JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
mycom7に今すぐ質問する
mycom7
mycom7, 眼科医
カテゴリ: 眼科
満足したユーザー: 18
経験:  日本眼科学会認定眼科専門医
61177950
ここに 眼科 に関する質問を入力してください。
mycom7がオンラインで質問受付中

70歳男性で10年前よりインシュリンと血統降下剤を使用してます。血糖値は160〜250と高めで、先日視力低下で眼科を

解決済みの質問:

70歳男性で10年前よりインシュリンと血統降下剤を使用してます。血糖値は160〜250と高めで、先日視力低下で眼科を受診したところ眼底出血と診断されました。糖尿病性網膜症は末期ときいておりますが、失明にいたらず回復する方法はないでしょうか。
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 眼科
専門家:  mycom7 返答済み 6 年 前.

進行した糖尿病性網膜症の治療は
●血糖値コントロール
●網膜汎光凝固による増殖性変化抑制
●必要に応じて循環改善剤等の内服
が基本です。これらが奏功すれば進行を阻止することができます。

さらに重症で、網膜浮腫が強い場合、増殖性変化が強い場合、血管新生緑内障を伴う場合などでは
●ステロイド剤のテノン嚢下注射
●抗VEGF製剤の硝子体内投与
●網膜硝子体手術による増殖膜・出血・硝子体の除去(白内障手術と同時におこなうことも多い)
などの追加治療をおこないます。

それらの治療が奏功すれば、失明に至る最悪の事態を避けることができるはずです。
ただし、出血が邪魔をしているだけで網膜機能が落ちていない場合は治療での視力回復が期待できますが、いったん網膜機能が低下してしまった状態では視力回復が困難です。

重症の糖尿病網膜症は我々眼科医にとっても非常にやっかいな疾患の一つです。治療に抵抗して不幸な転帰をとる難症例も少なからず存在することも事実で、年間3000人が糖尿病により失明しています。
そうならないように主治医とよく相談しながら、しっかりと治療に取り組んでください。

質問者: 返答済み 6 年 前.
眼科では、まだ治療の必要がないのか、半年後に再診するよう言われただけで、どんな段階にあるのか説明はありませんでした。かかりつけの糖尿病専門医に説明したいのですが、次に眼科を受診した時にどんなことをきいておけばよいのでしょうか?またいまできる日常生活での注意点などあれば教えてください。
専門家:  mycom7 返答済み 6 年 前.

「半年後に再診」の指示がでているとすれば、網膜症はまだごく初期で

「血糖コントロールだけで眼科的には経過観察のみで良い」

という段階かもしれませんね。

(本当に半年後の指示でしたか?間違って聞いてないかは少々気になります)

 

「眼科的に経過観察だけでよい」段階であれば、日常生活では血糖値をよくするために、

●食事を栄養バランスよく、摂取カロリーに気をつける

●運動を適度にする

ということが肝要です。

 

あと片目ずつ隠してみて、いつもと同じように見えているか毎日チェックして、異常を感じたら即受診というふうにしていただければと思います。

 

mycom7をはじめその他名の眼科カテゴリの専門家が質問受付中

眼科 についての関連する質問