JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shonansolicitorに今すぐ質問する
shonansolicitor
shonansolicitor, 進学アドバイザー
カテゴリ: 受験・進学
満足したユーザー: 435
経験:  中央大学法学部卒。予備校&資格学校講師歴20年。
62133260
ここに 受験・進学 に関する質問を入力してください。
shonansolicitorがオンラインで質問受付中

奈良県在住の50歳母です。 20歳の長男はアスペルガー障害という精神的な発達障害を持っており、小中学校は障害児学級

解決済みの質問:

奈良県在住の50歳母です。
20歳の長男はアスペルガー障害という精神的な発達障害を持っており、小中学校は障害児学級でしたが、IQが110と高いため普通に公立高校を受験して入学しました
しかし、その障害の特性のため集団生活がどうしても難しくトラブル続きで、全日制を半年で退学、その後定時制に入学しましたがそちらも不登校になってしまいました。
本人としては声優タレントの専門学校へ行きたいという目標があり、受験資格を得るために高卒認定試験を受け合格し大阪のエンタテインメント系専門学校へ入学しました。
授業内容は本学的でやや難しいと感じながらも、本人はこれま でになく毎日楽しく、周りの学生ともなんのトラブルもなく通学しておりましたが、1年生の夏休みの宿題を自力で仕上げることができないまま登校したところ、宿題をしてこなかったということで、演技担当の先生に頭ごなしに叱られ、授業中クラスメイトのいる中で30分間小言を言われ続け、いたたまれなくなって途中で帰ってきてしまい、その後不登校になってしまいました。
専門学校へ入学する前に、声優タレント科の学科長にアスペルガーのことを説明し理解をしていただき、頭ごなしに怒ったり強く否定されるとパニックになるので、説明すれば理解するので決して大きな声で怒ったりしないで下さい、とお願いし、承諾していただいたにもかかわらず、どうしてこうなったのかと学校へ抗議したところ、学科長は全ての教科の先生に対して研修を行い、長男のアスペルガーについても説明していたが、アスペルガーであることを忘れ配慮にかけていたとの謝罪の手紙が演技担当の先生から届きました。
障害のあるなしにかかわらず、みんなの前で30分間も小言を言われ続けたら、誰でもその場には居られなくなるのは当たり前だと学校側も認め、何度か謝罪の電話やメールをもらい、母である私と学科長とで慰め、なんとか復帰させようと試みましたが、傷ついてしまった長男の心は癒えることなく、もう声優の勉強をする意欲が失せてしまったと、辞めることを決めてしまいました。
学校は前後期制で、入学時に入学金と前期分の授業料合わせて85万円を支払い、後期分は夏休み中の8月に65万円を支払いましたが、後期授業が始まったのは9/27、学校へ行かなくなったのは8/29からで、後期授業は全く受けていません。
そのため後期分の授業料の返還の相談をしたところ、学科長は一旦は不登校は学校の対応が原因なのでなんとかできるだろうとのことだったのですが、結果として体を傷つけたとかではないので返金できないとの回答が昨日ありました。
体は傷ついてはないですが、心は大変傷ついており、言葉の暴力だと私は思います。
それが原因で不登校になったのは明らかで学校も認めており、長男はその出来事がなければ続けて行っていたと言っています。
学則には一旦納入した授業料は原則として返金しないとあります。
こういった場合、後期分の授業料を返してもらうことはできるでしょうか。
ご回答をお待ちしております。
どうぞよろしくお願いいたします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 受験・進学
専門家:  shonansolicitor 返答済み 5 年 前.

  はじめまして。質問を投稿頂きまして有難うございます。早速ですが、下記の通り回答させて頂きます。

 

ご相談のケースは債務不履行(民法415条)に当ると思われます。 債務不履行とは、文字どおり、債務が履行されないことをいいます。債務不履行があった場合、債権者(ご相談者側)は、債務者(学校側)に対して債務不履行の責任を問うことができるとされています。

  債務不履行の責任を問うためには、原則として、債務者に故意や過失があることが必要となります。学校側になんら故意・過失がなく、お子様が不登校になったのなら兎も角、文面からは学校側に少なくとも過失があったと思われます。

 

  従って、契約を解除し返金を求め、場合によっては損害賠償の請求も可能だと考えます弁護士や行政書士等の専門家とご相談、ご依頼なさり、配達証明付きの内容証明郵便をまずは、お出しになってみてはいかがでしょうか?

 

  学則には返金しない旨の規定があるでしょうが、それは学校側に落ち度がなく、お子様が通学しなくなった場合を想定して通常規定されています。今回のようなケースは該当しないと思います。( 因みに私は現在の事務所を開業する前は、専修学校や法律資格学校の講師及び責任者等を20年程しておりました。)

shonansolicitorをはじめその他名の受験・進学カテゴリの専門家が質問受付中