JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 眼科
満足したユーザー: 14342
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 眼科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

最近、視力がひどく落ちてきました。昨年、転落事故で眼下底骨折を2ケ所しました。 その影響だと思います。会社の健康診

質問者の質問

最近、視力がひどく落ちてきました。昨年、転落事故で眼下底骨折を2ケ所しました。
その影響だと思います。会社の健康診断で、役場へ障害者手帳の申請もできると言われました。
障害者手帳を交付してもらえる基準は、あるのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 眼科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんにちは。猫山と申します。

身体障害者福祉法における視覚障害の定義を満たせば、眼科受診後、市町村福祉事務所に申請をすることで障害者認定され、身体障害者手帳が交付されます。

ただ、相談者様の場合、矯正視力が仮に0.1あるのだとすれば、障害者認定の基準は満たさない可能性が大です。
視覚障害には1級から6級までありますが、軽症の5級と6級の基準が、

5級:両眼の視力の和が0.13以上0.2以下のもの。
6級:一眼の視力が0.02以下、他眼の視力が0.6以下のもので、両眼の視力の和が0.2を超えるもの
となっていますから(この基準の「視力」は矯正可能な方については矯正視力が適用されます)、相談者さまの場合はどちらも満たしていません。

単純に視力だけではなく、視野の欠損が基準に用いられる場合もありますので、その検査のためには眼科を受診されて視野検査を受ける必要がありますが、私としては、別の理由で眼科受診をお勧めしたいと思います。

眼窩底骨折そのものでは視力の低下は起こりません(物が二重に見える「複視」や、眼球運動障害起こることはあります)。視神経管骨折を伴っていれば視力障害は起こりますが、それはあったとすれば眼窩底骨折と同時に起きていたはずです。また、この場合の視力障害は眼鏡やコンタクトレンズによる矯正がききません。

眼窩底骨折が昨年で、視力の低下が最近始まったのだということですから、この両者の間に因果関係はないのかもしれません。
視力低下の原因を精査して、治療可能なものであれば視力の回復も期待できますから、ぜひ一度眼科を受診し、検査を受けられることをお勧めします。

眼窩底骨折との関係も検討しなければならないでしょうから、CTやMRIがある大きな病院の眼科が望ましいと考えます。

以上、ご参考になれば幸いです。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
拙回答をご閲覧いただきありがとうございました。もし、回答の内容に不足な点がございましたら、可能な範囲で対応いたしますのでご質問をご追加いただけますと幸いです。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
拙回答をご閲覧いただきありがとうございました。もし、回答の内容に不足な点がございましたら、可能な範囲で対応いたしますのでご質問をご追加いただけますと幸いです。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
拙回答をご閲覧いただきありがとうございました。
もし、回答の内容に不足な点がございましたら、可能な範囲で対応いたしますのでご質問をご追加いただけますと幸いです。

眼科 についての関連する質問