JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 眼科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 眼科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

(

質問者の質問

来月から、息子(24歳)アメリカに一年程遊びに行くのですが(自費でぶらり旅)病気になった場合はどうすれば良いのですか?
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 眼科
専門家:  猫山司 返答済み 6 年 前.

費用のことを心配されているのでしょうか? それとも言葉の問題を心配でしょうか。

おそらく両方であろうと考えて回答いたします。

 

留学するわけでも定住されるわけでもないようですので、米国の医療制度上、ぶらり旅をしている外国人が、具合が悪くなったら近所の病院に飛びこんで診てもらう、というのはかなり難しいだろうと思います。

 

その時その時の滞在地で診療可能な提携病院を紹介してくれる、日本語ヘルプデスク付きの海外旅行保険に加入されるべきでしょう。

1年間滞在となると保険料は膨大な額になると予想しますが。

専門家:  docmmart 返答済み 6 年 前.
私は、在米の医師です。 ERで働いているので、こういう質問にはお答えしやすいです。
今までに、日本人の旅行者が急に病気になり、お手伝いしたことがありますよ。

期間が、一年ということですが、ビザを取られて入国されるんですよね。
この場合、旅行保険を買われる時に一年間十分カバーしてくれる保険を買う必要があります。

旅行保険は、どの ERでも使えますよ。どのERでもたとえ軽症であってもどんなに複雑な状態であってもEMTALAというたらいまわしのできない法律が確立されていて、診療を拒否されることはありません。そして、どの病院にも24時間体制のERがついています。

また 急に病気になった時は、このサイトで私を指名してくだされば、どのように応急手当をすれば良いかアドバイスができると思いますので、その旨、息子さんにお伝え下さい。全面的にバックアップさせていただきますよ。ご安心ください。

また、開業している日本人も西海岸や、ニューヨーク、ニュージャージーにはたくさんおられ、そのようなところでは旅行保険も取ってもらえますし英語が堪能であるのなら、開業しているふつうのアメリカ人の開業医に電話して保険を取ってくれるかどうか聞いて見るのもいいですね。

言葉でお困りなら、特に医療用語は難しくて理解ができないなら、AT&Tという大手電話会社が通訳サービスをやってくれます。
つまり、病院で十分説明をしたい、受けたいという時はそういうサービスも簡単に受けられますので覚えて置いて下さいね。ERで、その旨リクエストすればいいのです。

旅行保険会社は、猫山先生のご指摘の通り、日本語ヘルプデスクがあります。24時間サービスで対応してくれ、フリーダイアルです。

もし、具合が悪くなられて、ERに飛び込んだとしましょう。 保険の提示を求められますが、その時点で電話を借りてレジストレーションを済ませると簡単ですよ。

他に何かご質問はありますか。 大概のアメリカ事情に関してはお答えできると思います。

アメリカの医療費はほんとうに高いです。 どうか、保険だけはたとえ高くついても日本にいるうちに入って来て下さいね。
専門家:  猫山司 返答済み 6 年 前.
三井住友海上保険の海外旅行保険ですと、プランによりますが、1年間までの滞在で約150,000~300,000円くらいの保険料ですね。
http://www.ms-hoken.com/price/travel.html

アメリカに行かれるならアメリカの保険会社の方が安くつくようですが。

眼科 についての関連する質問