網膜の中心部の黄斑部の上に癒着している薄い膜を除去する手術です。
癒着が強くない場合は手術時間は30~40分程度です。

水晶体が透き通っていないと網膜が見えないので、白内障がある場合は水晶体手術と硝子体手術を同時(白内障手術⇒硝子体手術)に行うことがあるくらいです。

手術後、視力が落ち着いてくるのは、半年から1年です。最終的な視力は手術前の状態によりさまざまです。視力回復自体ははほとんどの患者さんで期待できますが、黄斑前膜ができてから手術を受けるまでの期間が長いほど改善に要する時間が長くなります。
従って、手術そのものはすぐにできますが、手術をすればすぐに見えるようになるというわけではなく、手術後のフォローアップが重要になります。

「日本で」とのご記載がありますが、海外在住の方でしょうか?
質問者: 返答済み 5 年 前.
両親は駐在で北京に住んでおります。父の黄斑前膜の手術は中国ではもちろんのこと日本でも無理でしょうと
中国で白内障を手術したお医者さんにいわれました。ネットでいろいろ検索すると簡単な手術ではないが日本では可能とのこと。
診断書には黄斑前膜、黄斑裂孔、網膜劈裂とかかれていました。日本で再検査してちゃんと診断を受けないといけないのですが
いづれにしても手術をすることとなるのは間違いないとおもいます。手術後の手当ても重要なんですね。
細かい説明ありがとうございました。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
少しでもお役に立てたのであれば幸いです。

ただ、白内障の手術でも術後診察はそれなりの頻度であったのではないかと思いますが。
黄斑前膜ともなれば、眼球の深奥部の手術になりますから、術後のフォローアップは非常に重要です。
質問者: 返答済み 5 年 前.
猫山先生
ご返信ありがとうございます。
この手術自体難しいものなのでしょうか?父は今年66歳になりますが、特に気をつけなければならない事などありますでしょうか?術前術後のお医者様からのフォローはもとより、本人が気を付けるべき点などアドバイス頂けますようお願い致します。
池田
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信ありがとうございます。

手術の難易度は黄斑前膜の癒着の程度と、網膜病変の有無によって違ってきます。
硝子体は加齢ともに縮退し、眼球の内壁から剥がれていきます。
硝子体は眼球後部で網膜と癒着していることが多いため、縮退する時に網膜を引き剥がすように牽引します。

最終的に硝子体は網膜から離れるわけですが、時に視力の中枢たる黄斑に硝子体の一部が付着して残ることがあります。これが黄斑前膜です。
また、硝子体が剥がれる時に、網膜に裂孔が生じることがあります。

黄斑前膜の癒着が強かったり、網膜裂孔があったすると手術の難易度は飛躍的に高くなります。そうした場合は日帰り手術では済まされませんし、術後の視力回復にも月単位の時間を要します。

ご本人が注意をして病状を改善できる部分は残念ながらありません。眼球の中でかなりの偶発性のもとで重症度が決まる疾患ですので。
気をつけるとしたら術後の安静でしょうか。重症度によってはうつ伏せの姿勢で数日を過ごさなければならないことがあります。

適切な診断、術式の選択、術後のフォローアップのためにも、レベルの高い医療機関で検査や治療を受けられることをお勧めします。

ちなみにこれは相談者様のご質問でしょうか?
http://okwave.jp/qa/q7208310.html
こちらでも良い回答が得られるとよいですね。
猫山司をはじめその他名の眼科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.
猫山先生

 ご連絡ありがとうございました。
 頂きましたアドバイスを父に伝え手術に臨みたいと思います。
 中国での駐在が長く、病院でもきちんと診断されているのかどうかなのか・・・
 と不安になる事が多々ありました。
 ※鍼灸、漢方なら良いのでしょうが。
 今回このようなサービスに出会う事ができ、大変感謝しております。
 
 お忙しい中、色々親切にして下さってありがとうございました。

 池田華子

 http://okwave.jp/qa/q7208310.html
 ↑は母が出したものだと思います。
 
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
少しでもお役に立てたのであれば幸いです。

お父様のご快癒を祈念しております。


※このサイトは個人が特定できる情報の書き込みを禁じていますし、公開サイト(会員でなくてもスレッドを読める)ですので、最後に書かれたお名前が本名であるなら、サポートデスクに連絡して消してもらったほうがいいかもしれません。

眼科 についての関連する質問