JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
McEyeに今すぐ質問する
McEye
McEye, 眼科専門医
カテゴリ: 眼科
満足したユーザー: 709
経験:  眼科開業です
61876492
ここに 眼科 に関する質問を入力してください。
McEyeがオンラインで質問受付中

/12 R-COHP

解決済みの質問:

左眼窩マルトリンパ腫で7/12に切除術をおこない取りきれない部分があるため只今R-COHP療法中です。術前から左目じりにサーモンピンクのアメーバ― 状の腫瘤があり術後もしばらくみられましたが、眼窩腫瘍や術後の創の腫れから筋肉や脂肪が押し出されているのだろうとの主治医・眼科医の説明でした。つい最近インターネットで眼瞼・結膜のマルトリンパ腫の特徴的な外見と記載があり、今は左目じりの軽度充血がみられる程度ですが、術前術後と左目の異物感・疲労感がとれません。そのことを主治医・眼科医に訴えましたが点眼(ビタミン)で様子みてていいとの返答で点眼をつづけましたが変化がありません。術前のMRIで左眼下縁にも眼窩同様の腫瘍病変がみられますとのコメントがありそのことがきになり数回主治医に確認しましたが、やはり眼窩の腫瘍による圧迫の影響としか言われませんでした。サーモンピンクの腫瘤がとても気になり、結膜腫瘍もあるのではないかと心配です。セカンドオピニオンを受けるべきでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 眼科
専門家:  McEye 返答済み 5 年 前.
初めまして。眼科に関するご質問全般にお答えしております。この 回答で不十分と思われましたら、追加で質問していただいて構いません。納得のできる回答を出したいと思います。

詳細な記述でのご質問ではありますが、直接拝見しておりませんので、気にされている病状が腫瘍によるものかどうかについてコメントは避けたいと思います。

セカンドオピニオンにつきましては、今までの経緯から推察します所、良好な信頼関係が構築されていないようですので、他の先生にご意見を求められるほうが良いと思います。
そのうえで、両者の見解が一致すれば、ご安心できると考えます。
McEyeをはじめその他名の眼科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.
もし、結膜のマルトリンパ腫であっても治療法としては同様であり経過観察しても問題はないですか?
専門家:  McEye 返答済み 5 年 前.
回答として適切かどうかわかりませんが、サイト検 索した文章をお知らせします。

眼窩領域のMALTリンパ腫は、眼以外に及ぶことが少なく、病気が生命にかかわることはまれです。放射線療法によって、80%以上の治癒率が期待できます。一部の限られた症例報告では、手術を繰り返すことでも良好な局所コントロールが得られるようです。他眼に再発することがしばしばありますが、その場合は全身病として抗がん剤投与が必要かどうかはわかっていません。放射線療法でも、無再発生存が十分得られます。
http://ganjoho.jp/public/cancer/data/MALT_lymphoma.html#top

もし、局所再発であったとしても、結膜の機能を損なったり、違和感が出たりしなければ、急いで切除する必要はなさそうです。

この点も、直接、主治医にご相談されることをお勧めします。
McEyeをはじめその他名の眼科カテゴリの専門家が質問受付中

眼科 についての関連する質問