JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shonansolicitorに今すぐ質問する
shonansolicitor
shonansolicitor, 進学アドバイザー
カテゴリ: 受験・進学
満足したユーザー: 435
経験:  中央大学法学部卒。予備校&資格学校講師歴20年。
62133260
ここに 受験・進学 に関する質問を入力してください。
shonansolicitorがオンラインで質問受付中

高等専門学校に通う3年生ですが、防衛大学を受験するにあたって、高専の調査票が必要で学校に調査票をお願いしたところ、退

解決済みの質問:

高等専門学校に通う3年生ですが、防衛大学を受験するにあたって、高専の調査票が必要で学校に調査票をお願いしたところ、退学届を出してからでないと調査票は出せないといわれました。大学受験は1校だけで、もし不合格ならそのまま高専でいたいので退学届を出したくないのですが、退学届をかいてからでないと調査票を書いてもらえないのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 受験・進学
専門家:  shonansolicitor 返答済み 5 年 前.

はじめまして。質問を投稿頂きまして有難うございます。早速ですが、下記の通り回答させて頂きます。

 

高専は5年制の学校ですが、大学受験を希望する学生は、高専の3年生を修了(修了見込みを含む)すれば、大学受験資格が得られます。この場合は、受験許可願および退学願を、願書の提出前に、(一般的には保護者を通じて)高専に提出し、許可を受けて大学を受験することになります。


不運にも大学が不合格になった場合は、通常は在学中の1回に限り退学願の撤回が認められます。そのとき進級基準を満たしている場合は4年生に進級し、進級基準に達していない場合は3年生に留まります。大学入試センター試験の受験では退学願の提出は必要ありません。


1年生または2年生を修了しただけで退学すると、そのままでは通常大学を受験することはできません(既に他の高校を卒業している場合は除かれると思いますが)。

 

この場合は、高等学校卒業程度認定試験を受けることによって、高専でとれなかった科目の単位をとれば、大学受験資格が得られます。

 

以上が高専在学中の方が在学途中で大学を受験する場合の一般的な説明になります。

 

(高専の教師が上記のことを知らないということはないとは思いますが。)上記の内容をもとに、もう1度、学校側に確認してみて下さい。

質問者: 返答済み 5 年 前.

返答をもとに高専の教師と電話で話あったのですが、
・事務の係の者は、明文化されていない運用規則を根拠に退学届は一度出すと不合格でも撤回出来ないと言うが、明文化されていない運用規則がどの程度の効果を持つのでしょうか?

・回答にある「通常は在学中の一回に限り退学届の撤回が認められる」というのは、何を根拠に言えるのか(「慣例である・」など)。教えて下さい。

質問者: 返答済み 5 年 前.

返答をもとに高専の教師と電話で話あったのですが、
・事務の係の者は、明文化されていない運用規則を根拠に退学届は一度出すと不合格でも撤回出来ないと言うが、明文化されていない運用規則がどの程度の効果を持つのでしょうか?

・回答にある「通常は在学中の一回に限り退学届の撤回が認められる」というのは、何を根拠に言えるのか(「慣例である・」など)。教えて下さい。

質問者: 返答済み 5 年 前.

返答をもとに高専の教師と電話で話あったのですが、
・事務の係の者は、明文化されていない運用規則を根拠に退学届は一度出すと不合格でも撤回出来ないと言うが、明文化されていない運用規則がどの程度の効果を持つのでしょうか?

・回答にある「通常は在学中の一回に限り退学届の撤回が認められる」というのは、何を根拠に言えるのか(「慣例である・」など)。教えて下さい。

質問者: 返答済み 5 年 前.

返答をもとに高専の教師と電話で話あったのですが、
・事務の係の者は、明文化されていない運用規則を根拠に退学届は一度出すと不合格でも撤回出来ないと言うが、明文化されていない運用規則がどの程度の効果を持つのでしょうか?

・回答にある「通常は在学中の一回に限り退学届の撤回が認められる」というのは、何を根拠に言えるのか(「慣例である・」など)。教えて下さい。

専門家:  shonansolicitor 返答済み 5 年 前.

大半の高専のHPには、以下のように書かれています。

 

「高専は5年制の学校ですから,途中から大学へ進学するのは好ましくありません。また,受験のための教育をしていませんから不利です。しかし,適性などに問題があって,進路変更のために大学進学を希望する学生は,高専の3年生を修了(修了見込みを含む)すれば,大学受験資格が得られます。」

 

ここまではどの高専も同じだと思います。しかし、そのあとのについては、明示していない学校もあります。

 

「この場合は、受験許可願および退学願を、願書の提出前に、(一般的には保護者を通じて)高専に提出し、許可を受けて大学を受験することになります。 」とここまでを明示している学校もあります。


「不運にも大学が不合格になった場合は、通常は在学中の1回に限り退学願の撤回が認められます。そのとき進級基準を満たしている場合は4年生に進級し、進級基準に達していない場合は3年生に留まります。大学入試センター試験の受験では退学願の提出は必要ありません。」と明示している学校もあります。

 

「明文化されていない運用規則」というのは、意味不明な表現ですが。貴校の慣習ですか?それとも、学校が都合が悪くなった時の逃げ道として使っている、学校にとって都合の良い?逃げ口上ですか?。

 

貴校の事務の人間が無知なのか、貴校では退学届の撤回ということを一切認めていないのかは当方には分かりませんが。

 

退学届の撤回を全国の高専が認めていないのか? 認めている高専があるのなら、何故貴校では認めていないのか、逆にその根拠を聞いてみてはいかがでしょうか?

 

ご質問頂きました内容に回答させて頂きました。回答をご理解頂けましたら承諾をお願い致します。新たにご質問がある場合は、承諾後にお願い致します。

shonansolicitorをはじめその他名の受験・進学カテゴリの専門家が質問受付中