JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
mycom7に今すぐ質問する
mycom7
mycom7, 眼科医
カテゴリ: 眼科
満足したユーザー: 18
経験:  日本眼科学会認定眼科専門医
61177950
ここに 眼科 に関する質問を入力してください。
mycom7がオンラインで質問受付中

息子は生まれてから、右の眼球を上下は動かすことができません(左右に動かすことはできます。)もし下を見ると、右の眼

質問者の質問

息子は生まれてから、右の眼球を上下は動かすことができません(左右に動かすことはできます。)もし下を見ると、右の眼球は右に行きます。右の眼球はいつも真正面からみて下に15度ぐらいの角度になっていて、まぶたも上がらない状態になって ます。 5歳の頃、東京都のある大学病院に通っていたのですが、今の医療技術では治らないと言われました。右目の視力は正常に発育したため、左目に目隠しをしてなるべく右目も使うようにしました。 彼は今大学2年で、もうすぐ二十歳になります。今まで目のことで沢山のいじめがあり、コンップレックスで友たちも少なく、学校以外では、ほどんど家にこもっています。 バイトをするときに送る履歴書も、証明写真の目が左右違うからか、だいたい履歴書が戻ってきます。親子共々辛いです。 先生、今の医学ではこの目の病気は治せますか?どこの病院にいけばいいですか?教えてください、よろしくお願いします。
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 眼科
専門家:  mycom7 返答済み 6 年 前.

文章の内容だけでははっきりしませんが、おそらく先天的な目を動かす神経の接合異常によるデュアン症候群(Ⅲ型)が考えやすいかと思います。
この場合、目の動きそのものを正常にもどすことはできませんが、「正面視」時における目の位置は、上下ズレを「斜視手術」であまり目立たないようにできる可能性はあります。
ご子息の場合は眼瞼下垂も伴っているようですし、それも含めて施術可能かどうかは実際に診察・検査してみないといけませんが、「プリズム眼鏡や牽引テストで、目の位置を正位に持ってきた場合を疑似体験して違和感や複視を生じない」ということであれば、施術を積極的に考えても良いと思います。
まずはご近所の眼科を受診してください。そちらで適切な施設を紹介していただけるかと思います。

質問者: 返答済み 6 年 前.

ご回答有難うございます。

度々質問ですが、このデュアン症候群(Ⅲ)と言う病気は、今の医学技術では正常にもどすことはできないようですが、近い将来、正常にもどせる可能性はありますか?

「斜視手術」は体になにか影響がありますか?

また息子の右眼瞼下垂は、力を入れると、上がりますが、力抜くとまた普通に戻ります。

もし眼瞼の手術したら、瞼が閉じなくなるではの?

よろしくお願いします。

専門家:  mycom7 返答済み 6 年 前.
先天的な目を動かす神経の接合異常を治せるという可能性は「近い将来」という前提では、かなり可能性が低いと思われます。
眼瞼下垂を手術するとたしかに目が閉じにくくなることもありますが、自分でもある程度上げる力があるのなら、問題のない程度にあげるといったさじ加減は可能です。

眼科 についての関連する質問